Show Menu
TOPICS×

Analytics と Experience Cloud ID のリクエスト

Experience Cloud Identity Service が従来の Analytics ID と連携する方法について、概要を説明します。

概要

従来、Experience Cloud Identity Service は Adobe Analytics と緊密に統合されていました。現在も ID サービスは Analytics の重要な要素ですが、Experience Cloud の他のソリューションや機能に対しても重要な役割を担うようになっています。この履歴により、Analytics IDの チェックまたは書き込みの仕組みは、 Experience Cloud Identity Service による ID のリクエスト方法と設定方法 で説明されている汎用プロセスとは少し異なります。ID チェックの操作の順序について詳しくは、 Analytics ID と Experience Cloud ID の設定 を参照してください。

AMCV Cookie がブラウザーに設定されていない

Experience Cloud(AMCV)cookie が存在しない場合、Adobe への ID サービス呼び出しでは、従来の Analytics ID の有無によって異なる応答が生成されます。従来の Analytics ID は s_vi Cookie に保存されます。次の表は、s_ vi cookie の状態に基づいて ID が AMCV cookie にどのように書き込まれるかを示します。
s_vi Cookie のステータス
説明
s_vi Cookie が設定されていない
ID サービスは訪問者に
Experience Cloud
ID(MID)を割り当てます。この MID は、
Analytics
およびその他の
Experience Cloud
ソリューションに対して訪問者を識別します。
s_vi Cookie が設定されている
s_vi Cookie が設定されているサイト訪問者が最初に Experience Cloud Identity Service にアクセスしたときに、このサービスは以下の操作を実行します。
  • s_vi Cookie に保存されている
    Analytics
    ID を AMCV Cookie に書き込みます。この情報は
    Analytics
    ID(AID)として書き込まれます。この操作により訪問者数が影響を受けることはありません。
    Analytics
    は引き続き従来の ID を使用してユーザーを識別します。
  • MID を AMCV Cookie に書き込みます。MID はユーザーを異なるソリューションで識別します。
注意: 猶予期間 を使用すると、データセンターの応答には常に s_vi Cookie に保存されている従来の ID が含まれます。猶予期間中、従来の ID は AID 値として AMCV Cookie に書き込まれます。
s_fid Cookie によって識別されるユーザーの従来の FID 値は AMCV Cookie に移行されません。s_fid Cookie を使用する場合、s_vi Cookie がなく(前述の説明を参照)サイトの新規訪問者であるかのように、ユーザーが移行されます。詳しくは、 Analytics Cookie を参照してください。

AMCV Cookie がブラウザーに設定されている

AMCV Cookie が存在する場合、 はその MID を Analytics 識別子として使用します(その Cookie に従来の Analytics Analytics ID 値がない場合)。