Show Menu
TOPICS×

概要

以下の手順は、SDK 2.x を使用した実装についてのガイダンスです。1.x バージョンの SDK を実装する場合は、1.x の開発ガイドをこちら( SDK のダウンロード )からダウンロードできます。
広告再生には、広告ブレーク、広告開始、広告完了、広告スキップの追跡が含まれます。メディアプレーヤーの API を使用して、重要なプレーヤーイベントを識別したり、必須およびオプションの広告変数を設定したりできます。メタデータの包括的なリストについては、 広告パラメーター を参照してください。

プレーヤーイベント

広告ブレークの開始時

プリロールを含みます
  • 広告ブレークの
    adBreak
    オブジェクトインスタンスを作成します。例:
    adBreakObject
  • adBreakObject
    を使用して、広告ブレーク開始の
    trackEvent
    を呼び出します。

すべての広告アセットの開始時

  • 広告アセットの広告オブジェクトインスタンスを作成します。例:
    adObject
  • 広告のメタデータ
    adCustomMetadata
    を設定します。
  • 広告開始の
    trackEvent
    を呼び出します。

すべての広告の完了時

  • 広告完了の
    trackEvent
    を呼び出します。

広告スキップ時

  • 広告スキップの
    trackEvent
    を呼び出します。

広告ブレークの完了時

  • ブレーク完了の
    trackEvent
    を呼び出します。

広告トラッキングの実装

広告トラッキングの定数

定数名
説明  
AdBreakStart
追跡する AdBreak Start イベントの定数
AdBreakComplete
追跡する AdBreak Complete イベントの定数
AdStart
追跡する Ad Start イベントの定数
AdComplete
追跡する Ad Complete イベントの定数
AdSkip
追跡する Ad Skip イベントの定数

実装手順

  1. プリロールを含め、いつ広告ブレークの境界が開始するかを識別し、広告ブレーク情報を使用して
    AdBreakObject
    を作成します。
    AdBreakObject
    リファレンス:
    変数名
    説明
    必須
    name
    プリロール、ミッドロール、ポストロールなど、広告ブレークの名前
    position
    コンテンツ内の広告ブレークの位置番号(1 から始まる)。
    startTime
    広告ブレーク開始時の再生ヘッド値
  2. MediaHeartbeat
    インスタンスの
    AdBreakStart
    trackEvent()
    を呼び出し、広告ブレークの追跡を開始します。
  3. いつ広告が開始するかを識別し、広告情報を使用して
    AdObject
    インスタンスを作成します。
    AdObject
    リファレンス:
    変数名
    説明
    必須
    name
    広告のわかりやすい名前.
    adId
    広告の一意の識別子。
    position
    広告ブレーク内の広告の位置番号(1 から始まる)。
    length
    広告の長さ
  4. オプションで、コンテキストデータ変数を使用して標準または広告メタデータをトラッキングセッションにアタッチします。
    • 標準広告メタデータ
      - 標準広告メタデータの場合、ご利用のプラットフォームのキーを使用して、標準広告メタデータのキーと値のペアのディクショナリを作成します。
    • カスタムの広告メタデータ
      - カスタムのメタデータの場合は、カスタムデータ変数の変数オブジェクトを作成し、現在の広告のデータを設定します。
  5. MediaHeartbeat
    インスタンスの
    AdStart
    イベントで
    trackEvent()
    を呼び出し、広告再生の追跡を開始します。
    カスタムメタデータ変数(または空のオブジェクト)への参照を、イベント呼び出しの 3 番目のパラメーターとして追加します。
  6. 広告の再生が広告の終わりに到達したら、
    AdComplete
    イベントで
    trackEvent()
    を呼び出します。
  7. ユーザーが広告のスキップを選択したので広告再生が完了しなかった場合は、
    AdSkip
    イベントを追跡します。
  8. 同じ
    AdBreak
    にその他の広告がある場合、手順 3 ~ 7 を繰り返します。
  9. 広告ブレークが完了したら、
    AdBreakComplete
    イベントを使用して追跡します。
広告の再生(
s:asset:type=ad
)中、コンテンツプレーヤーの再生ヘッド(
l:event:playhead
)を増分しないでください。増分すると、コンテンツ視聴時間指標に悪影響をおよぼします。
以下のサンプルコードでは、HTML5 メディアプレーヤー用の JavaScript 2.x SDK を使用しています。
/* Call on ad break start */ if (e.type == "ad break start") { var adBreakObject = MediaHeartbeat.createAdBreakObject("mid-roll", 2, 500); this.mediaHeartbeat.trackEvent(MediaHeartbeat.Event.AdBreakStart, adBreakObject); }; /* Call on ad start */ if (e.type == "ad start") { var adObject = MediaHeartbeat.createAdObject("PepsiOne", "123456ab", 1, 30); /* Set custom context data */ var adCustomMetadata = { affiliate:"Sample affiliate", campaign:"Sample ad campaign", creative:"Sample creative" } this.mediaHeartbeat.trackEvent(MediaHeartbeat.Event.AdStart, adObject, adCustomMetadata); }; /* Call on ad complete */ if (e.type == "ad complete") { this.mediaHeartbeat.trackEvent(MediaHeartbeat.Event.AdComplete); }; /* Call on ad skip */ if (e.type == "ad skip") { this.mediaHeartbeat.trackEvent(MediaHeartbeat.Event.AdSkip); }; /* Call on ad break complete */ if (e.type == "ad break complete") { this.mediaHeartbeat.trackEvent(MediaHeartbeat.Event.AdBreakComplete); };