Show Menu
トピック×

処理ルールとコンテキストデータ

処理ルールは、コンテキストデータ変数で送信したデータを、レポート用に eVar や prop などの変数にコピーするために使用します。
詳しくは、以下のコンテンツを参照してください。
処理ルールを使用する際には、次の情報に留意してください。
  • コンテキストデータ変数は、名前空間を使用してグループ化します。これは、論理的な順序を維持するのに役立ちます。
    例えば、ある製品に関する情報を収集する場合、以下の変数を定義できます。
    "product.type":"hat" 
    "product.team":"mariners" 
    "product.color":"blue"
    
    
  • コンテキストデータ変数は、処理ルールインターフェイスでアルファベット順に並べ替えられます。そのため、同じ名前空間に属している変数がすぐにわかります。
    コンテキストデータキーの名前には、eVar 番号および prop 番号を使用しないようにします。
    "eVar1":"jimbo"
    
    
    この命名方法を使用すると、処理ルールで 1 回限りのマッピングを実行するときの手間は​ 若干 ​減りますが、コードが読みにくくなるので、デバッグや将来のコード更新が困難になる可能性があります。代わりに、キーと値にはわかりやすい名前を使用します。
    "username":"jimbo"
    
    
  • カウンターイベントを定義するコンテキスト変数は、1 に設定します。
    "logon":"1"
    
    
  • 増分イベントを定義するコンテキストデータ変数では、イベントをキーに、増分する量を値に設定することができます。
    "levels completed":"6"
    
    
アドビは名前空間「 a. 」を予約します。この制約の他に、衝突を回避するために従うべき唯一の要件は、コンテキストデータ変数をログイン会社内で一意にすることです。