Show Menu
トピック×

名前空間の選択

名前空間を使用すると、イベントに関連付けられた人物を識別するために使用するキーのタイプを定義できます。 設定はオプションです。 リアルタイム顧客プロファイルからの追加情報をジャーニーで取得する場合は、 この情報が必要です 。 カスタムデータソースを介してサードパーティ製の名前空間からのデータのみを使用する場合は、システム定義は必要ありません。
事前定義済みのいずれかを使用するか、ID名前空間サービスを使用して新しいものを作成できます。 この ページ を参照してください。
主IDを持つスキーマを選択した場合は、「 キー 」フィールドと「 名前空間 」フィールドに事前入力されます。 IDが定義されていない場合は、主キーとして identityMap/id を選択します。 次に、名前空間を選択する必要があります。この場合、identityMap/idを使用して、( 名前空間 フィールドの下の )キーが事前入力されます
フィールドを選択すると、主IDフィールドにタグが付けられます。
ドロップダウンリストから名前空間を選択します。
1回の旅行で許可される名前空間は1つだけです。 同じ遍歴で複数のイベントを使用する場合は、同じ名前空間を使用する必要があります。 ジャーニーの作成 を参照してください。