Show Menu
トピック×

ヒットのバッチ処理

ヒットのバッチ処理を使用すると、オフライン追跡が有効になっているアプリケーションで、ヒットをすぐに送信せず、キュー内のヒット数が指定の制限を超えるまで送信を保留することができます。
ヒットのバッチ処理には、SDK バージョン 4.1 以降が必要です。
ヒットのバッチ処理を有効にするには、 ADBMobileConfig.json ファイルを更新して batchLimit の値を指定します。
"analytics": {
    "batchLimit": 5,
    ...
}

0 より大きい数を設定すると、SDK は batchLimit と等しいヒット数をキューに追加します。このしきい値を超えると、キュー内のすべてのヒットが送信されます。
ヒットのバッチ処理では、次のメソッドが使用されます。
  • trackingGetQueueSize() :現在ヒットのバッチ処理キュー内にある NSUInteger とヒット数を返します。
  • trackingSendQueuedHits() :現在キューに格納されているヒット数にかかわらず、キュー内のすべてのヒットを強制的に送信します。
  • trackingClearQueue() は、キュー内のすべてのヒットを送信せずにクリアします。
ヒットのバッチ処理を使用するには、オフライン追跡を有効にする必要があります。