Show Menu
トピック×

Launch にオプトイン用の JavaScript をデプロイする

EU 一般データ保護規則(GDPR) ePrivacy 法により、企業には、ユーザーの同意を管理できる能力が求められます。Adobe のお客様は、指定した訪問者に対して Adobe ソリューションを実施する前に、訪問者に対してオプトインを求めることができます。訪問者は、オプトインとオプトアウトのステータスを管理できます。
Adobe Experience Cloud のお客様は、これらの要件を幅広く実装する必要があります。エンタープライズレベルの同意マネージャを使用しているお客様や、自分たちで構築しているお客様もいます。
Launch の場合、拡張機能開発者は拡張機能とルールビルダーを使用してオプトインおよびオプトアウトソリューションを導入する方法。
このドキュメントでは、同意が得られるまでアドビのタグが実行されないようにする方法について説明します。

Advertising Cloud

Launch は、Advertising Cloud を自動的には実行しません。Advertising Cloud は、ルールアクションで具体的に指定する場合にのみ発生します。いつ実行するかを決定するには、ルール条件を使用します。例えば、cookie を使用してオプトインステータスを決定するには、データ要素を設定してそ のcookie を読み取り、ルールの条件として使用して、「Track Conversion」アクションを実行するタイミングを決定します。
同意マネージャ(OneTrust など)との統合により、顧客の同意 cookie を設定および追跡した後、ルールビルダーで使用できます。

Analytics

Analytics 拡張機能の設定で、以下が選択されて​ いない ​ことを確認します。
  • ダウンロードリンクを追跡
  • 離脱リンクを追跡
これらの設定が選択されていない場合、Launch は自動的には Adobe Analytics を実行しません。Analytics ルールは、ルールアクションで具体的に指定された場合にのみ実行します。いつ実行するかを決定するには、ルール条件を使用します。例えば、cookie を使用してオプトインステータスを決定するには、データ要素を設定してそ のcookie を読み取り、ルールの条件として使用して、「Send Beacon」アクションを実行するタイミングを決定します。
これとは別に、 アドビのオプトインオブジェクト を使用して、同意管理プラットフォームと連携させてこのタグの実行を制御することを検討できます。
同意マネージャ(OneTrust など)との統合により、顧客の同意 cookie を設定および追跡した後、ルールビルダーで使用できます。

Audience Manager

現在、DIL を顧客ページに配置すると、自動的に実行されます。 アドビのオプトインオブジェクト を使用して、同意管理プラットフォームと連携させてこのタグの実行を制御することを検討してください。
Adobe では、Analytics 内でサーバー側転送を使用することをお勧めします。

Experience Cloud ID

現在、Experience Cloud ID を顧客ページに配置すると、自動的に実行されます。
アドビのオプトインオブジェクト を使用して、同意管理プラットフォームと連携させてこのタグの実行を制御することを検討してください。

Target

Launch は、Target を自動的には実行しません。Target ルールは、ルールアクションで具体的に指定された場合にのみ実行します。いつ実行するかを決定するには、ルール条件を使用します。例えば、cookie を使用してオプトインステータスを決定するには、データ要素を設定してそ のcookie を読み取り、ルールの条件として使用して、「Load Target」アクションを実行するタイミングを決定します。
これとは別に、 アドビのオプトインオブジェクト を使用して、同意管理プラットフォームと連携させてこのタグの実行を制御することを検討できます。
同意マネージャ(OneTrust など)との統合により、顧客の同意 cookie を設定および追跡した後、ルールビルダーで使用できます。