Show Menu
トピック×

リソースのコピー

既存のリソースの設定を使用して新しいリソースを作成すると便利な場合があります。この場合、コピーを作成できます。
プロパティ、拡張機能、ルールおよびデータ要素はすべてコピーできます。
リソースをコピーすると、指定した宛先にそのリソースの複製が作成されます。これは、1 回のみのアクションであり、元のリソースと作成されたコピーの間に継続的な関係はありません。

コピーの開始

インストールした拡張機能を表示して、「 Configure 」ボタンをクリックし、「 Copy 」のドロップダウ矢印をクリックすると、拡張機能のコピーを開始できます。
ルールおよびデータ要素の場合は、コピーするリソースを選択し、アクションメニューの「 Copy 」ボタンをクリックします。
ルールまたはデータ要素をコピーする場合、コピーダイアログでドロップダウンメニューを使用して、コピー先となる宛先プロパティを選択できます(デフォルト設定は現在のプロパティです)。拡張機能は同じプロパティにコピーできないので、そのオプションには提供されません。
Launch ユーザーインターフェイスでは、あるプロパティを拡張機能の開発用に設定し、他のプロパティがそのように設定されていない場合は、リソースを別のプロパティにコピーすることはできません。
目的の動作を設定したら、「 Copy 」をクリックします。

プロパティのコピー

完全なプロパティのコピーを作成する場合、プロセスについていくつかの点を理解しておく必要があります。
  • プロパティ設定は、そのままコピーされます(ドメイン、詳細設定など)
  • 元のプロパティ内のルール、データ要素および拡張機能は、新しいターゲットプロパティにコピーされます。アダプター、環境、ライブラリはコピーされません。
  • 必須の拡張機能(既存のデータ要素またはルールコンポーネントに必要な拡張)は、元のプロパティからアンインストールされている場合でも、ターゲットプロパティにコピーされます。
  • プロパティのコピーには時間がかかる場合があります。これはバックグラウンドで実行されます。コピーの進行状況を監視したり、実行中に他のタスクを続行したりできます。
  • 個々のリソースを、ターゲットプロパティにコピーした後(ただし、コピーが完了する前)に変更した場合、新しい変更はコピーされません。

拡張機能のコピー

拡張機能を別のプロパティにコピーする場合、以下の点を理解する必要があります。
  • 宛先プロパティに拡張機能がインストールされていない場合は、元のプロパティと同じ設定を使用してインストールされます。
  • 宛先プロパティに既に拡張機能がインストールされている場合、設定のみがコピーされます。
  • 宛先プロパティにインストールされている拡張機能のバージョンが古い場合は、コピーを実行する前に、宛先プロパティで拡張機能をアップグレードする必要があると通知されます。拡張機能の開発者が、時間の経過とともに拡張機能に設定を追加している可能性があります。そのため、新しい拡張機能の設定を、古いバージョンに確実に適用することはできません。
  • 宛先プロパティに新しいバージョンの拡張機能がインストールされている場合、設定はコピーされますが、ダウングレードは実行されません。宛先プロパティには、現在のバージョン番号が引き続き保持されます。

ルールとデータ要素のコピー

すべてのルールとデータ要素は拡張機能によって提供されます。そのため、プロパティをまたいでコピーする場合、Launch はこれらの基礎となる拡張機能を考慮する必要があります。
Launch で実行予定の操作についての正確な説明は、実際にコピーを開始する前にコピーダイアログで確認できます。上記のダイアログはルール用ですが、データ要素にも適用されます。
  1. これらのルールで必要な拡張機能はコピーされます。 ​これにより、ユーザーは、必要な拡張機能がルールと共に実行されることを把握できます。これらのコピーは、上記の通常の拡張機能のコピーと同じルールに従います。
  2. 拡張機能が既にインストールされている場合、拡張機能の設定はコピーされません。 ​つまり、目的の拡張機能が既に宛先プロパティ上に存在する場合、拡張機能はそのままになります。拡張機能の設定もコピーする場合は、「 Replace extension settings on destination property 」切り替えを使用すると、それに従って説明も更新されます。
  3. これらのルールに必要なデータ要素はコピーされません。 ​この説明はルールにのみ適用されます。ルールは、正常に機能するため、データ要素に依存しています。ルールを新しいプロパティにコピーする場合、別途、必要なデータ要素もコピーする必要があります。