Show Menu
トピック×

メディアレポートの有効化

メディア指標を収集する各レポートスイートは、メディアデータが送信される前に設定されている必要があります。
新機能を活用するために、既存の Media Analytics のお客様は、RSID のビデオトラッキングを再有効化する必要があります。
  1. Reports & Analytics で、 管理者/レポートスイートをクリックします。
  2. メディアデータを収集するレポートスイートを選択して、 設定を編集/メディア管理/メディアレポートをクリックします。
  3. メディアレポート ​ページで、 メディアコアを​ 有効にして、オプションで メディア広告 メディアチャプター および メディア画質 ​を有効にします。
    メディア測定には、以下のモジュールが含まれます。
    • メディアコア
      コアメディア指標は、メディアコンテンツに使用されます。これは、ソリューション(またはカスタム)eVar を使用して、コンテンツ、コンテンツタイプ、コンテンツプレイヤー名およびコンテンツチャネルを追跡します。ソリューション(またはカスタム)イベントは、メディア開始、コンテンツ開始、コンテンツ完了およびコンテンツ視聴時間に対して使用されます。
    • メディア広告
      メディア広告指標は、メディアコンテンツ内の広告の測定に使用されます。これにより、ソリューション eVar を使用して、広告、広告プレイヤー名、広告ポッドおよびポッド位置の広告を測定します。ソリューションイベントは、広告開始、広告完了、広告滞在時間およびビデオ滞在時間に使用されます。
    • メディアチャプター
      ビデオチャプター指標は、チャプターの測定に使用されます。チャプターは、1 つのメディア内のコンテンツの区切りです。チャプター ID はソリューション eVar を使用して保存されます。ソリューションイベントは、チャプター開始、チャプター完了およびチャプター閲覧時間に使用されます。チャプター名とチャプター位置の追加のチャプターメタデータは、チャプター ID の分類として提供されます。
    • メディア画質
      ビデオ画質指標は、コンテンツ再生の品質の測定に使用されます。これは、ソリューション eVar を使用して、開始時間、バッファーイベント、合計バッファー時間、ビットレート切り替え、平均ビットレート、エラーおよびドロップフレームを保存します。ソリューションイベントは開始時間、開始前にドロップ、バッファーの影響を受けたストリーム、バッファーイベント、合計バッファー時間、ビットレート変更の影響を受けたストリーム、ビットレート変更、平均ビットレート、エラーの影響を受けたストリーム、エラーイベント、ドロップフレームの影響を受けたストリームおよびドロップフレーム
    • ビデオおよびビデオ広告メタデータ
      メディアや広告にメタデータを付加して、そのメディアや広告をさらに説明したり、分類したりすることができます。ソリューション変数および分類を使用して、標準化されたメディアおよび広告メタデータを収集します。含まれる値:番組、シーズン、エピソード、アセット ID、ジャンル、初回放送日、コンテンツ評価、作成者、ネットワーク、番組タイプ、広告読み込み、MVPD、認証済み、日パート、メディアセッション ID、広告主、キャンペーン ID、クリエイティブ ID
    • オーディオおよびオーディオ広告メタデータ
      オーディオ / 広告を詳しく説明して分類するために、メタデータをオーディオや広告に添付できます。標準化したオーディオや広告のメタデータは、ソリューション変数と分類を使用して収集されます。含める値は、アーティスト、アルバム、ラベル、作成者、発行者、ステーション、番組、シーズン、エピソード、アセット ID、ジャンル、初回放送日、初回デジタル日、コンテンツ評価、作成者、番組タイプ、広告読み込み、日パート、メディアセッション ID、広告主、キャンペーン ID、クリエイティブ ID です。 各モジュールを有効にすると、変数のセットが予約され、新しいレポートのセットが作成されます。画質を例外として、対応する実装が完了するまで、レポートにデータがありません。また、画質モジュールを有効にした場合、コアモジュールを実装すると、画質モジュールを実装します。
    まだ広告、チャプターまたは再生品質を追跡していない場合は、いつでも追加のオプションを有効にできます。
  4. 保存」をクリックします。
    このレポートスイートが既にメディアデータを収集するように設定されている場合は、「 保存 」をクリックした後に、追加の設定ページが表示されます。 メディアコア指標 ​ページが表示されたら、次のステップへと進みます。
  5. (条件付き) メディアコア指標 ​ページで、カスタム変数を使用し続けるかソリューション変数を使用するかを選択します。
    オプション
    メモ
    カスタム変数を使用し続ける
    長所と短所:
    • 長所: ​移行後もコンテンツトレンドが機能し続けます。
    • 短所: ​メディアに割り当てた 2 つのカスタム eVars および 3 つのカスタムイベントを維持する必要があります。1 つのカスタム eVar と 1 つのカスタムイベントを再び使用できるようになります。
    カスタム変数を使用し続けるには、次の手順を実行します。
    1. カスタム変数を使用 」を選択して、「 保存 」をクリックします。
    2. プロンプトが表示されたら、現在のカスタム eVar およびイベントをマッピングして、「 保存 」をクリックします。
    ソリューション変数に移行する
    長所と短所:
    • 長所: 3 つのカスタム eVar と 4 つのカスタムイベントを再び使用できるようになります。
    • 短所: ​メディアレポートのトレンドと比較の履歴は​ すべて ​失われます。つまり、ハートビートに移行する前のコンテンツビューやコンテンツ再生時間のトレンドを表示することはできません。
    制限事項: ​このトレンド情報を保持しなくてもよいことが確実でない限り、ソリューション変数に移行しないでください。以前からの持続性を保持する必要がある場合のみ、すべてのお客様がソリューション変数および処理ルールを使用して、メディアデータを既存の prop および eVar に移行する必要があります。ソリューション変数に移行するには:「 ソリューション変数を使用 」を選択して、「 保存」をクリックします。
    重要:ソリューション変数への移行により、ビデオレポートの  すべての​  履歴トレンドおよび比較が失われます。
指標およびメタデータ表(例: オーディオおよびビデオパラメーター )で、レポート/予約変数に「分類」と説明されている変数の分類名を変更しないでください。メディア分類は、レポートスイートでメディアトラッキングが有効にされる際に定義されます。アドビは新しいプロパティを追加することがありますが、その場合、新しいメディアプロパティにアクセスするには、レポートスイートを再有効化する必要があります。更新処理の際に、アドビは、変数の名前をチェックすることで、分類が有効にされているかどうかを判別します。見つからない変数名がある場合、アドビは、分類を再追加します。