Show Menu
トピック×

チャプターパラメーター

このトピックでは、コンテキストデータ値など、アドビがソリューション変数を通じて収集するチャプターおよびセグメントデータのリストを示します。
表のデータの説明は次のとおりです。
  • 実装: ​実装に関する値と要件の詳細。
    • キー - 変数。アプリで手動で設定するか、Adobe Media SDK によって自動的に設定されます。
    • 必須 - 基本的なビデオトラッキングでパラメーターが必須かどうかを表します。
    • - 設定する変数の型(文字列または数値)を表します。
    • 送信タイミング - データが送信されるタイミング。 メディア開始 ​の場合はメディアの開始時に分析の呼び出しが送信され、 広告開始 ​の場合は広告の開始時に分析の呼び出しが送信されます。 終了 ​の場合は、メディアセッションや広告、チャプターなどの終了時に、コンパイル済みの分析の呼び出しがハートビートサーバーから分析サーバーに直接送信されます。終了の呼び出しは、ネットワークパケットの呼び出しでは利用できません。
    • 最小のSDK のバージョン - パラメーターにアクセスするのに必要な SDK のバージョン。
    • 値の例 - 変数の一般的な利用方法の例。
  • ネットワークパラメーター: Adobe Analytics またはハートビートサーバーに渡される値。この列には、Adobe Media SDK によって生成されるネットワーク呼び出しに含まれるパラメーターの名前が示されています。
  • レポート: ​ビデオデータの確認方法と分析方法に関する詳細。
    • 利用可能 - デフォルトでもデータをレポートで確認できる場合は​ 、カスタム設定が必要な場合は​ カスタム
    • 予約変数 - 予約変数で取得されるデータの形式(イベント、eVar、prop または分類)。
    • レポート名 - Adobe Aanlytics の変数のレポート名。
    • コンテキストデータ - レポートサーバーに渡され、処理ルールで使用される Adobe Analytics のコンテキストデータの名前。
    • データフィード - クリックストリームまたはライブストリームデータフィード内の変数の列の名前。
    • Audience Manager - Adobe Audience Manager 内の特性名。
以下にリストされている変数で、レポート/予約変数に「分類」と説明されている変数の分類名を変更しないでください。 メディア分類は、レポートスイートでメディアトラッキングが有効にされる際に定義されます。アドビは新しいプロパティを追加することがありますが、その場合、新しいメディアプロパティにアクセスするには、レポートスイートを再有効化する必要があります。更新処理の際に、アドビは、変数の名前をチェックすることで、分類が有効にされているかどうかを判別します。見つからない変数名がある場合、アドビは、分類を再追加します。

チャプターメタデータ

チャプター名

  実装  
ネットワークパラメーター
レポート
  • SDK キー:
    name
  • API キー:
    media.chapter.friendlyName
  • 必須:
    いいえ
  • 型:
    文字列
  • 送信タイミング:
    チャプター開始、チャプター終了
  • 最小のSDK バージョン: 1.3
  • 値の例:
     "The Big Bang Chapter 2 - Dating"
  • 説明:
    チャプターまたはセグメントの名前。
  • Adobe Analytics:
    (a.media.chapter.
    friendlyName)
  • ハートビート:
    (s:stream:chapter_name)
  • 利用可能:
    デフォルトで作成...
  • 予約変数:
    分類
  • レポート名:
    チャプター名
  • コンテキストデータ:
    (a.media.chapter.
    friendlyName)
  • データフィード:
    なし
  • Audience Manager:
    (c_contextdata.
    a.media.chapter.
    friendlyName)

チャプター位置

  実装  
ネットワークパラメーター
レポート
  • SDK キー:
    position
  • API キー:
    media.chapter.index
  • 必須:
    SDK:いいえ、API:はい。
  • 型:
    数値
  • 送信タイミング:
    チャプター終了
  • 最小のSDK バージョン: 1.3
  • 値の例:
     2
  • 説明:
    コンテンツ内のチャプターの位置(インデックス、整数)。
  • Adobe Analytics:
    (a.media.chapter.
    position)
  • ハートビート:
    (l:stream:chapter_pos)
  • 利用可能:
  • 予約変数:
    分類
  • レポート名:
    チャプター位置
  • コンテキストデータ:
    (a.media.chapter.
    position)
  • データフィード:
    なし
  • Audience Manager:
    (c_contextdata.
    a.media.chapter.
    position)

チャプターオフセット

  実装  
ネットワークパラメーター
レポート
  • SDK キー:
    startTime
  • API キー:
    media.chapter.offset
  • 必須:
    SDK:いいえ、API:はい。
  • 型:
    数値
  • 送信タイミング:
    チャプター終了
  • 最小のSDK バージョン: 1.3
  • 値の例:
     58
  • 説明:
    開始時からのコンテンツ内のチャプターのオフセット(秒)。
  • Adobe Analytics:
    (a.media.chapter.
    offset)
  • ハートビート:
    (l:stream:chapter_offset)
  • 利用可能:
  • 予約変数:
    分類
  • レポート名:
    チャプターオフセット
  • コンテキストデータ:
    (a.media.chapter.
    offset)
  • データフィード:
    なし
  • Audience Manager:
    (c_contextdata.
    a.media.chapter.
    offset)

チャプターの長さ

  実装  
ネットワークパラメーター
レポート
  • SDK キー:
  • API キー:
    media.chapter.length
  • 必須:
    SDK:いいえ、API:はい。
  • 型:
    数値
  • 送信タイミング:
    チャプター終了
  • 最小のSDK バージョン: 1.3
  • 値の例:
     486
  • 説明:
    チャプターの長さ(秒)。
  • Adobe Analytics:
    (a.media.chapter.
    length)
  • ハートビート:
    (l:stream:chapter_length)
  • 利用可能:
  • 予約変数:
    分類
  • レポート名:
    チャプターの長さ
  • コンテキストデータ:
    (a.media.chapter.
    length)
  • データフィード:
    なし
  • Audience Manager:
    (c_contextdata.
    a.media.chapter.
    length)

チャプター

  実装  
ネットワークパラメーター
レポート
  • SDK キー:
    自動設定
  • API キー:
    なし
  • 必須:
    いいえ
  • 型:
    文字列
  • 送信タイミング:
    チャプター終了
  • 最小のSDK バージョン: 1.3
  • 値の例:
     
  • 説明:
    自動生成されたチャプターの ID。
  • Adobe Analytics:
    (a.media.chapter.
    name)
  • ハートビート:
    (s:stream:chapter_id)
  • 利用可能:
  • 予約変数:
    eVar
  • 有効期限:
    ヒット時
  • レポート名:
    チャプター
  • コンテキストデータ:
    (a.media.chapter.
    name)
  • データフィード:
    videochapter
  • Audience Manager:
    (c_contextdata.
    a.media.chapter.
    name)

チャプター指標

チャプター開始

  実装  
ネットワークパラメーター
レポート
  • SDK キー:
    自動設定
  • API キー:
    なし
  • 必須:
    はい
  • 型:
    文字列
  • 送信タイミング:
    チャプター開始
  • 最小のSDK バージョン: 1.3
  • 値の例:
     TRUE
  • 説明:
    開始したチャプターの数。 重要:  このイベントを設定すると、値は TRUE のみになります。このイベントを設定しない場合は、値が送信されません。
  • Adobe Analytics:
    (a.media.chapter.
    view)
  • ハートビート:
    (s:event:
    type=chapter_start)
  • 利用可能:
  • 予約変数:
    イベント
  • レポート名:
    チャプター開始
  • コンテキストデータ:
    (a.media.chapter.
    view)
  • データフィード:
    なし
  • Audience Manager:
    (c_contextdata.
    a.media.chapter.
    view)

チャプター完了

  実装  
ネットワークパラメーター
レポート
  • SDK キー:
    自動設定
  • API キー:
    なし
  • 必須:
    はい
  • 型:
    文字列
  • 送信タイミング:
    チャプター終了
  • 最小のSDK バージョン: 1.3
  • 値の例:
     TRUE
  • 説明:
    完了したチャプターの数。 重要:  このイベントを設定すると、値は TRUE のみになります。このイベントを設定しない場合は、値が送信されません。
  • Adobe Analytics:
    (a.media.chapter.
    complete)
  • ハートビート:
    (s:event:
    type=chapter_complete)
  • 利用可能:
  • 予約変数:
    イベント
  • レポート名:
    チャプター完了
  • コンテキストデータ:
    (a.media.chapter.
    complete)
  • データフィード:
    なし
  • Audience Manager:
    (c_contextdata.
    a.media.chapter.
    complete)

チャプター閲覧時間

  実装  
ネットワークパラメーター
レポート
  • SDK キー:
    自動設定
  • API キー:
    なし
  • 必須:
    はい
  • 型:
    数値
  • 送信タイミング:
    チャプター終了
  • 最小のSDK バージョン: 1.3
  • 値の例:
     
  • 説明:
    チャプターの閲覧時間。Analysis Workspace と Reports & Analytics では、値は時刻形式(HH:MM:SS)で表示されます。データフィード、Data Warehouse およびレポート API では、値は秒単位で表示されます。
    リリース日:2018 年 9 月 14 日
  • Adobe Analytics:
    (a.media.chapter.
    timePlayed)
  • ハートビート:
  • 利用可能:
  • 予約変数:
    イベント
  • レポート名:
    チャプター閲覧時間
  • コンテキストデータ:
    (a.media.chapter.
    timePlayed)
  • データフィード:
    なし
  • Audience Manager:
    (c_contextdata.
    a.media.chapter.
    timePlayed)