Show Menu
トピック×

journeyStep イベントのデータ取得フィールド

このミックスインは、jearnyStepEventとjearnyStepProfileEventで共有されます。
ステップの処理中に、フィールドグループに対してN個のデータ取得を行うことができます。

fetchTotalTime

ステップ処理中のデータ取得に費やした合計時間(ミリ単位)です。
タイプ:long

fetchTypeInError

取得エラーがAdobe Experience Platform上にあるか、カスタムデータソース上にあるかを定義します。
タイプ:string
値:
  • aep
  • custom

fetchError

データ取得の処理時に発生するエラーの種類です。
タイプ:string
値:
  • http
  • キャッピング
  • 時限
  • error

fetchErrorCode

取得エラーのコード。 HTTPなどのコードがエラーにある場合に表示されます。 例えば、actionExecErrorがhttpの場合、コード404はHTTP 404エラーを表します。
タイプ:string

fetchOriginError

タイムアウトは、次の2つの場合に発生する可能性があります。
  • 最初に実行しようとすると、アクションが実行されます。 この場合、実行は完了せず、基になるエラーはありません
  • 再試行時:この場合、actionExecOrigError/actionExecOrigErrorCodeは、再試行前に試行されたエラーを示します。
例えば、統合プロファイルサービスからデータを取得中で、最初の試行時にHTTP 500エラーが返されます。 フェッチは再試行されますが、2回の試行の時間がタイムアウトを超えます。 次に、アクションの実行にタイムアウトのタグが付けられます。 アクションパーツは次のようになります。
    ...
    "fetchTypeInError": "aep",
    "fieldgroupIdInError": "MyProfileFieldgroup",
    "fetchError": "timedout",
    "fetchOrigError": "http",
    "fetchOrigErrorCode": "500"

タイプ:string

fetchOriginErrorCode

システムから提供されるエラーコード Journey Orchestration を照会しています。 例えば、404、500などの
タイプ:string

fetchCount

ソースのタイプに関係なく、データがフェッチされる回数。
タイプ:long

fetchPlatformTotalTime

Adobe Experience Platformからデータを取得するのに要した合計時間(ミリ秒)。 備考:この時間は、エンジンがエンリッチメントイベントをエンリッチメントサービスに送信し、応答を受信した時間から計算されます。
タイプ:long

fetchPlatformCount

データがAdobe Experience Platformから取得された回数。
タイプ:long

fetchCustomTotalTime

カスタムデータの取得にかかる時間(ミリ秒)。 備考:この時間は、エンジンがエンリッチメントイベントをエンリッチメントサービスに送信し、応答を受信した時点から計算されます
タイプ:long

fetchCustomCount

カスタムデータが外部システムからフェッチされた回数。
タイプ:long