Show Menu
TOPICS×

iOS での Quality of Experience の追跡

以下の手順は、すべての 2.x SDK に共通する実装のガイダンスです。1.x バージョンの SDK を実装する場合は、1.x の開発ガイドをこちら( SDK のダウンロード )からダウンロードできます。

QoS の実装

  1. メディアの再生中にいつビットレートが変更されるかを識別し、QoS 情報を使用して
    MediaObject
    インスタンスを作成します。
    QoSObject 変数:
    変数
    説明
    必須
    bitrate
    現在のビットレート
    startupTime
    起動時間
    fps
    FPS の値
    droppedFrames
    ドロップフレームの数
    これらの変数は、QoS を追跡する場合にのみ必要です。
    QoS オブジェクトの作成:
    id qosObject = [ADBMediaHeartbeat createQoSObjectWithBitrate:[BITRATE] startupTime:[STARTUP_TIME] fps:[FPS] droppedFrames:[DROPPED_FRAMES]];
  2. getQoSObject
    メソッドで、最新の QoS 情報が返されるようにします。
  3. 再生中にビットレートが切り替わったときに、メディアハートビートインスタンスで
    BitrateChange
    イベントを呼び出します。
    - (void)onBitrateChange:(NSNotification *)notification { [_mediaHeartbeat trackEvent:ADBMediaHeartbeatEventBitrateChange mediaObject:nil data:nil]; }
    ビットレートが変更されるたびに、QoS オブジェクトを更新し、ビットレート変更イベントを呼び出します。これにより、最も正確な QoS データを取得できます。