Show Menu
トピック×

メモ

メモは、特定の Launch リソースに追加できるテキスト注釈です。 メモは、次のリソースに添付できます。
  • 拡張機能
  • データ要素
  • ルール
  • ルールコンポーネント
  • ライブラリ
  • プロパティ
メモには、512 文字までの Unicode 文字を含めることができます。
メモとは、添付されるリソースの動作に影響を与えないコメントです。 これらはビルドライブラリには含まれません。 メモは次の目的で使用できます。
  • リソースに関する背景情報の提供
  • 将来の機能強化のための TODO リストとしての機能
  • 他のユーザーにリソース使用状況に関するアドバイスを渡す
  • 他のチームメンバーに指示を与える
  • 履歴コンテキストの記録
  • リソースの動作、ビルド理由、使用場所を自分用に記憶する

メモの作成

注意が必要なリソースは、画面の右側に狭いレールを表示します。 パネルには、メモ用のアイコンが表示されます。 このアイコンは、リソースに添付されたメモの現在の数を表示します。
Notesアイコンをクリックして右側のパネルを展開し、メモを表示します。一番上には最新のメモが表示されます。 新しいメモを追加するには、上部のボックスにメモのテキストを入力し、「 Add Note 」をクリックします。

その他

  • Launch のメモは、変更不可であり、編集や削除ができない点が、DTM のメモの動作と同じです。
  • リソースの古いリビジョンを表示すると、そのリビジョンの created_at 日より前に作成されたメモのみが表示されます。
  • リソースを削除すると、そのリソースに添付されているすべてのメモも削除されます。