Show Menu
トピック×

データソースの設定

アドビの使用事例では、メッセージに対してパーソナライゼーションデータを使用します。 また、その人が女性であることも確認する必要があります。 この情報は、リアルタイム顧客プロファイルデータベースに保存されます。 技術 者は 、これらのフィールドが組み込みのExperience Platformデータソースで定義されていることを確認する必要があります。
データソースの設定の詳細については、を参照してください データソースについて
  1. 上部のメニューで、「 データソース 」タブをクリックし、組み込みのExperience Platformデータソースを選択します。
  2. フィールドグループで、次のフィールドが選択されていることを確認します。
    • 人物/名前/名
    • 人物/名前/lastName
    • 人物/性別
    • personalEmail > address
  3. 保存 」をクリックします。
これで、データソースが設定され、遍歴で使用できる状態になりました。