Show Menu
トピック×

Experience Cloud Device Co-op

Experience Cloud Device Co-op の使用を開始するには、アドビの担当者にお問い合わせください。
Experience Cloud Device Co-op に対してモバイルアプリを有効にするには、Experience Cloud Android SDK の以下の手順を実行します。
この機能には、Android SDK バージョン 4.8.3 以降が必要です。
SDK バージョン 4.16.1 以降の Device Co-op ユーザーは、Experience Cloud Device Co-op からモバイルデバイスのデータをオプトアウトできます。詳しくは、 ADBMobile JSON 設定 および visitorAPI.js isCoopSafe 向けの メソッドを参照してください。
  1. Adobe Mobile SDK を実装します。
    詳しくは、「 コア実装とライフサイクルい 」を参照してくださ。
  2. Experience Cloud ID を有効にします。
    詳しくは、「 Experience Cloud ID の設定 」を参照してください。
  3. いずれかの同期メソッドを使用して、認証済み ID(CRM ID やハッシュされた電子メールなど)を渡します。
    詳しくは、「 Adobe Experience Platform IDサービスのメソッド 」を参照してください。

coopUnsafe フラグ

以下に、 coopUnsafe フラグの追加情報を示します。
  • 最小 SDK バージョン:4.16.1
  • marketingCloud オブジェクトのブールプロパティが true に設定されると、デバイスが Experience Cloud の Device Co-op からオプトアウトします。
  • デフォルト値は false です。
  • この設定は、Device Co-op をプロビジョニングしたユーザー​ にのみ ​適用されます。
Device Co-op のユーザーで、この値を true に設定する必要がある場合は、Co-op グループに連絡して、お使いの Device Co-op アカウント上でブラックリストフラグをリクエストする必要があります。これらのフラグをセルフサービスで有効にする方法はありません。
次の情報に留意してください。
  • coopUnsafe coop_unsafe=1 に設定すると、常に Audience Manager および訪問者 ID ヒットに true が追加されます。
  • Audience Manager への Analytics サーバー側の転送を有効にすると、Analytics ヒットに coop_unsafe=1 も表示されます。