Show Menu
トピック×

Audience Manager メソッド

Android ライブラリによって提供される Audience Manager メソッドのリストを示します。
SDK は現在、Analytics、Target、Audience Manager、Adobe Experience Platform ID サービスなど、複数の Adobe Experience Cloud ソリューションをサポートしています。これらのメソッドには、ソリューションに応じたプレフィックスが付けられています。例えば、Experience Cloud ID メソッドのプレフィックスは、 audience manager です。
Audience Manager が JSON ファイルに設定されている場合、ライフサイクル指標を含むシグナルがライフサイクルヒットと共に送信されます。
  • getVisitorProfile
    最後に取得した訪問者プロファイルを返します。シグナルが送信されていない場合は null を返します。訪問者プロファイルは、次回以降のアプリ起動時も簡単にアクセスできるように、 SharedPreferences に保存されます。
    • このメソッドの構文を次に示します。
      public static HashMap<String, Object> getVisitorProfile(); 
      
      
    • このメソッドのコードサンプルを次に示します。
      HashMap<String, Object> visitorProfile = AudienceManager.getVisitorProfile(); 
      
      
  • getDpid
    現在の DPID を返します。
    • このメソッドの構文を次に示します。
      public static void getDpid(); 
      
      
    • このメソッドのコードサンプルを次に示します。
      String dpid = AudienceManager.getDpid(); 
      
      
  • getDpuuid
    現在の DPUUID を返します。
    • このメソッドの構文を次に示します。
      public static void getDpuuid(); 
      
      
    • このメソッドのコードサンプルを次に示します。
      String dpuuid = AudienceManager.getDpuuid(); 
      
      
  • setDpidAndDpuuid
    DPID と DPUUID を設定します。これらの値は各シグナルと共に送信されます。
    このメソッドに渡される DPUUID 値に URL セーフでない文字が含まれている場合、SDK に渡す前に、ユーザーはパラメーターをエンコードする必要があります。
    • このメソッドの構文を次に示します。
      public static void setDpidAndDpuuid(String dpid, String dpuuid); 
      
      
    • このメソッドのコードサンプルを次に示します。
      AudienceManager.setDpidAndDpuuid("myDpid", "myDpuuid"); 
      
      
  • signalWithData
    Audience Management に特性を持つシグナルを送信し、ブロックコールバックで返された一致するセグメントを取得します。
    • このメソッドの構文を次に示します。
      public static void signalWithData(Map<String, Object> data, AudienceManagerCallback<Map<String, Object>> callback);
      
      
    • このメソッドのコードサンプルを次に示します。
      HashMap Traits = new HashMap<String, Object>();
      aamTraits.put("trait", "b");
      AudienceManager.signalWithData(aamTraits, new AudienceManager.AudienceManagerCallback<Map<String, Object>> () {
        @Override
         public void call(Map<String, Object> item) { 
              // segments come back here normally found in the segs object of your json 
         }
      });