Show Menu
トピック×

フィールド参照

フィールド参照は、イベントまたはフィールドグループに添付できます。 意味のある情報は、フィールドの名前とパスのみです。
フィールドに特殊文字を使用する場合は、重複引用符または単純な引用符を使用する必要があります。 引用符が必要な場合は次のようになります。
  • 数字を含むフィールド開始
  • 「 — 」文字を含むフィールド開始
  • フィールドには次以外のものが含まれます。 -z, A- Z , A -Z _____, nnn, n, n, n_
例えば、フィールドが 3hの場合 : #{OpenWeather.weatherData.rain.'3h'} > 0
// event field
@{<event name>.<XDM path to the field>}
@{LobbyBeacon.endUserIDs._experience.emailid.id}

// field group
#{<data source name>.<field group name>.<path to the field>}
#{ExperiencePlatform.ProfileFieldGroup.profile.personalEmail.address}

式では、イベントフィールドは「@」で参照され、データソースフィールドは「#」で参照されます。
構文の色は、イベントフィールド(緑)とフィールドグループ(青)を視覚的に区別するために使用します。
フィールド参照のデフォルト値
デフォルト値は、フィールド名に関連付けることができます。 構文は以下のようになります。
// event field
@{<event name>.<XDM path to the field>, defaultValue: <default value expression>}
@{LobbyBeacon.endUserIDs._experience.emailid.id, defaultValue: "example@adobe.com"}
// field group
#{<data source name>.<field group name>.<path to the field>, defaultValue: <default value expression>}
#{ExperiencePlatform.ProfileFieldGroup.profile.personalEmail.address, defaultValue: "example@adobe.com"}

フィールドの種類とデフォルト値は同じである必要があります。 例えば、@{LobbyBeacon.endUserIDsのように指定します。_experience.emailid.id, defaultValue :2}は、デフォルト値は整数ですが、期待値は文字列である必要があるので無効です。
コレクション内のフィールドの参照
コレクション内で定義された要素は、最初と最後の特定の関数allを使用して参照されます。 For more information, see コレクション管理関数 .
例:
@{LobbyBeacon._experience.campaign.message.profile.pushNotificationTokens.all()

マップで定義されたフィールドの参照
マップ内の要素を取得するには、指定したキーを持つエントリ関数を使用します。 例えば、選択した名前空間に従ってイベントのキーを定義する場合に使用します。 詳しくは、名前空間の選択を参照してください。 For more information, see 名前空間の選択 .
@{MyEvent.identityMap.entry('Email').first().id}

この式では、イベントの「IdentityMap」フィールドの「Email」キーのエントリを取得します。 「Email」エントリはコレクションで、「first()」を使用して最初の要素の「id」を取得します。 For more information, see コレクション管理関数 .
データソースのパラメーター値(データソースの動的値)
パラメーターの呼び出しが必要な外部データソースからフィールドを選択すると、右側に新しいタブが表示され、このパラメーターを指定できます。 高度な式エディターについて を参照してください。
For more complex use cases, if you want to include the parameters of the data source in the main expression, you can define their values using the keyword params . パラメーターは、別の式ーも含む別のデータソースからのパラメーターでも、任意の有効な任意のパラメーターにできます。
式でパラメータ値を定義すると、右側のタブが消えます。
次の構文を使用します。
#{<datasource>.<field group>.fieldName, params: {<params-1-name>: <params-1-value>, <params-2-name>: <params-2-value>}}

  • <params-1-name> :データソースの最初のパラメーターの正確な名前。
  • <params-1-value> :最初のパラメーターの値。 任意の有効な式を指定できます。
例:
#{Weather.main.temperature, params: {localisation: @{Profile.address.localisation}}}
#{Weather.main.temperature, params: {localisation: #{GPSLocalisation.main.coordinates, params: {city: @{Profile.address.city}}}}}