Show Menu
TOPICS×

サポートされるデバイスとプラットフォーム

2021 年 8 月 31 日にバージョン 4 のモバイル SDK のサポートが終了するのに伴い、iOS および Android 向けの Media Analytics SDK のサポートも終了します。詳しくは、 Media Analytics SDK のサポート終了に関する FAQ を参照してください。
Adobe Analytics for Audio and Video は、次の主要デバイスをすべてサポートしています。
  • iOS および Android のスマートフォンおよびタブレット
  • ROKU、Apple TV、FireTV、Android TV の OTT デバイス
  • デスクトップおよびラップトップの JavaScript ブラウザー
このメディア SDK はデバイスの新バージョンのリリースに合わせて定期的にアップデートされ、Brightcove や Ooyala など、現在の主要メディアプレーヤーと統合できます。
SDK が現在サポートされていないデバイスやプラットフォーム、または SDK を使用したくない状況では、Media Collection API を実装できます。メディアコレクション API を使用すると、デバイスまたはプラットフォームから Media Analytics バックエンドに直接 RESTful API 呼び出しをおこなうことができます。
現在サポートされているデバイスとプラットフォームの表を次に示します。この SDK の最新バージョンをダウンロードするには、 SDK のダウンロード を参照してください。デバイスが一覧にない場合は、そのデバイスのステータスについて、カスタマーケアまたはソリューションコンサルタントにお問い合わせください。
ストリーミングプラットフォームとデバイス
AEP SDK を含むメディア Launch 拡張機能
メディア SDK
メディアコレクション API
Web/モバイル Web
JavaScript ブラウザー
   
モバイルアプリ
iOS デバイス
1
Android デバイス
1
Windows デバイス
OTT
Apple TV(tvOS)
1
ROKU
   
(BrightScript)
(ネイティブ)
Fire TV(Fire OS)
1
Android TV
1
Chromecast
   
ゲームコンソール(Xbox ONE、ソニー PS3/PS4 など)
トップボックスの設定(Xfinity X1 など)
スマート TV(Samsung、LG、Sony、Vizio など)
   
(Web ベース)
その他
新しい接続デバイス
  1. 次の SDK のサポートは 2021 年 8 月 31 日に終了します。詳しくは、 Media Analytics SDK のサポート終了に関する FAQ を参照してください。
各 SDK でサポートされる最小プラットフォームバージョンについて詳しくは、 サポートされる最小プラットフォームバージョン を参照してください。