Show Menu
トピック×

アプリの状態の追跡

状態とは、アプリケーションの様々な画面またはビューのことです。
アプリケーションで新しい状態が表示されるたびに(例えば、ユーザーがホームページからニュースフィードに移動する場合)、 trackState 呼び出しが送信されます。Android では通常、 trackState は、新しいアクティビティが読み込まれるたびに呼び出されます。

状態の追跡

  1. ライブラリをプロジェクトに追加し、ライフサイクルを実装します。
    詳しくは、 コア実装とライフサイクル の「 IntelliJ IDEA または Eclipse プロジェクトへの SDK と設定ファイルの追加 」を参照してください。
  2. ライブラリをインポートします。
    import com.adobe.mobile.*;
    
    
  3. onCreate 関数で、 trackState を呼び出して、この状態ビューのヒットを送信します。
    @Override 
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) { 
        super.onCreate(savedInstanceState); 
        setContentView(R.layout.main); 
    
        // Adobe - track when this state loads 
        Analytics.trackState("State Name", null); 
    }
    
    
"State Name" 」は、Adobe Mobile Services の View State 変数でレポートされます。また、ビューは、 trackState 呼び出しごとに記録されます。その他の Analytics インターフェイスでは、 View State Page Name としてレポートされ、 state views page views としてレポートされます。

追加データの送信

"State Name" に加えて、各アクション追跡呼び出しを使用して追加のコンテキストデータを送信することができます。
@Override 
public void onCreate(Bundle savedInstanceState) { 
    super.onCreate(savedInstanceState); 
    setContentView(R.layout.main); 
  
    // Adobe - track when this state loads 
    HashMap<String, Object> exampleContextData = new HashMap<String, Object>(); 
    exampleContextData.put("myapp.login.LoginStatus", "logged in"); 
    Analytics.trackState("Home Screen", exampleContextData); 
}

コンテキストデータ値は、Adobe Mobile Services のカスタム変数にマッピングする必要があります。

アプリの状態のレポート

状態を確認するには、通常、パスレポートを使用します。このレポートでは、ユーザーがアプリ内をどのように移動したかや、最も頻繁に表示されたのはどの状態であるかがわかります。
Adobe Mobile Services
画面遷移 ​レポート。このレポートは、ユーザーがアプリケーション内でたどったパスに基づきます。パスの例: ホーム 設定 フィード
Adobe Analytics
状態は、 ページ ​レポート、 ページビュー数 ​レポート、 パス ​レポートなど、ページを確認できる場所であればどこでも確認できます。
ad hoc analysis
状態は、 ページ ​ディメンション、 ページビュー数 ​指標、 パス ​レポートを使用してページを確認できる場所であればどこでも確認できます。