Show Menu
トピック×

データ要素

データ要素は、データディクショナリ(またはデータマップ)の構築ブロックです。データ要素を使用して、マーケティングおよび広告テクノロジー全体でデータを収集、整理、配信します。
単一のデータ要素は、クエリ文字列、URL、cookie 値、JavaScript 変数などに値をマッピングできる変数です。Launch 全体で、変数名によって値を参照できます。このデータ要素コレクションは、ルール(イベント、条件、アクション)の作成に使用する、定義済みデータの辞書になります。このデータディクショナリは、プロパティに追加した拡張機能で使用するため、すべての Launch で共有されます。
変更は 公開 されるまでは反映されません。
ルールの作成時には、できるだけ一貫してデータ要素を使用し、値のベタ書きを避けると、動的データの定義を集約できてタグ付け作業の効率が上がります。一度定義したデータルールは複数の場所で使用できます。
データ要素の再利用の考え方は非常に効果的です。ベストプラクティスとして、この仕組みをできるだけ活用することをお勧めします。
例えば、ページ名や製品 ID の参照、クエリ文字列によるアフィリエイトマーケティングリンクや AdWords からの情報抽出などに関して、決まった実行方法がある場合は、様々なソースから情報を取得して 1 つのデータディクショナリ(データ要素群)を作成し、そのデータを様々な Launch ルール内で使用できます。
一例としてページ名の場合を考えてみましょう。Web サイトのデータレイヤー、 document.title 要素、title タグを参照する手段として、ある特定のページ名スキーマを使用できるとすると、Launch では、その特定のデータアクセスポイントに対応した単一の参照ポイントとなるデータ要素を作成できます。そのデータ要素は、ページ名の参照を必要とする任意のルール内で使用できます。将来、何らかの理由でページ面の参照方法を変更することになった場合(例:従来 document.title を参照していたものを、特定のデータレイヤーの参照に変更する場合)にも、多数の異なるルールを編集することなく参照の変更に対応できます。単にデータ要素内の参照を一度変更すれば、データ要素を参照するすべてのルールが自動的にアップデートされます。
データ要素がルールで参照されていない場合、カスタムスクリプトで特に呼び出さない限り、どのページにも読み込まれません。
データ要素内のデータは、ルールで使用されたときや、スクリプトから手動で呼び出されたときに設定されます。概要としては、次の手順を実行します。
  1. データ要素を作成します (まだ作成していない場合)。
  2. ルール またはカスタムスクリプトでデータ要素を使用します。
紹介ビデオについては、「 データ要素 」を参照してください。

データ要素の使用方法

ルールの場合:

検索ボックスを使用してデータ要素の名前を検索し、ルール編集インターフェイスでデータ要素を使用できます。

カスタムスクリプトの場合:

_satellite オブジェクト構文を使用して、カスタムスクリプトでデータ要素を使用できます。
_satellite.getVar('data element name');

データ要素の作成

データ要素は、ルールの構成要素です。データ要素を使用すると、サイトに含まれる任意のオブジェクトについて、ページ上で共通的に使用されるアイテム(クエリ文字列、URL、Cookie 値など、任意の場所から得られたもの)のデータディクショナリ(またはデータマップ)を作成できます。
  1. プロパティページから、「Data Elements」タブを開き、「Create New Data Element」をクリックします。
  2. データソースに名前をつけます。
  3. 拡張機能とタイプを選択します。
    使用可能なデータ要素のタイプは、拡張機能によって決まります。Launch Core 拡張機能で使用できるタイプについて詳しくは、「 データ要素のタイプ 」を参照してください。
  4. 指定されたフィールドに、選択したタイプについて要求された情報を入力します。
  5. (オプション)デフォルト値を入力します。
    値を指定しない場合、値は送信されません。値がない場合に何を送信するかを決定するため、「none」や「n/a」などの入力を選択することもできます。ソリューションが異なると、空の変数の処理方法も異なります。これにより、値が存在しない場合でも一貫性を保つことができます。
  6. 小文字の値を強制するか、改行とスペースを削除するかを選択します。
  7. 期間を選択します。
    以下の選択肢があります。
    • None
      • 値は保存されません。
    • Page view
      • ページが更新されるか新しいページが読み込まれるまで、値は JavaScript 変数に保持されます。
      • _satellite オブジェクト構文を使用して、スクリプトで作成および設定できます。
        _satellite.setVar('data_element_name')
    • Session
      • ブラウザーのタブが閉じられるまで、値はブラウザーのセッションストレージに保持されます。
      • そのサイト訪問の期間中、常に利用できます。
    • Visitor
      • この値は、ブラウザーのローカルストレージで無期限に保存されます。
  8. Save 」をクリックします。
要素を作成または編集する際、 アクティブなライブラリ に保存および作成できます。これにより、変更はただちにライブラリに保存され、ビルドが実行されます。ビルドのステータスが表示されます。また、Active Library ドロップダウンから新しいライブラリを作成することもできます。

データ要素のタイプ

データ要素のタイプは、拡張機能によって決まります。タイプはいくつでも作成することができます。
以下の節では、Core 拡張機能で使用できるデータ要素のタイプについて説明します。その他の拡張機能は、他のタイプのデータ要素を使用します。

カスタムコード

カスタム JavaScript は、「Open Editor」をクリックしてエディターウィンドウにコードを挿入することで、UI に入力できます。
データ要素の値として設定する値を示すために、エディターウィンドウで return ステートメントを記述する必要があります。return ステートメントがない場合、デフォルト値または空の文字列が、データ要素の値として返されます。
例:
var pageType = $('div.page-wrapper').attr('class').split('')[1];
if (window.location.pathname == '/') {
  return 'homepage';
} else {
  return pageType;
}

DOM 属性

div または H1 タグなど、任意の要素の値を取得できます。

例:

CSS セレクターチェーン:
id#dc logo img
値を取得する要素:
src

JavaScript 変数

使用可能な JavaScript オブジェクトまたは変数は、パスフィールドを使用して参照できます。
マークアップに JavaScript 変数またはオブジェクトプロパティがあり、これらの値を Launch で収集して拡張機能やルールで使用する場合、Launch のデータ要素を使用してこれらの値を収集できます。この方法を使用すると、ルール全体でデータ要素を参照でき、データのソースが変更された場合でも、Launch の 1 か所でソース(データ要素)への参照を変更するだけで済みます。
例えば、次のように、マークアップに「 Page_Name 」という JavaScript 変数が含まれているとします。
<script>
  //data layer
  var Page_Name = "Homepage"
</script>

Launch でデータ要素を作成する場合は、次のようにこの変数へのパスを指定するだけです。
データレイヤーでデータコレクターオブジェクトを使用している場合は、パスに、データ要素に取得するオブジェクトおよびプロパティを参照するドット表記を使用します(例: _myData.pageName digitalData.pageName )。

例:

window.document.title

ローカルストレージ

Local Storage Item Name フィールドにローカルストレージ項目の名前を入力します。
ローカルストレージを使用すると、ブラウザーはページからページへと情報を保存できます( https://www.w3schools.com/html/html5_webstorage.asp )。ローカルストレージは cookie のように機能しますが、cookie よりも大きく、柔軟です。
指定したフィールドを使用して、ローカルストレージ項目用に作成した値(例: lastProductViewed. )を指定します

ページ情報

これらのデータポイントを使用して、ルールロジックで使用するページ情報をキャプチャしたり、Analytics や外部トラッキングシステムに情報を送信したりできます。
次のいずれかのページ属性を選択してデータ要素で使用できます。
  • URL
  • Hostname
  • Pathname
  • Protocol
  • Referrer
  • Title

クエリー文字列パラメーター

単一の URL パラメーターを URL Parameter フィールドで指定します。
名前セクションのみが必要で、特殊な指定子(「?」や「=」など)は、省略する必要があります。

例:

contentType

乱数

乱数を生成するには、このデータ要素を使用します。多くの場合、データのサンプリングや、ID の作成(ヒット ID など)に使用されます。乱数は、難読化または salt 機密データに使用できます。例として次のようなものが挙げられます。
  • ヒット ID の生成
  • 数字をユーザートークンまあはタイムスタンプと連結して一意性を確保する
  • PII データでの単方向ハッシュの実行
  • サイトでサーベイリクエストをいつ表示するかをランダムに決定する
乱数の最小値と最大値を指定します。
デフォルト:
最小:0
最大:1000000000

セッションストレージ

Session Storage Item Name フィールドにセッションストレージ項目の名前を入力します。
セッションストレージは、ローカルストレージと似ていますが、セッションの終了後はデータが破棄されるという点が異なります。ローカルストレージや cookie はデータを保持することがあります。

訪問者行動

ページ情報と同様、このデータ要素は、ルールまたはデータ収集において、共通の動作タイプを使用して論理を強化します。
次のいずれかの訪問者行動属性を選択します。
  • Landing page
  • Traffic source
  • Minutes on site
  • Session count
  • Session page view count
  • Lifetime page view count
  • Is new visitor
一般的なユースケースには次のものが含まれます。
  • 訪問者がサイトに 5 分間滞在した後にサーベイを表示する
  • 訪問のランディングページの場合は、Analytics 指標を生成する
  • 「Session Counts」の数が X に到達したら訪問者に新しいオファーを表示する
  • 初回訪問者にニュースレターへの新規登録を表示する

ビルトインデータ要素

過去に次のいずれかのデータ要素を使用している場合、Launch でカスタムデータ要素を作成する必要があります。
  • URI
  • Protocol
  • Hostname