Show Menu
トピック×

getBestSendTime

個人に電子メールを配信するのに最適な予測時間を提供します。
この関数では、Adobe Experience Platformで計算されたスコアを使用します。 スコアは、過去の行動に基づいて、将来的に電子メールをクリックしたり開いたりする傾向を計算します。 スコアを計算するアルゴリズムは、ある程度のデータ量を必要とします。 その結果、十分なデータがない場合は、デフォルトの時間が適用されます。 For more information, see 待機アクティビティ .
この関数を使用するには、 名前空間 が必要です。
計算を実行するのに十分なデータがない場合は、最適な送信時間スコアを使用できないことに注意してください。 この場合、発行時に、デフォルトの時刻が適用されることを通知します。

カテゴリ

Adobe Experience Platform

関数の構文

getBestSendTime(<parameters>)

パラメーター

パラメーター
説明
タイプ
時間
現在の時刻から考慮する時間数(最大: 168)電子メール送信を最適化する
<integer>
最適化タイプ
"open"または"click"
<string>
待機する時間のデフォルト時間
予測送信時間スコアが利用できない場合
<integer>

署名と戻り値の型

getBestSendTime(<integer>,<string>,<integer>)
dateTimeを返します。

getBestSendTime(12,"open",8)
説明:
関数は、次の12時間にメッセージを送信するのに最適な時間を返します。これは、ジャーニーインスタンス内の個人がメッセージを開く確率を最適化するためです。 計算を実行するのに十分なデータがない場合、返される時間は現在の時間から8時間です。