Show Menu
トピック×

データ要素

データ要素は、データディクショナリ(またはデータマップ)の構築ブロックです。データ要素を使用して、マーケティングおよび広告テクノロジー全体でデータを収集、整理、配信します。
単一のデータ要素は、クエリ文字列、URL、cookie 値、JavaScript 変数などに値をマッピングできる変数です。Launch 全体で、変数名によって値を参照できます。このデータ要素コレクションは、ルール(イベント、条件、アクション)の作成に使用する、定義済みデータの辞書になります。このデータディクショナリは、プロパティに追加した拡張機能で使用するため、すべての Launch で共有されます。
変更は 公開 されるまでは反映されません。
ルールの作成時には、できるだけ一貫してデータ要素を使用し、値のベタ書きを避けると、動的データの定義を集約できてタグ付け作業の効率が上がります。一度定義したデータルールは複数の場所で使用できます。
データ要素の再利用の考え方は非常に効果的です。ベストプラクティスとして、この仕組みをできるだけ活用することをお勧めします。
例えば、ページ名や製品 ID の参照、クエリ文字列によるアフィリエイトマーケティングリンクや AdWords からの情報抽出などに関して、決まった実行方法がある場合は、様々なソースから情報を取得して 1 つのデータディクショナリ(データ要素群)を作成し、そのデータを様々な Launch ルール内で使用できます。
一例としてページ名の場合を考えてみましょう。Web サイトのデータレイヤー、 document.title 要素、title タグを参照する手段として、ある特定のページ名スキーマを使用できるとすると、
Launch では、その特定のデータアクセスポイントに対応した単一の参照ポイントとなるデータ要素を作成できます。そのデータ要素は、ページ名の参照を必要とする任意のルール内で使用できます。将来、何らかの理由でページ面の参照方法を変更することになった場合(例:従来 document.title を参照していたものを、特定のデータレイヤーの参照に変更する場合)にも、多数の異なるルールを編集することなく参照の変更に対応できます。単にデータ要素内の参照を一度変更すれば、データ要素を参照するすべてのルールが自動的にアップデートされます。
データ要素がルールで参照されていない場合、カスタムスクリプトで特に呼び出さない限り、読み込まれません。
データ要素内のデータは、ルールで使用されたときや、スクリプトから手動で呼び出されたときに設定されます。概要としては、次の手順を実行します。
  1. データ要素を作成します (まだ作成していない場合)。
  2. ルール またはカスタムスクリプトでデータ要素を使用します。
紹介ビデオについては、「 データ要素 」を参照してください。

データ要素の使用方法

ルールの場合:

検索ボックスを使用してデータ要素の名前を検索し、ルール編集インターフェイスでデータ要素を使用できます。

カスタムスクリプトの場合:

_satellite オブジェクト構文を使用して、カスタムスクリプトでデータ要素を使用できます。
_satellite.getVar('data element name');

データ要素の作成

データ要素は、ルールの構成要素です。データ要素を使用すると、サイトまたはアプリケーションに含まれる任意のオブジェクトについて、ページ上で共通的に使用されるアイテム(クエリ文字列、URL、Cookie 値など、任意の場所から得られたもの)のデータディクショナリ(またはデータマップ)を作成できます。
  1. プロパティページから、「Data Elements」タブを開き、「Add Data Element」をクリックします。
  2. データソースに名前をつけます。
  3. 拡張機能とタイプを選択します。
    使用可能なデータ要素のタイプは、拡張機能によって決まります。Launch Core 拡張機能で使用できるタイプについて詳しくは、「 データ要素のタイプ 」を参照してください。
  4. 指定されたフィールドに、選択したタイプについて要求された情報を入力します。
  5. (オプション)デフォルト値を入力します。
    値を指定しない場合、値は送信されません。値がない場合に何を送信するかを決定するため、「none」や「n/a」などの入力を選択することもできます。ソリューションが異なると、空の変数の処理方法も異なります。これにより、値が存在しない場合でも一貫性を保つことができます。
  6. 小文字の値を強制するか、改行とスペースを削除するかを選択します。
  7. クリーンテキストを使用するかどうかを選択します。「Clean Text」オプションでは、先頭から空白文字を削除し、間にある連続したスペースを 1 つのスペースに置き換えます。照合しやすくなるよう要素の値を正規化するには、このオプションを使用します。
  8. 期間を選択します。
    以下の選択肢があります。
    • None
      • 値は保存されません。
    • Page view
      • ページが更新されるか新しいページが読み込まれるまで、値は変数に保持されます。
      • _satellite オブジェクト構文を使用して、スクリプトで作成および設定できます。
        _satellite.setVar('data_element_name')
    • Session
      • ブラウザーのタブが閉じられるまで、値はブラウザーのセッションストレージに保持されます。
      • そのサイト訪問の期間中、常に利用できます。
    • Visitor
      • 値は、クライアントデバイスのローカルストレージで無期限に保存されます。
  9. Save 」をクリックします。
要素を作成または編集する際、 アクティブなライブラリ に保存および作成できます。これにより、変更はただちにライブラリに保存され、ビルドが実行されます。ビルドのステータスが表示されます。また、Active Library ドロップダウンから新しいライブラリを作成することもできます。

ビルトインデータ要素

過去に次のいずれかのデータ要素を使用している場合、Launch でカスタムデータ要素を作成する必要があります。
  • URI
  • Protocol
  • Hostname