Show Menu
トピック×

Experience Cloud ID

Adobe Experience Platform ID サービスは、Experience Cloud ソリューション全体に汎用の訪問者 ID を提供します。Analytics は、Target、ビデオのハートビート、将来の Experience Cloud 統合に ID サービスを必要とします。
Adobe Experience Platform ID サービスを使用しない場合は、Experience Cloud ID を設定する必要はありません。詳しくは、「 Adobe Experience Platform ID サービス 」を参照してください。
SDK バージョン 4.3 以降が必要

Experience Cloud ID の有効化

  1. ライブラリをプロジェクトに追加し、ライフサイクルを実装します。
    詳しくは、 コア実装とライフサイクル の「 プロジェクトへの SDK と設定ファイルの追加 」を参照してください。
  2. ライブラリをインポートします。
    #import "ADBMobile.h"
    
    
  3. ADBMobileConfig.json ファイルに、 marketingCloud org が含まれていることを確認します。
    "marketingCloud" : { 
      "org": "YOUR-MCORG-ID" 
    }
    
    
    Experience Cloud 組織 ID は、Adobe Experience Cloud 内の各クライアント企業を一意に識別するもので、 016D5C175213CCA80A490D05@AdobeOrg のようになります。
    @AdobeOrg を含める必要があります。
    これらの値が存在しない場合は、Adobe Mobile Services から更新された ADBMobileConfig.json ファイルをダウンロードしてください。詳しくは、「 ADBMobile JSON の設定 」を参照してください。
設定後、Experience Cloud ID が生成され、すべてのヒットに含まれます。カスタムや自動生成など、その他の訪問者 ID は、引き続き各ヒットとともに送信されます。