Show Menu
TOPICS×

2017 年リリースノート

2017 年の Experience Cloud Identity Service の機能リリース、更新、変更点です。
これらの変更点は、 Experience Cloud リリースノート にも記載されています。以前の ID サービスリリースノートについては、 以前のリリースノート またはこのページの下部にあるリンクを参照してください。
2017 年 3 月、4 月、5 月、10 月については、お客様に関わるリリースノートおよびコード変更はありません。これらの月の ID サービスコードは v2.1 から変更されていません。

バージョン 2.5

2017 年 9 月
機能
説明
getVisitorValues
これは、デフォルトで Analytics の識別子、ID サービス、データ収集オプトアウト、地域およびメタデータ「blob」コンテンツを返す非同期 API です。オプションの
visitor.FIELDS
列挙を使用して、返される ID を制御することもできます。 getVisitorValues を参照してください。
問題の修正とその他の変更
  • Chrome でブラウザーの戻るボタンをクリックしたときに ID サービスがエラー状態になる問題を修正しました。
  • ID サービスで、イベント呼び出し応答の地域 ID が変更されたときに ID 同期が再実行されるようになりました。
  • 新たに追加したドキュメント、 コンテンツセキュリティポリシーおよび Experience Cloud Identity Service で、ID サービスで使用されるアドビドメインへの呼び出しをホワイトリストに登録する方法を説明しています。

バージョン 2.4

2017 年 8 月
機能
説明
isCoopSafe
ID サービスから Adobe Experience Cloud Device Co-op にデータを送信するかどうかを指定する任意のブール型設定です。 isCoopSafe を参照してください。
改訂されたドキュメント
Updated and revised the FAQ を更新および改訂し、Experience Cloud ソリューションごとに独立した FAQ を追加しました。

バージョン 2.3

2017 年 7 月
機能
説明
sdidParamExpiry
この設定を
Visitor.getInstance
関数に追加すると、追加データ ID(SDID)をあるページから別のページに渡す際に、デフォルトの ID の有効期限を上書きできます。
sdidParamExpiry
appendSupplimentalDataTo
ヘルパー関数と共に使用します。 sdidParamExpiry を参照してください。
resetState
この機能は、単一ページのサイト/画面またはアプリでの ID の使用に関連する問題を解決するために、主に A4T のお客様向けに設計されています。 resetState を参照してください。
問題の修正とその他の変更
  • VisitorAPI.js バージョン 2.2 で、Internet Explorer において ID サービスと Target が連携しなかった問題を修正しました。
  • ID サービスが Destination Publishing iFrame にデータを送信する方法を改善するために、コードを改訂しました。これにより、CPU 負荷を低減できます。

バージョン 2.2

リリース日:2017 年 6 月
機能
説明
これらの設定を使用すると、iFrame と親ページに実装されている ID サービスコードのインスタンスが互いに通信できるようになります。これらの設定は、自社が管理しているドメインの iFrame に ID サービスコードを読み込む場合の 2 つの具体的な使用例(親ページまたはドメインを制御できる場合とできない場合)に関わる問題の解決に役立つように設計されています。

5 月のドキュメント更新

トピック
説明
トラッキングサーバーの情報を見つける方法について、
Analytics
に関する節を更新しました。

4 月のドキュメント更新

トピック
説明
demdex.net
ドメインへの呼び出しについて説明する
Audience Manager
ドキュメントへのリンクを追加しました。
Media Manager
に関する節を改訂し、
cm.eversttech.net
への呼び出しについての説明を追加しました。これは、ID サービスと
Media Manager
の間でおこなわれる自動 ID 同期です。この機能は 2017 年 1 月にリリースされました。後述の バージョン 2.0 を参照してください。

バージョン 2.1

リリース日:2017 年 2 月
機能
機能
説明
ID サービス API のプロパティ、
idSyncContainerID
このプロパティは、ID 同期用に
Audience Manager
で使用されるコンテナ ID を設定します。 idSyncContainerID を参照してください。
ID サービス API メソッド、
appendSupplementalDataIDTo(
URL
SDID
)
この公開メソッドは、
Supplemental Data ID
(SDID)をクエリ文字列パラメーターとしてリダイレクト URL に追加します。 appendSupplementalDataIDTo を参照してください。(MCID-285)
修正点
ID サービスが原因で、AMCV Cookie に格納された ID を使用する代わりに ID の重複したサーバーコールを送信していた問題を修正しました。(MCID-296)
新しいドキュメント

バージョン 2.0

2017 年 1 月
ID サービスコード v2.0 はデフォルトで ID を自動的に Adobe Media Manager と同期します。つまり、ページから
cm.eversttech.net
への呼び出しが発生します。これは、Adobe が管理する従来の Media Optimizer ドメインです。 ID 同期と一致率について も参照してください。
修正点および改善点
  • AppMeasurement から Analytics に対してトラッキングコールを実行できない問題を修正しました。(MCID-254、MCID-256、MCID-286)
  • 訪問者が demdex.net ドメインを除外するように設定された広告ブロッカーを利用している場合に ID サービスがトラッキングを停止するまでに時間がかかる問題を修正しました。demdex.net ドメインをブロックしない広告ブロックツールがほとんどなので、これはまれな問題です。(MCID-233)
  • お客様の Web サイトでの ID サービスコードとカスタムスクリプトがコンフリクトすることがある問題を修正しました。この問題が原因で、Internet Explorer 9 で Web ページを読み込めませんでした。(MCID-206)

以前の年度

過去の ID サービスリリースノートです。