Show Menu
トピック×

iBeacon トラッキング

iBeacon トラッキングにより、iBeacon と Low Energy Bluetooth を使用してマイクロロケーションを測定し、ターゲットを設定することができます。
trackBeacon が呼び出されると、次のビーコンデータが Analytics と Target に送信されます。
  • a.beacon.uuid - ビーコンの ProximityUUID
  • a.beacon.major - 店舗番号など、ビーコンのメジャー番号
  • a.beacon.minor - 店舗内の一意の番号など、ビーコンのマイナー番号
  • a.beacon.prox - 以下の値でユーザーとビーコンの距離を表します。
    • 0 - 不明
    • 1 - 直近
    • 2 - 近い
    • 3 - 遠い

iBeacon の追跡

  1. ライブラリをプロジェクトに追加し、ライフサイクルを実装します。
    詳しくは、 コア実装とライフサイクル の「 プロジェクトへの SDK と設定ファイルの追加 」を参照してください。
  2. ライブラリをインポートします。
    #import "ADBMobile.h"
    
    
  3. デバイスがビーコンの Proximity (圏内) に入ったら、 trackBeacon を呼び出します。
    [ADBMobile trackBeacon:beacon data:nil];
    
    
  4. ユーザーがビーコンの Proximity から立ち去ったら、現在のビーコンをクリアします。
    [ADBMobile trackingClearCurrentBeacon];
    
    

追加データの送信

各 trackAction コールで、時間指定イベント名に加え、追加のコンテキストデータを送信できます。
[ADBMobile trackBeacon:beacon data:@{@"myapp.ImageLiked" : imageName}];

コンテキストデータ値は、カスタム変数にマッピングする必要があります。

- (void)locationManager:(CLLocationManager *)manager didRangeBeacons:(NSArray *)beacons inRegion:(CLBeaconRegion *)region { 
    if (beacons.count > 0) { 
        CLBeacon *beacon = beacons[0]; 
        // Adobe - track when in range of a beacon 
        [ADBMobile trackBeacon:beacon data:@{@"sampleContextData" : @"sampleContextDataVal"}]; 
    } 
} 
 
// When the user leaves the proximity of the beacon, clear the current beacon 
[ADBMobile trackingClearCurrentBeacon];