Show Menu
TOPICS×

ID 同期と一致率について

Adobe Media Manager および ID サービスを含む、ID 同期プロセスと Experience Cloud Identity Service の一致率の概要です。

ID 同期と一致率

ID同期は、IDサービスによって割り当てられたIDと、お客様がサイトの訪問者に割り当てたIDとを一致させます。 例えば、IDサービスが訪問者ID 1234を割り当てたとします。 別のプラットフォームでは、この訪問者をID 4321で認識しています。 IDサービスは、同期プロセス中にこれらのIDを一緒にマッピングします。 その結果、サイトの訪問者に関するお客様の知っている新しいデータポイントが追加されます。 また、IDサービスがIDを一致させることができない場合は、新しいIDが作成され、そのIDが将来の同期に使用されます。
一致率は、ID同期プロセスの有効性を測定および検証します。 高い一致率は、特定のサービスが低い一致率のサービスよりも効果的で、より大きなオンラインオーディエンスへのアクセスを提供することを示します。 一致率の比較は、様々な統合広告技術プラットフォームを評価するための定量化可能な方法です。
高い一致率の確保
高い一致率を生成するには、ID サービスを適切に設定することが重要です( 標準実装ガイド を参照)。適切な実装を行うと、有効なデータパートナーを持つIDを機能させ、同期させるために必要なcookieをIDサービスが設定できるので、高い一致率を確保するのに役立ちます。 ただし、低速なインターネット接続、モバイルデバイスやワイヤレスネットワークからのデータ収集などの要因は、IDサービスがIDを収集、同期、一致させる程度に影響する可能性があります。 これらのクライアント側変数は、ID サービスや Adobe では制御できません。

ID 同期プロセスの説明

IDサービスは、IDをリアルタイムで同期します。 このプロセスは、サーバー間のデータ転送を経由するのではなく、ブラウザーで機能します。 次の表に、ID同期プロセスの手順を示します。
手順 1:ページの読み込み
訪問者がサイトにアクセスしてページを読み込むと、
Visitor.getInstance
関数は ID サービスへの CORS または JSON-P 呼び出しをおこないます。ID サービスは、訪問者の Experience Cloud ID(MID)を含む Cookie を使用して応答します。MID は、各サイト訪問者に割り当てられた一意の ID です。詳しくは、 Cookie と Experience Cloud Identity Service を参照してください。
手順 2:iFrame の読み込み
ページ本文が読み込まれる間、ID サービスは、
Destination Publishing iFrame
を調整する際に便利です。The Destination Publishing iFrame loads in a domain separate from the parent page. この設計により、iFrameは次のようになるので、ページのパフォーマンスを確保し、セキュリティを強化できます。
  • 親ページとは非同期で読み込みます。 This means the parent page can load independently from the Destination Publishing iFrame. iFrameの読み込みとiFrame内からのID同期ピクセルの読み込みは、親ページやユーザーエクスペリエンスには影響しません。
  • 可能な限り早く読み込みます。 これが速すぎる場合は、ウィンドウ読み込みイベント後にiFrameを読み込むことができます(非推奨)。 See idSyncAttachIframeOnWindowLoad for details.
  • iFrame内のコードが親ページへのアクセス権を取得したり、親ページに影響を与えたりするのを防ぎます。
手順3: Fire ID同期
ID同期は、ターゲットパブリッシングiFrameで実行されるURLです。 この一般的な例で示すように、ID 同期 URL には、パートナーの ID 同期エンドポイントと、その ID を含む Adobe に戻るリダイレクト URL が含まれます。
http://abc.com?partner_id=abc&sync_id=123&redir=http://dpm.demdex.net/ibs:dpid=<ADOBE_PARTNER_ID>&dpuuid=<PARTNER_UUID>
受信データ転送のための ID 同期 も参照してください。
手順 4:ID の格納

ID 同期を管理する同期サービス

Sync Services
という用語は、ID 同期を担当する内部 Experience Cloud Experience Cloudテクノロジーのことを指します。このサービスはデフォルトで有効になっています。 無効にするには、IDサービス 関数に オプションの変数
Visitor.getInstance
を追加します。 同期サービスは、以下のような様々な Experience Cloud ID を一致させます。
  • サードパーティ Experience Cloud Cookie ID とファーストパーティ Experience Cloud ID。
  • ファーストパーティ Experience Cloud Cookie ID と Adobe Media Optimizer(AMO)ID。
  • サードパーティ Experience Cloud Cookie ID とサードパーティデータプロバイダーおよびターゲットプラットフォーム ID。これには、データプロバイダー、デマンドサイドプラットフォームおよびサプライサイドプラットフォーム、アドネットワーク、アドエクスチェンジなどのサービスおよびプラットフォームが含まれます。
  • ファーストパーティ Experience Cloud Cookie ID とクロスデバイスパートナー ID。

Adobe Advertising CloudとのID同期

Adobe Advertising Cloud (旧称 Adobe Media Optimizer)は、iFrameベースのID同期プロセスの例外です。 Advertising Cloud は信頼されているドメインなので、ID 同期は Destination Publishing iFrame 内ではなく親ページからおこなわれます。同期中、ID サービスは
cm.eversttech.net
の Advertising Cloud を呼び出します。cm.eversttech.net はアドビが Advertising CloudMedia Manager を買収する以前に使用されていた従来のドメイン名です。Advertising Cloud にデータを送信すると一致率の向上に役立ちます。バージョン 2.0 以降を使用している ID サービスのお客様の場合、このデータ送信は自動的におこなわれます。「 Advertising Cloud Cookies 」も参照してください。