Show Menu
トピック×

toDuration

引数の値を期間に変換します。 For more information on data types, refer to データタイプ .

カテゴリ

コンバージョン変換

関数の構文

toDuration(<parameter>)

パラメーター

パラメーター
説明
文字列
ISO-8601の継続時間形式PnDTnHnMn.nSに基づく形式で、日数はちょうど24時間と見なされます
integer
ミリ秒数
文字列式: 指定できる形式は、ISO-8601 duration形式のPnDTnHnMn.nSに基づき、日数はちょうど24時間と見なされます。
オプションの記号を含む文字列開始。ASCIIの負または正の記号で示します。 負の値の場合は、期間全体の値が無効になります。 ASCII文字の「P」は、大文字または小文字で示されます。 次に、4つのセクションがあり、それぞれ番号とサフィックスで構成されます。 セクションのASCII文字の「D」、「H」、「M」、「S」は日、時間、分、秒で表され、大文字と小文字で区切ります。 サフィックスは順番に付加する必要があります。 ASCII文字の「T」は、1時間、1分、2秒のセクションの1番目の値(存在する場合)の前に配置する必要があります。 4つのセクションのうちの少なくとも1つが存在し、「T」が存在する場合は、「T」の後に少なくとも1つのセクションが存在する必要があります。 各セクションの数値部分は、1つ以上のASCII数字で構成する必要があります。 数字の前には、ASCIIの負の記号または正の記号を付けることができます。 日数、時間数、分数は解析して処理する必要があります。 秒数は、オプションの分数と共に解析する必要があります。 小数点は、ドットまたはコンマで指定します。 小数部は、0 ~ 9の桁数で指定できます。

署名と戻り値の型

toDuration(<string>)
toDuration(<integer>)
期間を返します。

toDuration("PT10H")
10時間の期間を返します。
toDuration("PT4S")
4sの期間を返します。
toDuration(4000)
4sの期間を返します。