Show Menu
TOPICS×

の SHA256 ハッシュサポート
setCustomerIDs

Experience Cloud ID Service(ECID)は、顧客 ID または電子メールアドレスを渡し、ハッシュされた ID を受け取ることが可能な、SHA-256 ハッシュアルゴリズムをサポートします。これは、ハッシュされた識別子を Experience Cloud に送信するための、オプションの JavaScript メソッドです。顧客 ID の送信前にハッシュする独自の方法を引き続き使用できます。setCustomerIDs を使用してハッシュサポートを実装するには、以下の節で説明するように、2 つの方法があります。

ECID での
setCustomerIDs
メソッドの使用

最初の方法は、
setCustomerIDs
(
customerIDs<object>
,
hashType<string>
) メソッドを利用します。
ハッシュ化する前に、ECID ライブラリは、customerIDs のデータの正規化を実行します。このプロセスでは、customerIDs の両端の空白をトリミングし、すべての文字を小文字に変換します。例えば、電子メールアドレスの場合、「 ecid@adobe.com 」は「ecid@adobe.com」になります。
以下のコード例に、SHA-256 ハッシュで単一の顧客 ID(前述の電子メールアドレス)を設定する方法を示します。
// Set single customerID with SHA-256 hashing visitor.setCustomerIDs({email: {id: "ecid@adobe.com", authState: 1}}, "SHA-256");
 
通常の Experience Cloud 訪問者 ID に加えて、追加の顧客 ID、認証状態およびハッシュタイプ(SHA-256)を各訪問者に関連付けることができます。ハッシュタイプを指定していない場合、ハッシュ化しないと見なされます。
setCustomerIDs
メソッドは、同じ訪問者に対する複数の顧客 ID を受け入れます。そのため、異なるデバイス間で個々のユーザーを識別したりターゲットにしたりすることができます。例えば、これらの ID を 顧客属性 として Experience Cloud にアップロードして、異なるソリューションからこのデータにアクセスすることができます。
顧客 ID、認証状態およびハッシュタイプは、後で使用するために Cookie に格納されることはありません。**​代わりに、顧客 ID、認証状態およびハッシュタイプは、
getCustomerIDs
を使用して取得するために、以下に示すように、インスタンス変数に格納されます。
> visitor.getCustomerIDs(); < {email: {…}} email: {id: "a6ea4cde5da5ae7cc68baae894d1d6544fca26254433b0fff7c2cb4843b4a097", authState: 1, hashType: "SHA-256"} __proto__: Object
 
setCustomerIDs
メソッドを使用すると、Experience Cloud ID Service に対して
dpm.demdex.net
を、ハッシュされた 顧客 ID を含む
d_cid_ic
クエリパラメーターを追加して呼び出します。呼び出しの例は、以下のようになります。わかりやすくするために改行を追加してあります。
http://dpm.demdex.net/id?d_visid_ver=4.4.0&d_fieldgroup=AAM&d_rtbd=json&d_ver=2& d_orgid=12A3F3F459CE0AD80A495CBE%40AdobeOrg&d_nsid=0&d_mid=12349850857640731290890207735189050123& d_blob=6G1ynYcLPuiQxYZrsz_pkqfLG9yMXBpb2zX5dvJdYQJzPXImdj0y& d_cid_ic=email%a6ea4cde5da5ae7cc68baae894d1d6544fca26254433b0fff7c2cb4843b4a097%011& ts=1563299964843
 
以下の表に、
d_cid_ic
パラメーターおよび認証状態の説明を示します。
パラメーター
説明
d_cid_ic
統合コード、一意の ユーザー ID(DPUUID)および認証状態 ID を ID サービスに渡します。統合コードおよび DPUUID を非表示の制御文字、
%01 で区切ります。
例:
d_cid_ic=Integration_code%01DPUUID%01Authentication_state
認証状態
これは、d_cid_ic パラメーターのオプションの ID です。整数で表され、以下に示す認証状態によってユーザーを識別します。
  • 0(不明または認証なし)
  • 1(現在、このインスタンス/ページ/アプリコンテキストに対して認証済み)
  • 2(ログアウト済み)
例:
  • 不明:...d_cid=123%01456%01
    0
  • 認証済み:...d_cid=123%01456%01
    1
  • ログアウト済み:...d_cid=123%01456%01
    2

Adobe Experience Platform Launch でのアクションの追加

Experience Platform Launch は、アドビが提供する次世代タグ管理機能です。起動について詳しくは、起動製品ドキュメント を参照してください
「起動」にアクションを追加するには、Adobe Launchのルールに関す るドキュメントを読み 、以下の画面キャプチャを参照してください。
 
設定を確認したら、Launch は、以下のようにデータをオブジェクトにまとめます。
{ integration_code: { id: "value", authState: auth_state, hashType: "hash_algorithm" } }
以下にコード例を示します。
// Set single customer ID with hash type setCustomerIDs(Ingeration code: { id: "string_value", authState: auth_state, hashType: "hash_algorithm" });
最初の節で説明した
setCustomerIDs
メソッドと同様、これにより、Experience Cloud ID Service に対して
d_cid_ic
クエリパラメーターを追加して呼び出します。