Show Menu
トピック×

Journey Orchestrationイベント用のExperienceEventスキーマについて

Journey Orchestrationイベントは、XDM Experienceイベントで、Streaming Ingestionを介してAdobe Experience Platformに送信されます。
そのため、Journey Orchestrationのイベントを設定するための重要な前提条件は、プラットフォームのExperience Data Model(XDM)およびXDM Experienceイベントスキーマの作成方法、XDM形式のデータをプラットフォームにストリーミングする方法に精通していることです。

Journey Orchestrationイベントのスキーマ要件

Journey Orchestration用のイベントを設定する最初の手順は、イベントを表すXDMスキーマと、イベントのインスタンスを記録するためにプラットフォーム上で作成されたデータセットを確実に作成することです。 イベントのデータセットは必ずしも必要ではありませんが、特定のデータセットに送信すると、イベントのイベント履歴を今後の参照と分析のために維持できるので、常に有効です。 お使いのイベントに適したスキーマとデータセットがまだない場合は、これらのタスクの両方をプラットフォームのWebインターフェイスで実行できます。
Journey Orchestrationイベントに使用されるXDMスキーマは、以下の要件を満たす必要があります。
  • スキーマは、XDM ExperienceEventクラスである必要があります。
  • スキーマにオーケストレーションイベントIDミックスインを含める必要があります。 Journey Orchestrationは、このフィールドを使用して、ジャーニーで使用されるイベントを特定します。
  • イベントの件名を識別するためのIDフィールドを宣言します。 IDが指定されていない場合は、IDマップを使用できます。 これは推奨されません。
  • このデータを後でJeurneyで参照できるようにする場合は、プロファイルのスキーマとデータセットをマークします。
  • イベントに関する情報、イベントの生成元のデバイス、場所、イベントに関連するその他の有意義な状況など、ユーザーに含めたいその他のコンテキストデータを取り込むためのデータフィールドを自由に含めてください。