Show Menu
トピック×

プッシュメッセージのトラブルシューティング

この情報は、プッシュメッセージのトラブルシューティングに役立ちます。

プッシュメッセージの送信に遅延が生じることがある理由

Mobile Services のプッシュメッセージは、次のタイプの遅延を伴うことがあります。
  • Analytics のヒットの待機
    どのレポートスイートにも、受信する Analytics のヒットをいつ処理するかを決定する設定があります。デフォルトは 1 時間ごとです。Analytics のヒットの実際の処理にかかる時間は最大 30 分ですが、通常は 15 ~ 20 分です。例えば、1 時間ごとにヒットを処理するレポートスイートがあるとします。最大 30 分の処理時間を考慮に入れると、プッシュメッセージに対して受信ヒットが利用可能になるまでに最大 90 分かかる場合があります。あるユーザーがアプリを午前 9 時 1 分に起動した場合、ヒットが新しい一意のユーザーとして Mobile Services の UI に表示されるのは、午前 10 時 15 分~ 10 時 30 分になります。
  • プッシュサービスの待機
    プッシュサービス(APNS または FCM)は、メッセージを直ちに送信できないことがあります。まれではありますが、5 ~ 10 分の遅延が発生したことがあります。メッセージページでは、メッセージの​ 表示 ​リンクをクリックして、プッシュメッセージがプッシュサービスに送信されたことを確認できます。レポートでは、成功したプッシュサービスへの送信件数が​ 発行数 ​列に表示されます。
    プッシュサービスでは、メッセージが送信されることは保証されません。
    サービスの信頼性について詳しくは、適切なドキュメントを参照してください。

プッシュメッセージが途中で切れたり、展開されなかったりする理由

Android デバイスによっては、メッセージを表示するときに、 NotificationCompat.BigTextStyle を使用しなければならない場合があります。