Show Menu
トピック×

アクションアクティビティについて

パレットの左側の画面の イベント とオーケストレーションの下には、 Actions カテゴリが表示されます。
これらのアクティビティは、様々な通信チャネルを表します。これらを組み合わせて、クロスチャネルシナリオを作成できます。
Adobe Campaign Standardをお持ちの場合は、次の既成のアクションアクティビティを使用できます。 電子メール プッシュ SMS Adobe Campaign のアクションの使用 を参照してください。
カスタムアクションを設定した場合は、ここにも表示されます(を参照 カスタムアクションの使用 )。
キャンバスにアクションアクティビティをドロップすると、 ラベルを定義できます 。 これにより、キャンバスのアクティビティの下に表示されるアクション名にサフィックスを追加できます。 これは、同じアクションを何度も使用し、同じアクションをより簡単に特定したい場合に便利です。 また、レポートの読みやすさも向上します。 オプションで「 説明 」を追加することもできます。
アクションまたは条件でエラーが発生すると、個々のエラーの移動が停止します。 この処理を続行する唯一の方法は、タイムアウトやエラーが発生した場合 に別の追加パスをチェックボックスにチェックを付けることで ​す。 キャンバスでのパスの使用 を参照してください。