Show Menu
TOPICS×

Dynamic Tag Management を使用した実装

従来の実装では、Dynamic Tag Management(DTM)を使用して、Experience Cloud Identity Service を設定してデプロイし、他の Experience Cloud ソリューションと統合します。

Dynamic Tag Management を使用した実装

従来の実装では、Dynamic Tag Management(DTM)を使用して、Experience Cloud Identity Service を設定してデプロイし、他の Experience Cloud ソリューションと統合します。
現在、 Adobe Experience Platform Launch は、複雑なタグ管理タスクの簡略化およびコード配置の自動化に DTM の機能よりも役立つので、実装することをお勧めします。 Launch による実装 を参照してください。

Dynamic Tag Management と ID サービス

Dynamic Tag Management では、ID サービスインスタンスおよび Experience Cloud と関連するソリューション統合の設定、デプロイ、管理をおこなえます。DTM を使用すると、ID サービスとその他の Experience Cloud ソリューションが緊密に統合されるため、実装プロセスを簡略化できます。Experience Cloud ID ツールを追加して設定し、以下のような情報を指定するだけです。
  • Experience Cloud 組織 ID(Experience Cloud にリンクすると自動的に設定されます)
  • Analytics トラッキングサーバー(セキュアおよび非セキュア)
  • Experience Cloud サーバー(ファーストパーティのトラッキングサーバーの場合)
すべての Experience Cloud のお客様は、DTM を無料で利用できます。
DTM はじめに
DTM は、シンプルでありながら強力なツールです。まだ使用していないのであれば、使用することを強くお勧めします。このサービスの使用を開始するには、DTM ドキュメント および DTM ジャンプスタートビデオ を参照してください。DTM を使用した ID サービスの設定方法の手順については、以下の節の情報および手順を参照してください。

デプロイのガイドライン

Dynamic Tag Management(DTM)を使用して Experience Cloud Identity Service を実装する前に、以下の要件と手順を確認してください。
アカウントのプロビジョニング
始める前に、組織とソリューションが Experience Cloud 用にプロビジョニングされていることを確認してください。また、Dyanamic Tag Management について理解している必要があります。このドキュメントは、操作を開始する際に役立つ情報を提供します。
ID サービスコードの配置と読み込み順序
ID サービスは、Adobe データ収集サーバーに一意の ID をリクエストし、受け取ることによって機能します。適切に動作させるには、ID サービスコードを以下のようにする必要があります。
  • ページで実行する Adobe コードの最初のブロックである。
  • 可能な限りページの最初に配置する(通常は、
    <head>
    コードブロック内)。
すべての Adobe ソリューションおよび DTM のコードライブラリを自分で維持している限り、確実に ID サービスコードが適切な場所に配置され、適切なタイミングで実行されます。
地域データ収集の検証
顧客は、 地域データ収集 (RDC)に関して、CNAME を提供するか、
*.sc.omtrdc
を使用する必要があります。Adobe のコンサルタントから、特定の RDC 設定を取得します。
Analytics レポートスイートの設定
新規 Analytics ユーザーは、データ収集用の レポートスイートを作成 する必要があります。

DTM を使用した Experience Cloud Identity Service の実装

Dynamic Tag Management(DTM)を使用して ID サービスを実装するには、以下の手順に従います。
前提条件
実装手順
DTM を使用して ID サービスを実装するには:
  1. DTM ダッシュボードで、作業対象の Web プロパティをクリックします。
  2. 選択した Web プロパティの「
    概要
    」タブで、「
    ツールを追加
    」をクリックします。
  3. ツールタイプ
    」リストで、「
    Experience Cloud Identity Service
    」をクリックします。
    この操作によって、「
    Experience Cloud 組織 ID
    」ボックスに組織 ID が入力されます。DTM アカウントが Experience Cloud にリンクされていない場合、この ID を指定する必要があります。アカウントをリンクするには、 Experience Cloud でのアカウントのリンク を参照してください。組織 ID を見つける方法については、 要件 を参照してください。
  4. トラッキングサーバー
    ​ボックスに、トラッキングサーバーの名前を入力します。トラッキングサーバーの見つけ方が分からない場合は、 FAQ trackingServer および trackingServerSecure 変数の適切な設定 を参照してください。
  5. ツールを作成
    」および「
    変更を保存
    」をクリックします。
    保存したら、ID サービスは DTM のツールとして設定されます。ただし、まだ使用する準備は整っていません。DTM ツールは、DTM 公開/承認プロセスを経る必要があり、追加のパラメーターを設定することもできます。DTM 承認プロセスについて詳しくは、 ユーザーの基礎知識ジャンプスタート ビデオを参照してください。DTM に追加できる追加パラメーターについて詳しくは、 DTM 用の Experience Cloud Identity Service 設定 を参照してください。

DTM 用の Experience Cloud Identity Service 設定

組織 ID、一般設定および顧客設定のフィールドおよび Experience Cloud ID サービスでの使用方法について説明します。

これらの設定の見つけ方

設定は、ID サービスを Dynamic Tag Management(DTM)のツールとして追加して保存した後で利用できます。また、DTM Web プロパティの「インストールされているツール」セクションのギアアイコンをクリックすることで、これらの設定にアクセスできます。

組織 ID

これは、プロビジョニングされた Experience Cloud の会社に必要で、その会社に関連付けられた ID です。組織は、管理者がユーザーおよびグループを設定し、Experience Cloud でのシングルサインオンアクセスを制御することを可能にするエンティティです。組織 ID は、24 文字の英数字から成る文字列で、その後に @AdobeOrg(必須)が続きます。Experience Cloud 管理者は、 Experience Cloud/ツール でこの ID を見つけることができます。
詳しくは、 Cookie と Experience Cloud Identity Service を参照してください。

一般設定

これらの設定を使用すると、トラッキングサーバーおよびコードバージョンを指定したり、その他の変数を追加したりできます。
以下の表に、一般設定のリストと定義を示します。
訪問者 ID を自動的にリクエスト
オンにすると、Dynamic Tag Management は、Experience Cloud Identity Service を使用するアドビソリューションを読み込む前に、
getMarketingCloudVisitorID()
メソッドを自動的に呼び出します。
getMarketingCloudVisitorID を参照してください。
Analytics トラッキングサーバー
Anatytics のデータ収集に使用されるトラッキングサーバーの名前です。これは、イメージリクエストおよび Cookie が記述されたドメインです(例:
http://site.omtrdc.net
)。
トラッキングサーバーの URL がわからない場合は、
s_code.js
または
AppMeasurement.js
ファイルを確認します。
s.trackingServer
変数で URL を設定することもできます。
トラッキングサーバー保護
Anatytics のデータ収集に使用されるセキュリティで保護されたトラッキングサーバーの名前です。これは、イメージリクエストおよび Cookie が記述されたドメインです(例:
https://site.omtrdc.net
)。
トラッキングサーバーの URL がわからない場合は、
s_code.js
または
AppMeasurement.js
ファイルを確認します。
s.trackingServerSecure
変数で URL を設定することもできます。
Experience Cloud サーバー
ファーストパーティのデータ収集(CNAME)を使用して、サードパーティのコンテキストでファーストパーティ Cookie を利用する場合は、ここにトラッキングサーバー(例:
http://metrics.company.com
)を入力します。
Experience Cloud サーバー保護
ファーストパーティのデータ収集(CNAME)を使用して、サードパーティのコンテキストでファーストパーティ Cookie を利用する場合は、ここにトラッキングサーバー(例:
https://metrics.company.com
)を入力します。
ライブラリバージョン
使用する ID サービスコードライブラリ(
VisitorAPI.js
)のバージョンを設定します。これらのメニューオプションは編集できません。
設定
これらのフィールドを使用すると、 関数の変数 をキーと値のペアとして追加できます。「
追加
」をクリックして、1 つまたは複数の変数を ID サービス実装に追加します。
ここで
cookieDomain
変数を設定します。これは、URL の末尾 2 つのパートのいずれかが 3 文字以上から成るマルチパートのトップレベルドメインの場合に必須です。前述の変数の設定に関するドキュメントのリンクを参照してください。

顧客設定

統合コードまたは認証状態ステータスを追加できる、追加のフィールドです。
統合コード
統合コードは、一意の、顧客が提供する ID です。統合コードには、 データソースを作成Audience Managerするために使用された値が含まれている必要があります。
値は、ユーザー ID を含むデータ要素である必要があります。データ要素は、動的な値の格納に適したコンテナです。例えば、クライアント独自の内部システムから取得した ID などを格納できます。
認証状態
訪問者の認証状態(ログイン済み、ログアウト済みなど)に従って、訪問者を定義または識別するオプションです。詳しくは、 顧客 ID と認証状態 を参照してください。

Experience Cloud Identity Service のテストと検証

これらの説明、ツール、手順は、ID サービスが適切に動作しているかどうかを判定するのに役立ちます。これらのテストは、一般に、ID サービスに適用され、様々な ID サービスと Experience Cloud ソリューションの組み合わせに適用されます。

始める前に

ID サービスのテストと検証を始める前に知っておくべき重要な情報です。
ブラウザー環境
通常のブラウザーセッションでテストする場合、各テストの前にブラウザーキャッシュをクリアします。
または、匿名ブラウザーセッションで ID サービスをテストできます。匿名セッションでは、各テストの前に、ブラウザーの Cookie またはキャッシュをクリアする必要はありません。
ツール
Adobe Debugger および Charles HTTP プロキシ を使用すると、Analytics を使用して ID サービスが適切に動作するように設定されていることを判定できます。この節の情報は、Adobe Debugger および Charles が返す結果に基づいています。ただし、お客様に最適なツールやデバッガーを自由に使用することができます。

Adobe Debugger を使用したテスト

Adobe Debugger の応答に Experience Cloud ID(MID)が表示される場合、サービス統合は適切に設定されています。MID について詳しくは、 Cookie と Experience Cloud Identity Service を参照してください。
[Adobe] Debugger を使用した ID サービスのステータスを検証するには:
  1. ブラウザーの Cookie をクリアするか、匿名ブラウジングセッションを開きます。
  2. ID サービスコードを含むテストページを読み込みます。
  3. Adobe Debugger を開きます。
  4. MID の結果をチェックします。

Adobe Debugger の結果について

MID は、キーと値のペアで格納されます(
MID= *
Experience Cloud ID
*
という構文が使用されます)。デバッガーは、この情報を以下に示すように表示します。
成功
以下に示すような応答が表示される場合、ID サービスは適切に実装されています。
mid=20265673158980419722735089753036633573
Analytics のお客様の場合、MID に加えて Analytics ID(AID)が表示されることがあります。これは、以下の場合に発生します。
  • 初期のサイト訪問者または長期滞在しているサイト訪問者がいる場合。
  • 猶予期間を有効にしている場合。
失敗
デバッガーが以下の動作をする場合は、 カスタマーケア にお問い合わせください。
  • MID を返さない。
  • パートナー ID がプロビジョニングされていないことを示すエラーメッセージを返す。

Charles HTTP プロキシを使用したテスト

Charles を使用した ID サービスのステータスを検証するには:
  1. ブラウザーの Cookie をクリアするか、匿名ブラウジングセッションを開きます。
  2. Charles を開始します。
  3. ID サービスコードを含むテストページを読み込みます。
  4. 以下に説明するリクエストと応答の呼び出しとデータをチェックします。

Charles の結果について

Charles を使用して HTTP 呼び出しを監視する場合、どこを見て何を探すかに関する情報については、この節を参照してください。

Charles での成功した ID サービスリクエスト

Visitor.getInstance
関数が
dpm.demdex.net
に対する JavaScript 呼び出しをおこなう場合、ID サービスコードは適切に動作しています。成功したリクエストには、 組織 ID が含まれます。組織 ID は、キーと値のペアとして渡されます(
d_orgid= *
組織 ID
*
という構文が使用されます)。「構造」タブで、
dpm.demdex.net
および JavaScript 呼び出しを探します。「リクエスト」タブで、組織 ID を探します。

Charles での成功した ID サービス応答

データ収集サーバー (DCS)からの応答が MID を返す場合、アカウントは ID サービスに関して適切にプロビジョニングされています。MID は、キーと値のペアとして返されます(
d_mid: visitor Experience Cloud ID
という構文が使用されます)。以下に示すように、「応答」タブで、MID を探します。

Charles での失敗した ID サービス応答

DCS 応答に MID がない場合、アカウントは適切にプロビジョニングされています。失敗した応答は、以下に示すように、「応答」タブにエラーコードとメッセージを返します。DCS 応答にこのメッセージが表示された場合は、カスタマーケアにお問い合わせください。
エラーコードについて詳しくは、 DCS エラーコード、メッセージおよび例 を参照してください。