Show Menu
トピック×

AEM Asset Insights 拡張機能

この拡張機能は、 AEM Asset Insights と共に使用することを意図しています。具体的には、「pageTracker」プロセスと埋め込みコードが置き換えられます。設定すると、この拡張機能によって Asset Impression Click 指標が Adobe Analytics に送信され、その後、AEM Asset Insights レポートに読み込まれます。その後、AEM Asset Insights または Adobe Analytics プロジェクトワークスペースを使用して、アセット指標をレポートできます。

拡張機能の前提条件

Analytics

Analytics の AEM Asset レポートには、次の 3 つのディメンションが含まれます。
  • アセット ID
  • アセットソース
  • アセットのクリック
また、次の 2 つの指標があります。
  • アセットのインプレッション
  • アセットのクリック
これらのレポートは、この拡張機能を使用して入力する前に、Analytics 管理者( Analytics/Admin/Report Suites/ <report suite> /Edit Settings/AEM/AEM Assets Reporting ​をクリック)を使用して有効にする必要があります。
Adobe Analytics 」Launch 拡張機能は、同じ Launch Web プロパティにインストールする必要があります。

Adobe Experience Manager(AEM)

  1. AEM Asset Insights 」を有効にします。AEM で、 Tools > Assets をクリックして、 Insights Configuration パネルを開きます。
  2. 「UUID トラッキング」を無効にします。
    AEM Asset 設定の Disable UUID Tracking がオンになっている場合、この拡張機能は機能​ しません 。デフォルトでは選択解除されています。

Adobe Experience Manager(AEM)の設定

ここでは、Launch を使用した AEM の設定方法、AEM での Asset Insight の有効化方法、アセットの UUID トラッキングの有効化方法を説明します。

AEM の Adobe Launch との統合

Adobe Launch を Adobe Experience Manager と統合する場合、Adobe I/O を使用して実行することをお勧めします。

AEM での Asset Insight の有効化

Asset Insights を有効にする手順については、 Experience Manager 6.5 Assets ユーザーガイド を参照してください。

アセットの UUID トラッキングの有効化

AEM でアセットの UUID を使用して、Analytics のアセットをトラッキングします。
アセットの UUID を使用したトラッキングを有効にするには、編集可能なテンプレートのコンポーネントポリシーコンソールを開いて、「UUID の追跡を無効化」プロパティをオフにします(デフォルトでは、このプロパティは、OOTB 画像コンポーネント用にオンになっています)。
UUID を有効にしたら、「data-asset-id」データ要素にアセットの UUID が入力されていることを確認する必要があります。Analytics は、このUUID を使用してアセットクリックまたはインプレッションをトラッキングします。

拡張機能の使用

この拡張機能には 2 つのイベントと 1 つのアクションがあります。
  • アセットのクリック: :トラッキングが有効になっていて、宛先(href 属性)を持つ AEM Asset を訪問者がクリックしたときに発生する​ イベント
  • アセットのクリック(宛先なし) :トラッキングが有効になっていて、宛先(href 属性なし)を持つ AEM Asset を訪問者がクリックしたときに発生する​ イベント
  • AA 変数の設定 :使用されたイベントと、イベントとアクションの設定方法に応じて、AEM Assets 用に予約された Analytics 変数(コンテキストデータ変数である a.assets.source a.assets.idlist a.asset.clickedid )を設定する​ アクション 。この拡張機能では、Analytics のイベント、prop、eVar は使用されません。

アセットのインプレッション

すべてのページで実行され、Analytics 画像リクエストを送信する新規または既存の Launch ルールに「AA 変数の設定」アクションを追加します。「AA 変数の設定」アクションは、「Adobe Analytics - ビーコンの送信」アクションの​ ​に記述する必要があります。必要に応じて、追加のアクションを追加できます。
#​設定ページで、「 #」(デフォルト)オプションを選択します。これは、訪問者が実際に表示するアセットのインプレッションイベントのみを設定します。
「AA 変数の設定」アクションでは、「loaded」オプションもサポートされます。このオプションは、訪問者がアセットを表示したかどうかに関係なく、ページ上のすべてのアセットに対するアセットのインプレッションを送信します。

アセットのクリック

「アセットのクリック」イベントと「AA 変数の設定」アクションを使用して、2 つ目のルールを設定します。「アセットのクリック」イベントは、「アセットのクリック - イメージリクエスト」が「ページロード時」(デフォルト)に設定されるように設定する必要があります。アセット ID は後続のインプレッションルールで sessionStorage に保存および送信されるので、このルールでは、Adobe Analytics のアクション(ビーコンの送信など)は必要ありません。
「アセットのクリック」イベントでは、「クリック時」の「アセットのクリック - イメージリクエスト」設定もサポートされています。これにより、クリック指標が即座に Analytics に送信され、Analytics の「ビーコンの送信」アクションも必要になります。
リンク先を持たない( href 属性なし)ページにアセットが存在する場合に実行する 3 つ目のルールを設定します。少なくとも、新しいルールでは、「アセットのクリック(宛先なし)」イベントと、「AA 変数の設定」および「Adobe Analytics — ビーコンの送信」アクションを使用する必要があります。必要に応じて、追加の条件とアクションを追加できます。

拡張機能のテストに関するヒント

上記の説明に従って、3 つのルールを設定します。
  • アセットのインプレッション
  • アセットのクリック
  • アセットのクリック(宛先なし)
インプレッション
  1. AEM アセットを含むページに移動します。
  2. ブラウザーにアセットが表示されない場合は、1 つ以上のアセットが表示されるまでスクロールし、そのアセットをクリックするか、別のページに移動します。
  3. Analytics イメージリクエストを確認します。
    前のページに表示されたアセット ID が a.assets.idlist に含まれている場合は、ルールが正しく動作しています。
    a.assets.idlist がイメージリクエストに含まれていない場合、次の 2 つの理由のうちの 1 つが考えられます。
    • ブラウザーの表示領域にアセットがありませんでした
    • AEM で Asset Insights が有効になっているページにアセットが設定されていませんでした 。
クリック数
  1. AEM アセットを含むページに移動します。
  2. いずれかのアセットをクリックします。
(次のページからの)結果の Analytics イメージリクエストで、宛先ページのアセット ID が a.assets.idlist に含まれ、元のページでクリックされたアセットのアセット ID が a.assets.clickedid に含まれる場合、ルールは正しく動作しています。
a.assets.clickedid がイメージリクエストに含まれていない場合、ほとんどの場合、クリックされたアセットの Asset Insights が AEM で有効になっていないことが原因です。
クリック(宛先なし)
  1. 宛先のない( href 属性のない)1 つ以上の AEM アセットを含むページに移動します。
  2. そのアセットをクリックします。
結果の Analytics イメージリクエストで、 a.assets.clickedid にアセット ID がある場合、ルールは正しく動作しています。
a.assets.clickedid がイメージリクエストに含まれていない場合、ほとんどの場合、クリックされたアセットの Asset Insights が AEM で有効になっていないことが原因です。