Show Menu
トピック×

2018 年リリースノート

2018 年 11 月 15 日

機能

Private 拡張機能

Private 拡張機能が利用できるようになりました。Private 拡張機能は、会社が開発した拡張機能であり、社内のプロパティでのみ使用できます。他のユーザーは誰も表示または使用できません。それ以外は、通常の拡張機能と同様に動作します。
数百のプロパティを同じ方法で使用する必要がある、標準的な機能セットを提供している場合。拡張機能にパッケージ化して、すべてのプロパティで使用するようにします。同じカスタムコードを記述して、何度も繰り返し使用する場合拡張機能に配置し、カスタムコードの記述を停止します。

開発プロパティ

プロパティを作成する際、「拡張機能の開発用に設定」する高度なオプションが追加されました。これにより、開発中、通常のプロパティで使用できるようにする前に、非公開の拡張機能のテストに使用できる「Development」プロパティが作成されます。

ルールのコピー

同じプロパティ内でルールのコピーを作成できるようになりました。尋ねる前の回答は、「Yes, copying it to another property is coming next.」になります。

2018 年 11 月 9 日

更新

Core 拡張機能:

  • コホート保持オプション :コホートを持続するオプションがサンプリング条件に追加されました。これにより、セッションをまたいでサンプルコホートにユーザーを保持したり、サンプルコホートから削除できるようになります。例えば、「persist cohort」チェックボックスがオンになっており、条件が特定の訪問者に対して最初に実行されたときに true を返す場合、同じ訪問者に対して、その後のすべての条件の実行時に true が返されます。同様に、「persist cohort」チェックボックスがオンになっており、条件が特定の訪問者に対して最初に実行されたときに false を返す場合、同じ訪問者に対して、その後のすべての条件の実行時に false が返されます。
  • バグ修正 :Launch が同時に読み込まれるけれど、正常にインストールされない( _satellite.pageBottom() への呼び出しをおこなわない)ページにおいて、「Page Bottom」イベントと「Custom Code」アクションを使用するルールで Web サイトのコンテンツがクリアされない問題を修正しました。
  • バグ修正 :Launch ライブラリが非同期で読み込まれ、ブラウザーの DOMContentLoaded イベントが実行された後に読み込みを終了した場合、「Enters Viewport」が機能しない問題を修正しました。

バグの修正

  • 一部のドロップダウンでスクロールバーを使用しようとするとドロップダウンが閉じていた問題を修正しました。
  • Safari で、公開ライブラリからアイテムを削除できなかった問題を修正しました。
  • Launch 拡張機能で、一部のボタンのスペースが正しく配置されない問題を修正しました。
  • Library Loaded イベントを使用するルールが、別のルールを正常にトリガーできない問題を修正しました(通常、 _satellite.track() を使用して別のルールのトリガーを試みます)。

2018 年 10 月 10 日

更新

  • 順序が重要なので、条件と例外がルールビルダーで結合されました。これは、システム内での処理方法と実行時の処理方法をより正確に反映します。例外を作成するには、「Conditions」の下の「 Add 」ボタンをクリックし、 Exception セレクターから「Logic Type」を選択します。
  • 「Adobe が管理」ホストを使用している場合、新しいビルドが公開されると、古いビルドがクリーンアップされるようになりました。
  • プロパティ名の横に、プロパティのタイプを示すアイコンが表示されるようになりました。

バグの修正

  • 無効なリソースをライブラリに保存すると、拡張機能の依存関係をチェックする際、論理ループが発生していました。この問題は修正されました。
  • 小さい画面で組織の切り替えボタンが見えやすくなりました。
  • 特定のビルド失敗メッセージが、レンダリングに失敗していました。これらがレンダリングされるようになりました。

2018 年 9 月 28 日

機能

Launch をモバイルで利用できるようになりました。
何千ものユーザーが Web タグ管理に使用している Adobe Experience Platform Launch を、モバイル SDK の管理に使用できるようになりました。
Launch でモバイルプロパティを作成すると、以下が可能になります。
  • データ要素を作成し、複数のソリューションをまたいでアクションを組み合わせることができる洗練されたルールを構築します。
  • モバイル拡張機能の管理:
    • Mobile Core および Profile 拡張機能は、すべてのモバイルプロパティと共にあらかじめインストールされています。
    • 拡張機能は、他の Adobe ソリューション(Adobe Analytics や Adobe Target、Adobe Audience Manager など)で利用できます。
  • Mobile Core 拡張機能とすべての追加の拡張機能は、Maven や CocoaPods などの依存関係マネージャーによってダウンロードおよびインストールできます。
  • 拡張機能を追加するときに、アプリを再コンパイルし、アプリストアの送信/承認プロセスを完了する必要があります。
    データ要素、ルールおよび拡張設定は、アプリケーションへと動的に配信され、アプリの起動時に更新されるので、アプリストアでのアップデートが不要です。
モバイルプロパティの使用について詳しくは、「 モバイル 」/」を参照してください。

2018 年 9 月 7 日

機能

ライブラリを保存すると、Launch がライブラリ内のすべてのリソースをチェックし、欠落している必要な拡張機能を追加するよう求めるプロンプトが表示されます。

更新

  1. Admin Console の権限が若干並べ替えられました。プロパティの管理は、会社権限グループに属しています。その他すべての権限(環境の管理、拡張機能の管理、開発、承認および公開)は、プロパティ権限グループ内にあります。
  2. API 応答時間を改善するためのデータベースの改善。

バグの修正

ルールビルダーのルールコンポーネントが、データベースが保存されたのと同じ順序で表示されないエッジケースの問題がありました。ルールビルダーでは、ルールコンポーネントの順序が常に正しく表示されるようになりました。

2018 年 8 月 24 日

機能

新しく作成された Launch プロパティに、デフォルトで "Managed by Adobe" ホストと 3 つの環境(各タイプのいずれか 1 つ)が表示されるようになりました。

2018 年 8 月 15 日

更新

拡張機能カタログが名前ではなく表示名で並べ替えられるようになりました。

バグの修正

  • プロパティを切り替えると、キャッシュが正しくクリアされず、インストールされている拡張機能に関する誤った警告が表示されることがありました
  • どのような場合でも、変更されたアクションを含むルールをライブラリに追加すると、変更として正しく表示されるようになりました

2018 年 8 月 8 日

機能

拡張機能のアップグレード

新しいバージョンの拡張機能が利用可能になり、インストールできるようになると、Launch ユーザーに通知されるようになりました。詳しくは、 こちら を参照してください。

更新

埋め込みコードは環境の詳細ページからインストール手順モーダルに移動しました。このモーダルは、新しい環境を作成した後、自動的に表示され、環境リストビューからアクセスできます。

2018 年 7 月 25 日

バグの修正

  • UI 経由で保存されたルールが正しい順序で保存されないことがありました。現在は修正されました。将来の更新では、データ移行によって影響を受けるすべてのルールが修正されますが、手動でルールを編集し、変更を加えて、保存すると、影響を受けるルールが修正されます。

2018 年 7 月 11 日

更新

  • 「Anchor Delay」が、プロパティ設定から Core 拡張機能の Click イベントの設定へと移動しました。
  • トラッキング cookie 名がプロパティ設定から Adobe Analytics、Google Universal Analytics、Cookie オプトイン条件設定に移動しました。

2018 年 5 月 25 日

機能

Launch および DTM ライブラリが中国でリリースされました。

Akamai を使用する Launch および DTM ライブラリを、中国の CDN エッジノードで利用できるようになりました。これにより、中国でのエンドユーザーのライブラリ読み込み速度が大幅に向上します。

エラーメッセージの改善

API および UI 全体でエラーメッセージに含まれる情報が改善および拡張されました。これは、ビルドエラーメッセージで特に便利です。

「Add All Changes」ボタン

Edit Library ページの上にある「Add All Changes」ボタンの動作を変更します。以前、リソースは、ライブラリに追加して保存するまで「変更済み」とみなされていました。それが、リソースが実稼働環公開されるまで「変更済み」とみなされるようになりました。

Adobe Privacy 拡張機能

Adobe Privacy 拡張機能は、Adobe ソリューションによってエンドユーザーに割り当てられているユーザー ID を収集および削除する機能を提供します。

2018 年 5 月 9 日

機能

データ要素の期間、「None」オプション

データ要素に「None」の期間オプションが追加されました。新しく作成されたデータ要素は、デフォルトでこの設定になります。

環境ページのデフォルトで非同期埋め込みコードが表示される

環境ページで、デフォルトとして非同期埋め込みコードが表示されるようになりました。同期と非同期の切り替えは、以前と同様に機能します。

2018 年 5 月 4 日

ドキュメント

Launch ノオープンソースドキュメントは https://docs.adobe.com/content/help/ja-JP/launch/using/overview.html で入手できます。

2018 年 4 月 25 日

強化された機能

ルールビルダー

ルールビルダーのイベントがドラッグできなくなりました。

拡張機能の削除

警告メッセージが改善されました。

バグの修正

  • 変更が保存されたとき、ルールコンポーネントで未保存の変更に対するプロンプトが
    表示されなくなりました。
  • Active Library での問題のあるインタラクションを修正しました。

2018 年 4 月 18 日

機能

ルール ID の機能強化

ルール ID がビルドの各ルールに出力され、ブラウザーで参照できるようになりました。

Page Load イベントの順序

Page Load イベントが、非同期デプロイメント(Library Loaded/Page Bottom/DOM Ready/Window Loaded)において論理的な順序で実行されるようになりました。

2018 年 4 月 12 日

機能

インターフェイスの強化

マイナースタイルの改善。

2018 年 4 月 4 日

機能

インターフェイスの向上。

  • Active Library が右上に移動され、コンテンツのスペースが広くなりました。
  • アクションボタンを右上に移動
  • Bulk Edit でアクションがよりスマートに表示されるようになり、小さい画面では「More」メニューに折りたたまれるようになりました
  • フォームフィールドにデフォルトのフォーカスが設定されるようになりました

2018 年 3 月 21 日

機能

拡張機能カードの Exchange リンク(将来の使用のためのサポート)

将来の「Learn More」リンクで adobeexchange.com の拡張機能の詳細ページで詳細を確認できるよう、カタログページの拡張機能カードにサポートが追加されました。

クライアント側の機能強化

イベント詳細は、トップレベルのイベントオブジェクト(テキストフィールドの %event.detail% およびカスタムコードの event.detail )にコピーされます。

2018 年 3 月 14 日

機能

リソースの削除

データ要素、ルールおよび拡張機能は削除できます。「 リソースの削除 」を参照してください。

DTM 埋め込みコードを Launch にリンクさせる

DTM 埋め込みコードを Launch にリンクさせると、DTM 実稼働環境埋め込みコードをページに保存できますが、そこでは DTM の代わりに Launch ファイルを使用します。

2018 年 3 月 7 日

強化された機能

ユーザーインターフェイスの変更

このリリースには、いくつかのインターフェイス機能が含まれています。
  • Marketing Cloud から Experience Cloud へのリブランディング
  • 要素のスタイル設定

バグの修正

データベースクエリの実行に時間がかかり、API クエリで 502 エラーが発生することがある問題を修正しました

2018 年 2 月 9 日

機能

Active Library の強化

  • Active Library に追加するかどうか尋ねるアクションを有効化/無効化
  • Active Library ドロップダウンから新しいライブラリを作成

2018 年 2 月 2 日

機能

Akamai キャッシュ制御ヘッダー

キャッシュ制御ヘッダーが、Akamai(assets.adobedtm.com)でホストするライブラリに自動設定されるようになりました。以前は、assets.adobedtm.com でホストされているファイルのキャッシュ制御ヘッダーを設定していませんでした。
  • 実稼動環境ビルド:キャッシュ制御ヘッダーは 60 分に設定されています
  • ファイル名に「staging」が付くステージングビルド:キャッシュ制御ヘッダーは 0 分に設定されています
  • ファイル名に「-development」が付く開発ビルド:キャッシュ制御ヘッダーは 0 分に設定されています
  • ファイル名に「-staging」が付いていない Launch ステージングビルド:デフォルトの 60 分が継承されます
  • ファイル名に「-development」が付いていない Launch 開発ビルド:デフォルトの 60 分が継承されます
キャッシュ制御ヘッダーを受信して適用するのはブラウザー次第です。一部のブラウザーでは無視される場合があります。
環境埋め込みコードに -development または -staging がない Launch 開発者は、0 キャッシュコントロールヘッダーを取得するため、開発環境とステージング環境を再作成する必要があります。環境を再作成しない場合、実稼動用ライブラリと同様、60 分のキャッシュ制御が作成されます。

2018 年 1 月 19 日

機能

ルール順序

ルール内のイベントに順序を割り当てることができるようになりました。イベントがトリガーされると、そのイベントを使用するルールが、定義された順番で実行されます。小さい数字が最初に実行されます(1 は 10 よりも前)。詳しくは、「 ルール順序 」を参照してください。

アクティブライブラリの設定

新しいライブラリまたは既存のライブラリをアクティブライブラリとして設定します。ルール、データ要素または拡張機能を作成または編集するときに、アクティブなライブラリを保存して作成するオプションが追加されました。これにより、変更がすぐにライブラリに保存され、ビルドが実行されます。ビルドのステータスも表示できます。

ロガー内の複数の引数

これで、実際のオブジェクトをログ関数に渡し、 _satellite.debug() の使用時にブラウザーコンソールでオブジェクトとして表示できるよう になりました。これにより、Launch ロガーの動作がさらに console.log のようになります。この変更を有効にする場合、 _satellite.debug() 関数に永続的な履歴が添付されなくなり、初めて呼び出したときに、過去のイベントの履歴が表示されなくなります。その時点以降のデバッグメッセージが表示されるようになります。

2018 年 1 月 11 日

機能

Launch の非同期デプロイ

  • On-page
    Launch ライブラリを非同期で実行できるようになりました。この変更方法により、ライブラリ内の動作に重要な影響があります。操作を行う前に、「 非同期ドキュメント 」をお読みください。
  • 環境での非同期切り替え
    環境の埋め込みコードを取得する際、ライブラリを非同期で読み込みたい場合は、切り替えスイッチで埋め込みコードを取得できるようになりました。

ユーザーインターフェイスの強化

  • 空のリストページに関する情報ビデオ
  • 持続フィルター

その他の変更

同期のシナリオと非同期のシナリオで、実際の動作をより適切に説明するため、次の変更が行われました。
  • 「Page Top」が「Library Loaded」と呼ばれるようになりました。
  • 「On Load」は「Window Loaded」と呼ばれるようになりました。

バグ修正および機能強

  • 特定のエッジケースで Launch ライブラリが 2 回読み込まれる問題を修正しました。
  • 「Property Delete」に監査ログエントリが追加されました。
  • あるエントリから別のエントリへすばやくクリックした場合の、リビジョンセレクターの読み込み速度が向上しました。
  • ヘルプリンクが新しいタブで開くようになりました。

初回リリース

リリース日: 2017 年 11 月 9 日
Launch は、Adobe Experience Cloud の既存のお客様に段階的に展開されています。いち早く入手したい場合は、Launch リリースフォームに必要事項を記入して、お問い合わせください。
これは Launch の最初のリリースです。
Launch は、Adobe が提供する次世代タグ管理機能です。Launch は、顧客体験の実現に必要なすべての分析、マーケティングおよび広告のタグをデプロイおよび管理するためのシンプルな手段を提供します。
Launch を利用すれば、拡張機能と呼ばれる Launch との独自の統合を誰でも作成および管理できます。Launch のお客様は、アプリストアと同じようにこれらの機能を利用して、タグをすばやくインストール、設定およびデプロイすることができます。
Launch は、Adobe Experience Cloud のお客様に、付属の付加価値機能として提供されます。Launch は、新しいコードベースを備え、以前の Dynamic Tag Management (DTM) サービスと置き換わるまったく新しい製品として設計されました。ただし、当面の間、DTM は引き続きサポートされます。Adobe は引き続き重大なバグを修正し、安定したパフォーマンスを提供します。現時点では、レガシー DTM に対する大きな機能強化は予定されていません。

主なメリット

  • 迅速な価値の創出
  • データ要素を使用した、一元化された収集、整理および配信による、信頼できるデータ
  • ルールビルダーを使用した、データとマーケティングテクノロジーの統合による、強力なエクスペリエンス

主な特長

拡張機能

拡張機能は、Launch UI とクライアント機能を拡張するコードのパッケージ(JavaScript、HTML および CSS)です。ほぼセルフサービスのインターフェイスを使用して、統合を作成、管理、更新できます。Launch はオペレーティングシステム、拡張はタスクの遂行に使用されるアプリと考えることができます。

拡張機能カタログ

独立系ソフトウェアベンダーによって作成および管理されたマーケティング/広告ツールを、参照、設定およびデプロイします。

ルールビルダー

条件と例外に if/then ロジックを使用して決定した順番で、複数のイベントを組み合わせた堅牢なルールを作成します。拡張機能は以下のオプションを提供します。
  • イベント
  • 条件
  • 例外
  • アクション
ルールビルダーには、リアルタイムのエラーチェックと、カスタムコードの構文の強調表示が含まれています。
ルールで概要を説明した条件を満たすと、定義したアクションが順に実行されます。

データ要素

Web ベースのマーケティングおよび広告テクノロジーにわたってデータを収集、整理および配信します。

エンタープライズパブリッシング

公開プロセスを使用すると、チームはページにコードを公開できます。異なるユーザーが実装を作成して、承認し、ページにこう書きできます。
  • コードに対する変更は定義するライブラリ内にカプセル化される
  • コードをデプロイする場所とタイミングを指定する
  • 異なるチームが並行して複数のライブラリを作成可能
  • 無制限の開発環境
  • ライブラリを結合するために計画的に許可されたプロセス

API を開く

個々のテクノロジーまたはテクノロジーのグループの実装を自動化します。
  • Launch は API とやり取りするReactor
  • デプロイメントは API で自動化できる
  • Launch API を独自の社内システムと統合する
  • 必要に応じて、独自のユーザーインターフェイスを作成できる

軽量なモジュール式コンテナタグ

Launch コンテナタグは、Adobe Tag Manager よりも 60%、Google Tag Manager よりも 40%軽量です。カスタムコードを含む、コンテナのコンテンツが縮小されます。すべてがモジュラー式です。項目が不要な場合は、ライブラリに含まれません。その結果、高速でコンパクトな実装になります。

その他のハイライト

Launch には、以下のように、同様のシステムに対していくつかの強化点があります。
  • Chrome で許可されていない場合は document.write () を使用しない
  • 不要な HTTP 呼び出しを最小化するために、ページ上部およびページ下部のルールは、メインライブラリにバンドルされる
  • ルール内のカスタムアクションスクリプトは、並行して読み込むことができるが、順番に実行される
  • ページ上部およびページ下部のルールを回避する場合、コードはほとんど非同期となり、完全に非同期になるパスを含む