Show Menu
トピック×

Additional steps to send events to Journey Orchestration

イベントの作成時に、このイベントのIDが Journey Orchestration 自動的に生成されます。 イベントをプッシュするシステムではIDを生成しない。ペイロードプレビューで使用できるIDを使用する必要がある。 ペイロードのプレビュー を参照してください。
ストリー ミング取り込みAPIに送信され 、で使用されるイベントを設定するに Journey Orchestrationは、次の手順に従う必要があります。
  1. Adobe Experience PlatformAPIからインレットURLを取得します( ストリーミングインジェストAPIを参照 )。
  2. ペイロードメニューのペイロードプレビューから イベント をコピーします。 ペイロードフィールドの定義 を参照してください。
次に、コピーしたペイロードを使用してイベントをストリーミングインジェストAPIにプッシュするデータシステムを設定する必要があります。
  1. ストリーミング取り込みAPIのURLに対するPOSTAPI呼び出しを設定します(入口と呼ばれます)。
  2. Streaming Ingestion APIへのAPI呼び出しの本文(「data section」) Journey Orchestration からコピーしたペイロードを使用します。 以下に例を示します
  3. ペイロード内のすべての変数を取得する場所を決定します。 例:イベントが住所を伝えると想定されている場合、貼り付けられたペイロードには「住所」が表示されます。"string". 「string」は、メッセージの送信先の電子メールである適切な値を自動的に設定する変数に置き換える必要があります。 ペイロードプレビューの「 Header 」セクションでは、作業を容易にすると予想される多くの値が自動的に入力されます。
  4. 「application/json」をbodyタイプとして選択します。
  5. 「x-gw-ims-org-id」キーを使用して、IMS組織IDをヘッダーで渡します。 値には、IMS組織ID(「XXX@AdobeOrg」)を使用します。
以下に、ストリーミング取り込みAPIイベントの例を示します。
{
    "header": {
        "msgType": "xdmEntityCreate",
        "msgId": "c25585b9-252e-431d-b562-e73da70c04e7",
        "msgVersion": "1.0",
        "xactionId": "f5995abe-c49d-4848-9577-a7a4fc2996fb",
        "datasetId": "string - required if you want the data to land in a specific dataset - not mandatory",
        "imsOrgId": "XXX@AdobeOrg",
        "schemaRef": {
            "id": "XXX",
            "contentType": "application/vnd.adobe.xed-full+json;version=1"
        },
        "source": {
            "name": "Journeys"
        }
    },
    "body": {
        "xdmMeta": {
            "schemaRef": {
                "id": "XXX",
                "contentType": "application/vnd.adobe.xed-full+json;version=1"
            }
        },
        "xdmEntity": {
            "_instance_name": {
                "person": {
                    "firstName": "string",
                    "lastName": "string",
                    "gender": "string",
                    "birthYear": 10,
                    "emailAddress": "string"
                }
            },
            "identityMap": {
                "Email": [
                {
                    "id": "string"
                    }
                ]
            },
            "_id": "string",
            "timestamp": "2018-05-29T00:00:00.000Z",
            "_experience": {
                "campaign": {
                    "orchestration": {
                    "eventID": "XXX"
                    }
                }
            }
        }
    }
}

「data」部分を貼り付ける場所の特定を容易にするために、https://jsonformatter.curiousconcept.comなどのJSONビジュアライゼーションツールを使用でき ます。
ストリーミング取り込みAPIのトラブルシューティングについては、この ページを参照してください