Show Menu
TOPICS×

概要

以下の手順は、すべての 2.x SDK に共通する実装のガイダンスです。1.x バージョンの SDK を実装する場合は、1.x の開発ガイドをこちら( SDK のダウンロード )からダウンロードできます。
Quality of Experience の追跡には、サービス品質(QoS)およびエラー追跡が含まれますが、どちらもオプションの要素で、コアメディアトラッキングの実装には​
不要
​です。メディアプレーヤー API を使用して、QoS とエラーの追跡に関連する変数を識別できます。Quality of Experience を追跡するうえで重要な要素は次のとおりです。

プレーヤーイベント

QoS 指標の変更時:

再生の QoS オブジェクトインスタンスを作成または更新します。 QoS API リファレンス

すべてのビットレート変更イベント時

trackEvent(Media.Heartbeat.Event.BitrateChange);
を呼び出します

QoS の実装

  1. メディアの再生中にいつ QoS 指標が変更されるかを識別し、QoS 情報を使用して
    MediaObject
    を作成し、新しい QoS 情報を更新します。
    QoSObject 変数:
    これらの変数は、QoS を追跡する場合にのみ必要です。
    変数
    説明
    必須
    bitrate
    現在のビットレート
    startupTime
    起動時間
    fps
    FPS の値
    droppedFrames
    ドロップフレームの数
  2. getQoSObject()
    メソッドで、最新の QoS 情報が返されるようにします。
  3. 再生中にビットレートが切り替わったときに、メディアハートビートインスタンスで
    BitrateChange
    イベントを呼び出します。
    ビットレートが変更されるたびに、QoS オブジェクトを更新し、ビットレート変更イベントを呼び出します。これにより、最も正確な QoS データを取得できます。
以下のサンプルコードでは、HTML5 メディアプレーヤー用の JavaScript 2.x SDK を使用しています。このコードをコアメディア再生コードと共に使用する必要があります。
var mediaDelegate = new MediaHeartbeatDelegate(); ... // This is called periodically by MediaHeartbeat instance mediaDelegate.prototype.getQoSObject = function() { return this.qosInfo; }; if (e.type == "qos_update") { var qosInfo = MediaHeartbeat.createQoSObject(<BITRATE>,<STARTUP_TIME>,<FPS>,<DROPPED_FRAMES>); mediaDelegate.qosInfo = qosInfo; }; if (e.type == "bitrate_change") { this.mediaHeartbeat.trackEvent(MediaHeartbeat.Event.BitrateChange, qosObject); };