Show Menu
トピック×

Lifecycle metrics

以下では、ライフサイクルの実装後にモバイルライブラリによって自動的に測定可能な指標およびディメンションと、ライフサイクルデータのトラブルシューティングに関するページへのリンクを示します。
詳しくは、ナレッジベースの ライフサイクルデータのトラブルシューティング を参照してください。

Lifecycle metrics and dimensions

設定された場合、ライフサイクル指標は、コンテキストデータパラメーターで Analytics に送信され、mbox 呼び出しのたびにパラメーターで Target に送信され、シグナルとして Audience Management に送信されます。Analytics および Target は同じ形式を使用しますが、Audience Management は、各指標に異なるプレフィックスを使用します。
Analyticsの場合、各ライフサイクル追跡呼び出しで送信されるコンテキストデータは、指標またはディメンションを使用して自動的に取得され、レポートされます。

指標

  • a.media.name
    インストール後または再インストール後の最初の実行時にトリガーされます。
    • Analytics context data/Target parameter: a.InstallEvent
    • Audience Manager signal: c_a_InstallEvent
  • アップグレード
    アップグレード後またはバージョン番号の変更時の最初の実行時にトリガーされます。
    • Analytics context data/Target parameter: a.UpgradeEvent
    • Audience Manager signal: c_a_UpgradeEvent
  • 日別関与ユーザー数
    特定の日にアプリケーションが使用された場合にトリガーされます。
    この指標は、Analytics指標に自動的には保存されません。 この指標を取得するためのカスタムイベントを設定する処理ルールを作成する必要があります。
    • Analytics context data/Target parameter: a.DailyEngUserEvent
    • Audience Manager signal: c_a_DailyEngUserEvent
  • 月別関与ユーザー数
    特定の月内にアプリケーションが使用された場合にトリガーされます。>>>>
    この指標は、Analytics指標に自動的には保存されません。 この指標を取得するためのカスタムイベントを設定する処理ルールを作成する必要があります。
    • Analytics context data/Target parameter: a.MonthlyEngUserEvent
    • Audience Manager signal: c_a_MonthlyEngUserEvent
  • 起動回数
    クラッシュおよびインストールを含め、実行のたびにトリガーされます。また、ライフサイクルセッションタイムアウトを超えた場合、バックグラウンドからの再開時にもトリガーされます。
    • Analytics context data/Target parameter: a.LaunchEvent
    • Audience Manager signal: c_a_LaunchEvent
  • クラッシュ
    アプリケーションが終了前にバックグラウンドにならなかった場合にトリガーされます。このイベントは、アプリケーションがクラッシュした後の起動時に送信されます。Adobe Mobile クラッシュレポートには、キャッチできないグローバルな例外ハンドラーは実装されていません。
    • Analytics context data/Target parameter: a.CrashEvent
    • Audience Manager signal: c_a_CrashEvent
  • 以前のセッションの長さ
    アプリケーションが開かれ、フォアグラウンドにあった時間に基づいて、以前のアプリケーションセッションが持続した秒数をレポートします。
    • Analytics context data/Target parameter: a.PrevSessionLength
    • Audience Manager signal: c_a_PrevSessionLength

ディメンション

  • インストール日
    インストール後の初回起動日。日付の形式はです MM/DD/YYYY
    • Analytics context data/Target parameter: a.InstallDate
    • Audience Manager signal: c_a_InstallDate
  • アプリ ID
    アプリケーションの名前とバージョンを次の形式で格納します。 [AppName] [BundleVersion] で確認します。
    例えば、 myapp 1.1 です。
    • Analytics context data/Target parameter: a.AppID
    • Audience Manager signal: c_a_AppID
  • 起動回数
    アプリケーションが起動したか、またはバックグラウンドから復帰した回数。
    • Analytics context data/Target parameter: a.Launches
    • Audience Manager signal: c_a_Launches
  • 初回使用からの日数
    初回実行時からの日数。
    • Analytics context data/Target parameter: a.DaysSinceFirstUse
    • Audience Manager signal: c_a_DaysSinceFirstUse
  • 前回使用からの日数
    前回使用時からの経過日数。
    • Analytics context data/Target parameter: a.DaysSinceLastUse
    • Audience Manager signal: c_a_DaysSinceLastUse
  • 時刻
    アプリが起動された時刻を測定します。この指標では 24 時間形式を使用し、ピーク使用時を調べるための時間分割に使用されます。
    • Analytics context data/Target parameter: a.HourOfDay
    • Audience Manager signal: c_a_HourOfDay
  • 曜日
    アプリが起動された週の曜日の数。
    • Analytics context data/Target parameter: a.DayOfWeek
    • Audience Manager signal: c_a_DayOfWeek
  • オペレーティングシステムのバージョン
    OS のバージョン.
    • Analytics context data/Target parameter: a.OSVersion
    • Audience Manager signal: c_a_OSVersion
  • 前回アップグレードからの日数
    アプリのバージョン番号が変更されてからの日数。
    この指標は、Analytics変数に自動的には保存されません。 レポート用にこの値を Analytics 変数にコピーする処理ルールを作成する必要があります。
    • Analytics context data/Target parameter: a.DaysSinceLastUpgrade
    • Audience Manager signal: c_a_DaysSinceLastUpgrade
  • 前回アップグレードからの起動回数
    アプリのバージョン番号が変更されてからの起動回数。
    この指標は、Analytics変数に自動的には保存されません。 レポート用にこの値を Analytics 変数にコピーする処理ルールを作成する必要があります。
    • Analytics context data/Target parameter: a.LaunchesSinceUpgrade
    • Audience Manager signal: c_a_LaunchesSinceUpgrade
  • デバイス名
    デバイス名が格納されます。
    • Analytics context data/Target parameter: a.DeviceName
    • Audience Manager signal: c_a_DeviceName
  • 通信事業者名
    デバイスによって提供された携帯キャリアの名前が格納されます。
    This metric is not automatically stored in an Analytics variable. レポート用にこの値を Analytics 変数にコピーする処理ルールを作成する必要があります。
    • Analytics context data/Target parameter: a.CarrierName
    • Audience Manager signal: c_a_CarrierName
  • 解像度
    実際のピクセル単位での幅 x 高さ。
    • Analytics context data/Target parameter: a.Resolution
    • Audience Manager signal: c_a_Resolution

Additional mobile metrics and dimensions

The following metrics and dimensions are captured in mobile solution variables by the listed method.
  • ロケーション (半径 10 km 以内)
    Populated by trackLocation methods.
    • Analyticsコンテキストデータ/Targetパラメーター:
      • a.loc.lat.a
      • a.loc.lon.a
    • Audience Managementの特徴:
      • c_a_loc_lat_a
      • c_a_loc_lon_a
  • ロケーション (半径 100 m 以内)
    Populated by trackLocation methods.
    • Analyticsコンテキストデータ/Targetパラメーター:
      • a.loc.lat.b
      • a.loc.lon.b
    • Audience Managementの特徴:
      • c_a_loc_lat_b
      • c_a_loc_lon_b
  • ロケーション (半径 1 m 以内)
    Populated by trackLocation methods.
    • Analyticsコンテキストデータ/Targetパラメーター:
      • a.loc.lat.c
      • a.loc.lon.c
    • Audience Management trait:
      • c_a_loc_lat_c
      • c_a_loc_lon_c
  • 目標点名
    デバイスが定義された POI 内にある場合に trackLocation メソッドによって設定されます。
    • Analytics context data/Target parameter:
      • a.loc.poi
    • Audience Managementの特徴:
      • c_a_loc_poi
  • 目標地点の中心までの距離
    デバイスが定義された POI 内にある場合に trackLocation メソッドによって設定されます。
    • Analyticsコンテキストデータ/Targetパラメーター:
      • a.loc.dist
    • Audience Managementの特徴:
      • c_a_loc_dist