Show Menu
TOPICS×

前提条件

判断

トラッキングを実装する前に、状況に合った実装方法を見きわめるため、いくつかの点を最初の段階で判断する必要があります。
  • Media Analytics
    - 最新のメディア SDK(標準、推奨される実装)やメディアコレクション API(RESTful)を使用
  • マイルストーン
    - 以前のアドビのトラッキング実装
  • Data Insertion API
    - メディア SDK を使用せずにトラッキングを実装

タスク

Media Analytics
実装について、開始前に完了しておく必要がある作業を示します。
  1. Experience Cloud を有効にします。
    Adobe Experience Platform Identity Service を実装する必要があります。
    Identity Service は、Experience Cloud コアサービス、ソリューション、People コアサービスの顧客属性およびオーディエンスのための、共通の識別フレームワークですサイト訪問者に一意の永続的 ID を割り当てることで機能します。組織が ID サービスを実装する場合、この ID を使用することで、同じサイト訪問者およびそのデータを様々な Experience Cloud ソリューションで識別できます。
    また、この ID サービスは、様々なソリューション専用 ID(例:Analytics AID)を置き換えることができます。 顧客 ID と認証状態 の機能を使用して、ID サービスから独自の顧客 ID を Experience Cloud に渡すことができます。ただし、ID サービスは、既に登録されているソリューションのみと連携することに注意してください。他製品へのアクセスにサインアップしていない場合、ID サービスではアクセスが提供されません。
    いずれは、ID サービスは、多くの現在および将来の Experience Cloud 機能、強化、サービスにとって不可欠な要素になります。現在、ID サービスは、 Analytics Audience Manager および Target をサポートしています。
    Adobe Experience Cloud Device Co-op に参加するには、Experience Cloud ID サービスが必要です。
    ID サービスを実装していない場合、今が移行戦略を検討し始めるチャンスです。ID サービスの重要性と役割について詳しくは、 なぜ新しい Identity Service に注目すべきか を参照してください。
    ユーザー ID 情報がメディア専用の呼び出しに存在しない場合、Analytics のデフォルトの フォールバック ID による方法 が適用されます。
    Experience Cloud ID について詳しくは、 Experience Cloud ID の概要 および Adobe Experience Platform Identity Service を参照してください。
  2. Adobe Analytics レポートを有効にします。
    Analytics でレポートを有効にし、収集しているコンテンツや広告データを確認するには、 メディアレポートの有効化 を参照してください。