Show Menu
トピック×

アクセス管理

アクセス管理について

Journey Orchestration では、ユーザーに一連の権限を割り当てて、ユーザーがアクセスできるインターフェイスの部分を定義できます。
ユーザーは、Admin Console にアクセスできる管理者によって管理されます。Admin Console について詳しくは、この ドキュメント を参照してください。
Journey Orchestration にアクセスするには、次の条件を満たす必要があります。
  • Journey Orchestration 権限に関連付けられた Journey Orchestration 製品プロファイル ​の一部。
  • Adobe Experience Platform 製品プロファイル ​の一部。必須の権限がない。Journey Orchestration インターフェイスからプラットフォームセグメントを作成および編集できるようにするには、 プロファイル管理 ​権限が必要です。詳しくは、この ページ を参照してください。
Admin Console では、次のデフォルト製品プロファイルのいずれかをユーザーに割り当てることができます。
  • 制限付きアクセスユーザー :ジャーニーおよびレポートに対する読み取り専用アクセス権を持つユーザー。この製品プロファイルには、次の権限が含まれます。
    • ジャーニーの読み取り
    • レポートの読み取り
  • 管理者 :ジャーニー、イベント、レポートを管理できる、管理メニューへのアクセス権を持つユーザー。この製品プロファイルには、次の権限が含まれます。
    • ジャーニーの管理
    • ジャーニーの公開
    • イベント、データソース、アクションの管理
    • レポートの管理
    Adobe Campaign Standard でトランザクションメッセージ(またはメッセージングテンプレート)の作成、編集、および公開を可能にする製品プロファイルは、 管理者 ​のみです。Adobe Campaign Standard を使用してジャーニーでメッセージを送信する場合は、この製品プロファイルが必要です。
  • 標準ユーザー :ジャーニー管理などの基本的なアクセス権を持つユーザー。この製品プロファイルには、次の権限が含まれます。
    • ジャーニーの管理
    • ジャーニーの公開
    • レポートの管理
デフォルトのプロファイルでは十分にユーザー管理できない場合は、独自のプロファイルを作成することもできます。 ユーザーは常に製品プロファイルにリンクされ、次のような特定の組み込み権限を割り当てる必要があります。
  • ジャーニーの読み取り
  • レポートの読み取り
  • イベント、データソース、アクションの管理
  • イベント、データソース、およびアクションの読み取り
  • ジャーニーの管理
  • ジャーニーの公開
  • レポートの管理
次に、権限と Journey Orchestration の様々な機能の互換性を示します。

製品プロファイルの作成

Journey Orchestration では、独自の製品プロファイルを作成し、ユーザーに一連の権限とサンドボックスを割り当てることができます。製品プロファイルを使用すると、インターフェイス内の特定の機能やオブジェクトへのアクセスを許可または拒否できます。
サンドボックスの作成および管理方法について詳しくは、 Adobe Experience Platform ドキュメント を参照してください。
製品プロファイルを作成し、権限とサンドボックスのセットを割り当てるには、次の手順に従います。
  1. Admin Console で「 Journey Orchestration 」を選択します。「 製品プロファイル 」タブで、「 新規プロファイル 」をクリックします。
  2. 新しい製品プロファイルの​ プロファイル名 ​と​ 説明 ​を追加します。プロファイルの​ 表示名 ​をプロファイル名と異なる名前に設定するには、「 プロファイル名と同じ 」をオフにし、 表示名 ​を入力します。
  3. ユーザー通知 」カテゴリで、ユーザーがこの製品プロファイルに追加されたとき、または削除されたときに E メールで通知するかどうかを選択します。
  4. 終了したら、「 完了 」をクリックします。これで、新しい製品プロファイルが作成されました。
  5. 新しい製品プロファイルを選択して、権限の管理を開始します。「 ユーザー 」タブで、製品プロファイルにユーザーを追加します。詳しくは、この ページ を参照してください。
  6. 上記と同じ手順を実行して、製品プロファイルに​ 管理者 ​を追加します。
  7. 権限 」タブから、「 サンドボックス 」または「 オーサリング 」の 2 つのカテゴリのいずれかを選択して​ 権限を編集 ​ページを開き、製品プロファイルに対する権限を追加または削除します。
  8. サンドボックス 」権限カテゴリで、製品プロファイルに割り当てるサンドボックスを選択します。「 利用可能な権限項目 」で、プラス(+)アイコンをクリックして、サンドボックスをプロファイルに割り当てます。サンドボックスについて詳しくは、 この節 を参照してください。
  9. 必要に応じて、「 含まれる権限項目 」で、横の X アイコンをクリックして製品プロファイルに対する権限を削除します。
  10. オーサリング 」権限カテゴリから、上記と同じ手順を実行して、製品プロファイルに権限を追加します。
    権限、および権限と Journey Orchestration の様々な機能の互換性について詳しくは、 この節 を参照してください。
  11. 終了したら、「 保存 」をクリックします。
これで、製品プロファイルの作成と設定が完了しました。このプロファイルにリンクされたユーザーは、Journey Orchestration に接続できます。

製品プロファイルの割り当て

製品プロファイルは、組織内で同じ権限を共有する一連のユーザーに割り当てられます。 デフォルトで権限が割り当てられているすべての製品プロファイルのリストについては、この節を参照してください。
ユーザーが Journey Orchestration にアクセスできるように製品プロファイルを割り当てるには、以下の手順に従います。
  1. Admin Console で「 Journey Orchestration 」を選択します。
  2. 新しいユーザーをリンクする製品プロファイルを選択します。
  3. ユーザーを追加 」をクリックします。
    また、新しいユーザーをユーザーグループに追加して、共有された一連の権限を微調整することもできます。詳しくは、この ページ を参照してください。
  4. 新しいユーザーの E メールアドレスを入力し、「 保存 」をクリックします。
その後、Journey Orchestration インスタンスにリダイレクトする E メールがユーザーに送信されます。

サンドボックスの使用

Journey Orchestration では、インスタンスをサンドボックスと呼ばれる個別の仮想環境に分割できます。 サンドボックスは、Admin Console の製品プロファイルから割り当てられます。サンドボックスの割り当て方法について詳しくは、 この節 を参照してください。
Journey Orchestration は、特定の組織用に作成されたAdobe Experience Platformサンドボックスを反映しています。 Adobe Experience Platformサンドボックスは、Adobe Experience Platformインスタンスから作成またはリセットできます。 詳細な手順については、 サンドボックスユーザーガイド を参照してください。
画面の左上に、サンドボックス切り替えコントロールがあります。サンドボックスを切り替えるには、切り替えボタンで現在アクティブなサンドボックスをクリックし、ドロップダウンリストから別のサンドボックスを選択します。