Show Menu
トピック×

TVML/TVJS 対応の Adobe Target

.xml ファイルと直接置き換えることによって、TVML/TVJS アプリで Adobe Target を利用できます。カスタムの ADBTarget XML 要素を使用して、Target コンテンツで置き換えるページのエリアを指定します。
TVML ページで ADBTarget 要素を使用する前に、tvOS SDK を使用するように TVML/TVJS アプリを設定する必要があります。詳しくは、「 tvOS を使用した Apple TV 実装 」を参照してください。

はじめに

  1. Target ロケーションを使用する .xml ファイルを特定します。
  2. ADBTarget 要素を <document> 要素の子としてファイルに追加します。
  3. Target が Mbox ロケーションを見つけられなかったり、タイムアウトした場合は、 <ADBTarget> タグと </ADBTarget> タグの間の値がデフォルトコンテンツとして使用されます。

Target の Mbox の設定

Target から返されたコンテンツで、 <ADBTarget> </ADBTarget> の間のすべてのコンテンツ(両方の ADBTarget タグを含む)を置き換えます。
何を置き換えるかを適切に計画する必要があります。
ユースケースには、ラベルの文字列値を置き換えるくらいシンプルなものもあれば、ページ全体を置き換えるくらい複雑なものもあります。

ADBTarget 要素の設定

ADBTarget 要素内で、 mbox プロパティに Mbox 名を指定する必要があります。オプションで、カスタムプロパティを customParameterName="customParameterValue" 形式でリクエストに追加できます。
  • mbox
    Mbox ロケーション名。
    • プロパティタイプ:文字列
    • このプロパティが必要です。
  • id
    注文 ID。
    • プロパティタイプ:文字列
    • このプロパティは必須では​ ありません
  • total
    注文の合計。
    • プロパティタイプ:文字列
    • このプロパティは必須では​ ありません
  • purchasedProductIds
    この注文で購入する製品の ID のコンマ区切りリスト。
    • このプロパティのコードサンプルを次に示します。
      purchasedProductIds="product1,product2,product3" 
      
      
    • プロパティタイプ:文字列
    • このプロパティは必須では​ ありません
  • mboxParameters
    mboxParameters のキーと値のペアのリスト。この文字列の各エントリはセミコロンで区切り、キーと値はコロンで区切ります。
    • このプロパティのコードサンプルを次に示します。
      mboxParameters="mboxparameterKey:mboxParameterValue;mboxParameterKey1:mboxParameterValue1;mboxParameterKey2:mboxParameterValue2"
      
      
    • プロパティタイプ:文字列
    • このプロパティは必須では​ ありません
  • customParameterName
    このプロパティの値は customParameterValue です。
    • プロパティタイプ:文字列
    • このプロパティは必須では​ ありません

例 1

以下の例では、 ADBTarget ページ内で LandingPage.xml.js 要素を使用して、アラートのコンテンツを置き換えています。

Target の設定

landingPage という名前の Mbox ロケーションがあり、オファーコンテンツが次のように設定されているとします。
<title>My cool landing page</title> 
<description>Thanks for coming to my page</description> 

landingPage.xml.js の設定

  • landingPage.xml.js の設定を以下に示します。
    <alertTemplate> 
        <ADBTarget mbox="landingPage">  
            <title>TargetTestPage</title> 
            <description>Load fail or timeout (defaultContent)</description> 
        </ADBTarget>  
    </alertTemplate> 
    
    
  • Target へのリクエストが成功し、オファーコンテンツが返された場合、ページは次のようになります。
    <alertTemplate> 
        <title>My cool landing page</title> 
        <description>Thanks for coming to my page</description> 
    </alertTemplate>
    
    
  • Target サーバーに到達できなかったり、リクエストがタイムアウトした場合、ページは次のようになります。
    <alertTemplate> 
        <title>TargetTestPage</title> 
        <description>Load fail or timeout (defaultContent)</description> 
    </alertTemplate>
    
    

例 2

以下の例は、カスタムデータを ADBTarget 要素に追加する方法を説明したものです。このメソッドを使用して、Target のこの Mbox ロケーションに対して、条件付きエクスペリエンスとオファーコンテンツを作成できます。
<alertTemplate> 
    <ADBTarget mbox="landingPage" customData="custom data" moreCustomData="more custom data"> 
        <title>TargetTestPage</title> 
        <description>Load fail or timeout (defaultContent)</description> 
    </ADBTarget>  
</alertTemplate>