Show Menu
TOPICS×

プレーヤーステートパラメーター

このトピックでは、ソリューション変数を介してアドビが収集するプレーヤーステートデータのリストを紹介します。
表のデータの説明は次のとおりです。
  • 実装:
    ​実装に関する値と要件の詳細。
    • キー
      - 変数。アプリで手動で設定するか、Adobe Media SDK によって自動的に設定されます。
    • 必須
       - 基本的なビデオトラッキングでパラメーターが必須かどうかを表します。
    • - 設定する変数の型(文字列または数値)を表します。
    • 送信タイミング
      - データが送信されるタイミング。
      メディア開始
      ​の場合はメディアの開始時に分析の呼び出しが送信され、
      広告開始
      ​の場合は広告の開始時に分析の呼び出しが送信されます。
      終了
      ​の場合は、メディアセッションや広告、チャプターなどの終了時に、コンパイル済みの分析の呼び出しがハートビートサーバーから分析サーバーに直接送信されます。終了の呼び出しは、ネットワークパケットの呼び出しでは利用できません。
    • 最小のSDK のバージョン
      - パラメーターにアクセスするのに必要な SDK のバージョン。
    • 値の例
       - 変数の一般的な利用方法の例。
  • ネットワークパラメーター:
    Adobe Analytics またはハートビートサーバーに渡される値。この列には、Adobe Media SDK によって生成されるネットワーク呼び出しに含まれるパラメーターの名前が示されています。
  • レポート:
    ​ビデオデータの確認方法と分析方法に関する詳細。
    • 利用可能
      - デフォルトでもデータをレポートで確認できる場合は​
      、カスタム設定が必要な場合は​
      カスタム
    • 予約変数
       - 予約変数で取得されるデータの形式(イベント、eVar、prop または分類)。
    • レポート名
       - Adobe Aanlytics の変数のレポート名。
    • コンテキストデータ
       - レポートサーバーに渡され、処理ルールで使用される Adobe Analytics のコンテキストデータの名前。
    • データフィード
       - クリックストリームまたはライブストリームデータフィード内の変数の列の名前。
    • Audience Manager:
       - Adobe Audience Manager 内の特性名。
以下にリストされている変数で、レポート/予約変数に「分類」と説明されている変数の分類名を変更しないでください。 メディア分類は、レポートスイートでメディアトラッキングが有効にされる際に定義されます。アドビは新しいプロパティを追加することがありますが、その場合、新しいメディアプロパティにアクセスするには、レポートスイートを再有効化する必要があります。更新処理の際に、アドビは、変数の名前をチェックすることで、分類が有効にされているかどうかを判別します。見つからない変数名がある場合、アドビは、分類を再追加します。

プレーヤーステートプロパティ

プレーヤーステートトラッキング機能は、オーディオまたはビデオストリームにアタッチできます。標準化されたプレーヤーステートトラッキング指標は、ソリューション変数として保存されます。標準のステートは、フルスクリーン、ミュート、クローズドキャプション、ピクチャーインピクチャー、フォーカス設定です。

フルスクリーンプロパティ

全画面表示の影響を受けたストリーム

  実装  
ネットワークパラメーター
レポート
  • SDK キー​
    自動設定
  • API キー​
    なし
  • 必須​
    いいえ
  • 型​
    数値
  • 送信タイミング​
    メディアの終了
  • 最小のSDK のバージョン​
    3.0
  • 値の例​
     TRUE
  • 説明​
    フルスクリーンの影響を受けたストリームの数。この指標は、再生セッション中にフルスクリーンステートが 1 回以上発生した場合にのみ、1 に設定されます。
    重要
    このイベントを設定すると、値は TRUE のみになります。このイベントを設定しない場合は、値が送信されません。
  • Adobe Analytics:
    a.media.states.fullscreen.set
  • ハートビート​
    該当なし
  • 利用可能:
  • 予約変数:
    イベント
  • レポート名​
    フルスクリーンの影響を受けたストリーム
  • コンテキストデータ​
    a.media.states.fullscreen.set
  • データフィード​
    videostatefullscreen
  • Audience Manager:
    c_contextdata.a.media.states.fullscreen.set

フルスクリーンの回数

  実装  
ネットワークパラメーター
レポート
  • SDK キー​
    自動設定
  • API キー​
    なし
  • 必須​
    いいえ
  • 型​
    数値
  • 送信タイミング​
    メディアの終了
  • 最小のSDK のバージョン​
    3.0
  • 値の例​
     TRUE
  • 説明​
    フルスクリーンが表示された回数。この指標は、再生セッション中にフルスクリーンステートが 1 回以上発生した場合にのみ、1 に設定されます。
    重要​
    :このイベントを設定した場合、カウントは、ビデオがフルスクリーンステートだった回数と等しくなります。このイベントを設定しない場合は、値が送信されません。
  • Adobe Analytics:
    a.media.states.fullscreen.count
  • ハートビート​
    該当なし
  • 利用可能:
  • 予約変数:
    イベント
  • レポート名​
    フルスクリーンの回数
  • コンテキストデータ​
    a.media.states.fullscreen.count
  • データフィード​
    videostatefullscreencount
  • Audience Manager:
    c_contextdata.media.states.fullscreen.count

全画面表示時間合計

  実装  
ネットワークパラメーター
レポート
  • SDK キー​
    自動設定
  • API キー​
    なし
  • 必須​
    いいえ
  • 型​
    数値
  • 送信タイミング​
    メディアの終了
  • 最小のSDK のバージョン​
    3.0
  • 値の例​
     TRUE
  • 説明​
    フルスクリーンが表示された時間の長さ。この指標は、再生セッション中にフルスクリーンステートが 1 回以上発生した場合にのみ、1 に設定されます。
    重要​
    :このイベントを設定した場合、時間はビデオがフルスクリーンステートだった期間と等しくなります。このイベントを設定しない場合は、値が送信されません。
  • Adobe Analytics:
    a.media.states.fullscreen.time
  • ハートビート​
    該当なし
  • 利用可能:
  • 予約変数:
    イベント
  • レポート名​
    フルスクリーンの時間合計
  • コンテキストデータ​
    a.media.states.fullscreen.time
  • データフィード​
    videostatefullscreentime
  • Audience Manager:
    c_contextdata.media.states.fullscreen.time

クローズドキャプションのプロパティ

クローズドキャプションの影響を受けたストリーム

  実装  
ネットワークパラメーター
レポート
  • SDK キー​
    自動設定
  • API キー​
    なし
  • 必須​
    いいえ
  • 型​
    数値
  • 送信タイミング​
    メディアの終了
  • 最小のSDK のバージョン​
    3.0
  • 値の例​
     TRUE
  • 説明​
    クローズドキャプションの影響を受けたストリームの数。この指標は、再生セッション中にクローズドキャプションステートが 1 回以上発生した場合にのみ、1 に設定されます。
    重要
    このイベントを設定すると、値は TRUE のみになります。このイベントを設定しない場合は、値が送信されません。
  • Adobe Analytics:
    a.media.states.closedcaptioning.set
  • ハートビート​
    該当なし
  • 利用可能:
  • 予約変数:
    イベント
  • レポート名​
    クローズドキャプションの影響を受けたストリーム
  • コンテキストデータ​
    a.media.states.closedcaptioning.set
  • データフィード​
    videostateclosedcaptioning
  • Audience Manager:
    c_contextdata.a.media.states.closedcaptioning.set

クローズドキャプションの回数

  実装  
ネットワークパラメーター
レポート
  • SDK キー​
    自動設定
  • API キー​
    なし
  • 必須​
    いいえ
  • 型​
    数値
  • 送信タイミング​
    メディアの終了
  • 最小のSDK のバージョン​
    3.0
  • 値の例​
     TRUE
  • 説明​
    クローズドキャプションが表示された回数。この指標は、再生セッション中にクローズドキャプションステートが 1 回以上発生した場合にのみ、1 に設定されます。
    重要​
    このイベントを設定した場合、カウントは、ビデオがクローズドキャプションステートだった回数と等しくなります。このイベントを設定しない場合は、値が送信されません。
  • Adobe Analytics:
    C19
  • ハートビート​
    該当なし
  • 利用可能:
  • 予約変数:
    イベント
  • レポート名​
    クローズドキャプションの回数
  • コンテキストデータ​
    a.media.states.closedcaptioning.count
  • データフィード​
    videostateclosedcaptioningcount
  • Audience Manager:
    c_contextdata.media.states.closedcaptioning.count

クローズドキャプション時間合計

  実装  
ネットワークパラメーター
レポート
  • SDK キー​
    自動設定
  • API キー​
    なし
  • 必須​
    いいえ
  • 型​
    数値
  • 送信タイミング​
    メディアの終了
  • 最小のSDK のバージョン​
    3.0
  • 値の例​
     TRUE
  • 説明​
    クローズドキャプションが表示された時間の長さ。この指標は、再生セッション中にフルスクリーンステートが 1 回以上発生した場合にのみ、1 に設定されます。
    重要​
    :このイベントを設定した場合、時間は、ビデオがクローズドキャプションステートであった期間と等しくなります。このイベントを設定しない場合は、値が送信されません。
  • Adobe Analytics:
    a.media.states.closedcaptioning.time
  • ハートビート​
    該当なし
  • 利用可能:
  • 予約変数:
    イベント
  • レポート名​
    クローズドキャプションの時間合計
  • コンテキストデータ​
    a.media.states.closedcaptioning.time
  • データフィード​
    videostateclosedcaptioningtime
  • Audience Manager:
    c_contextdata.media.states.closedcaptioning.time

ミュートのプロパティ

ミュートの影響を受けたストリーム

  実装  
ネットワークパラメーター
レポート
  • SDK キー​
    自動設定
  • API キー​
    なし
  • 必須​
    いいえ
  • 型​
    数値
  • 送信タイミング​
    メディアの終了
  • 最小のSDK のバージョン​
    3.0
  • 値の例​
     TRUE
  • 説明:
    ミュートの影響を受けたストリームの数。この指標は、再生セッション中にミュートステートが 1 回以上発生した場合にのみ、1 に設定されます。
    重要
    このイベントを設定すると、値は TRUE のみになります。このイベントを設定しない場合は、値が送信されません。
  • Adobe Analytics:
    a.media.states.mute.set
  • ハートビート​
    該当なし
  • 利用可能:
  • 予約変数:
    イベント
  • レポート名​
    ミュートの影響を受けたストリーム
  • コンテキストデータ​
    a.media.states.mute.set
  • データフィード​
    videostatemute
  • Audience Manager:
    c_contextdata.a.media.states.mute.set

ミュートの回数

  実装  
ネットワークパラメーター
レポート
  • SDK キー​
    自動設定
  • API キー​
    なし
  • 必須​
    いいえ
  • 型​
    数値
  • 送信タイミング​
    メディアの終了
  • 最小のSDK のバージョン​
    3.0
  • 値の例​
     TRUE
  • 説明​
    ミュートが表示された回数。この指標は、再生セッション中にミュートステートが 1 回以上発生した場合にのみ、1 に設定されます。
    重要​
    :このイベントを設定した場合、カウントは、ビデオがミュートステートだった回数と等しくなります。このイベントを設定しない場合は、値が送信されません。
  • Adobe Analytics:
    a.media.states.mute.count
  • ハートビート​
    該当なし
  • 利用可能:
  • 予約変数:
    イベント
  • レポート名​
    ミュートの回数
  • コンテキストデータ​
    a.media.states.mute.count
  • データフィード​
    videostatemutecount
  • Audience Manager:
    c_contextdata.media.states.mute.count

ミュート時間合計

  実装  
ネットワークパラメーター
レポート
  • SDK キー​
    自動設定
  • API キー​
    なし
  • 必須​
    いいえ
  • 型​
    数値
  • 送信タイミング​
    メディアの終了
  • 最小のSDK のバージョン​
    3.0
  • 値の例​
     TRUE
  • 説明​
    ミュートが表示された時間の長さ。この指標は、再生セッション中にミュートステートが 1 回以上発生した場合にのみ、1 に設定されます。
    重要​
    :このイベントを設定した場合、時間はビデオがミュートステートにあった期間と等しくなります。このイベントを設定しない場合は、値が送信されません。
  • Adobe Analytics:
    a.media.states.mute.time
  • ハートビート​
    該当なし
  • 利用可能:
  • 予約変数:
    イベント
  • レポート名​
    ミュートの合計期間
  • コンテキストデータ​
    a.media.states.mute.time
  • データフィード​
    videostatemutetime
  • Audience Manager:
    c_contextdata.media.states.mute.time

ピクチャーインピクチャーのプロパティ

ピクチャーインピクチャーの影響を受けたストリーム

  実装  
ネットワークパラメーター
レポート
  • SDK キー​
    自動設定
  • API キー​
    なし
  • 必須​
    いいえ
  • 型​
    数値
  • 送信タイミング​
    メディアの終了
  • 最小のSDK のバージョン​
    3.0
  • 値の例​
     TRUE
  • 説明:
    ピクチャーインピクチャーの影響を受けたストリームの数。この指標は、再生セッション中にピクチャーインピクチャー設定ステートが 1 回以上発生した場合にのみ、1 に設定されます。
    重要
    このイベントを設定すると、値は TRUE のみになります。このイベントを設定しない場合は、値が送信されません。
  • Adobe Analytics:
    a.media.states.pictureinpicture.set
  • ハートビート​
    該当なし
  • 利用可能:
  • 予約変数:
    イベント
  • レポート名​
    ピクチャーインピクチャーの影響を受けたストリーム
  • コンテキストデータ​
    a.media.states.pictureinpicture.set
  • データフィード​
    videostatepictureinpicture
  • Audience Manager:
    c_contextdata.a.media.states.pictureinpicture.set

ピクチャーインピクチャーの回数

  実装  
ネットワークパラメーター
レポート
  • SDK キー​
    自動設定
  • API キー​
    なし
  • 必須​
    いいえ
  • 型​
    数値
  • 送信タイミング​
    メディアの終了
  • 最小のSDK のバージョン​
    3.0
  • 値の例​
     TRUE
  • 説明​
    ピクチャーインピクチャーが表示された回数。この指標は、再生セッション中にピクチャーインピクチャー設定ステートが 1 回以上発生した場合にのみ、1 に設定されます。
    重要
    このイベントを設定した場合、カウントは、ビデオがピクチャインピクチャステートだった回数と等しくなります。このイベントを設定しない場合は、値が送信されません。
  • Adobe Analytics:
    a.media.states.pictureinpicture.count
  • ハートビート​
    該当なし
  • 利用可能:
  • 予約変数:
    イベント
  • レポート名​
    ピクチャーインピクチャーの回数
  • コンテキストデータ​
    a.media.states.pictureinpicture.count
  • データフィード​
    videostatepictureinpicturecount
  • Audience Manager:
    c_contextdata.media.states.pictureinpicture.count

ピクチャーインピクチャーの時間合計

  実装  
ネットワークパラメーター
レポート
  • SDK キー​
    自動設定
  • API キー​
    なし
  • 必須​
    いいえ
  • 型​
    数値
  • 送信タイミング​
    メディアの終了
  • 最小のSDK のバージョン​
    3.0
  • 値の例​
     TRUE
  • 説明​
    ピクチャーインピクチャーが表示された時間の長さ。この指標は、再生セッション中にピクチャーインピクチャー設定ステートが 1 回以上発生した場合にのみ、1 に設定されます。
    重要
    このイベントを設定した場合、時間は、ビデオがピクチャインピクチャステートにあった期間と等しくなります。このイベントを設定しない場合は、値が送信されません。
  • Adobe Analytics:
    a.media.states.pictureinpicture.time
  • ハートビート​
    該当なし
  • 利用可能:
  • 予約変数:
    イベント
  • レポート名​
    ピクチャーインピクチャーの時間合計
  • コンテキストデータ​
    a.media.states.pictureinpicture.time
  • データフィード​
    videostatepictureinpicturetime
  • Audience Manager:
    c_contextdata.media.states.pictureinpicture.time

フォーカス設定のプロパティ

フォーカス設定の影響を受けたストリーム

  実装  
ネットワークパラメーター
レポート
  • SDK キー​
    自動設定
  • API キー​
    なし
  • 必須​
    いいえ
  • 型​
    数値
  • 送信タイミング​
    メディアの終了
  • 最小のSDK のバージョン​
    3.0
  • 値の例​
     TRUE
  • 説明:
    フォーカス設定の影響を受けたストリームの数。この指標は、再生セッション中にフォーカス設定ステートが 1 回以上発生した場合にのみ、1 に設定されます。
    重要
    このイベントを設定すると、値は TRUE のみになります。このイベントを設定しない場合は、値が送信されません。
  • Adobe Analytics:
    a.media.states.infocus.set
  • ハートビート​
    該当なし
  • 利用可能:
  • 予約変数:
    イベント
  • レポート名​
    フォーカス設定の影響を受けたストリーム
  • コンテキストデータ​
    a.media.states.infocus.set
  • データフィード​
    videostateinfocus
  • Audience Manager:
    c_contextdata.a.media.states.infocus.set

フォーカス設定回数

  実装  
ネットワークパラメーター
レポート
  • SDK キー​
    自動設定
  • API キー​
    なし
  • 必須​
    いいえ
  • 型​
    数値
  • 送信タイミング​
    メディアの終了
  • 最小のSDK のバージョン​
    3.0
  • 値の例​
     TRUE
  • 説明​
    フォーカス設定が表示された回数。この指標は、再生セッション中にフォーカス設定ステートが 1 回以上発生した場合にのみ、1 に設定されます。
    重要​
    このイベントを設定した場合、カウントは、ビデオがフォーカス設定ステートだった回数と等しくなります。このイベントを設定しない場合は、値が送信されません。
  • Adobe Analytics:
    a.media.states.infocus.count
  • ハートビート​
    該当なし
  • 利用可能:
  • 予約変数:
    イベント
  • レポート名​
    フォーカス設定の回数
  • コンテキストデータ​
    a.media.states.infocus.count
  • データフィード​
    videostateinfocuscount
  • Audience Manager:
    c_contextdata.media.states.infocus.count

フォーカス設定時間合計

  実装  
ネットワークパラメーター
レポート
  • SDK キー​
    自動設定
  • API キー​
    なし
  • 必須​
    いいえ
  • 型​
    数値
  • 送信タイミング​
    メディアの終了
  • 最小のSDK のバージョン​
    3.0
  • 値の例​
     TRUE
  • 説明​
    フォーカス設定が表示された時間の長さ。この指標は、再生セッション中にフォーカス設定ステートが 1 回以上発生した場合にのみ、1 に設定されます。
    重要
    このイベントを設定した場合、時間はビデオがフォーカス設定ステートにあった期間と等しくなります。このイベントを設定しない場合は、値が送信されません。
  • Adobe Analytics:
    a.media.states.infocus.time
  • ハートビート​
    該当なし
  • 利用可能:
  • 予約変数:
    イベント
  • レポート名​
    フォーカス設定の時間合計
  • コンテキストデータ​
    a.media.states.infocus.time
  • データフィード​
    videostateinfocustime
  • Audience Manager:
    c_contextdata.media.states.infocus.time

XDM ID のプロパティリスト

Analytics に保存されたデータはどのような目的でも使用でき、プレーヤーステート指標は XDM を使用して Adobe Experience Platform に読み込み、Customer Journey Analytics で使用することができます。
プレーヤーステートのプロパティ
マッピング
a.media.states.fullScreen.set
media.mediaTimed.primaryAssetViewDetails.fullScreen.playerStateSet
a.media.states.fullScreen.count
media.mediaTimed.primaryAssetViewDetails.fullScreen.playerStateCount
a.media.states.fullScreen.time
media.mediaTimed.primaryAssetViewDetails.fullScreen.playerStateTime
a.media.states.mute.set
media.mediaTimed.primaryAssetViewDetails.mute.playerStateSet
a.media.states.mute.count
media.mediaTimed.primaryAssetViewDetails.mute.playerStateCount
a.media.states.mute.time
media.mediaTimed.primaryAssetViewDetails.mute.playerStateTime
a.media.states.closeCaption.set
media.mediaTimed.primaryAssetViewDetails.closeCaption.playerStateSet
a.media.states.closeCaption.count
media.mediaTimed.primaryAssetViewDetails.closeCaption.playerStateCount
a.media.states.closeCaption.time
media.mediaTimed.primaryAssetViewDetails.closeCaption.playerStateTime
a.media.states.pictureInPicture.set
media.mediaTimed.primaryAssetViewDetails.pictureInPicture.playerStateSet
a.media.states.pictureInPicture.count
media.mediaTimed.primaryAssetViewDetails.pictureInPicture.playerStateCount
a.media.states.pictureInPicture.time
media.mediaTimed.primaryAssetViewDetails.pictureInPicture.playerStateTime
a.media.states.inFocus.set
media.mediaTimed.primaryAssetViewDetails.inFocus.playerStateSet
a.media.states.inFocus.count
media.mediaTimed.primaryAssetViewDetails.inFocus.playerStateCount
a.media.states.inFocus.time
media.mediaTimed.primaryAssetViewDetails.inFocus.playerStateTime