Show Menu
トピック×

アプリ内メッセージ

iOS アプリでアプリ内メッセージを使用するのに役立つ情報です。
アプリ内メッセージを使用するには、SDK バージョン 4.2 以降が​ 必要 ​です。
注意事項:
  • メッセージおよびメッセージをいつ表示するかを定義するルールは、Adobe Mobile Services で作成されます。詳しくは、 アプリ内メッセージの作成 を参照してください。
  • アプリ内メッセージを表示するには、この節で説明するアップデートを SDK に対しておこなう必要があります。
    メッセージを定義していない場合でも、これらの手順を実行できます。定義したメッセージは、アプリに動的に配信され、アプリストアの更新なしで表示されます。

アプリ内メッセージの有効化

  1. ライブラリをプロジェクトに追加し、ライフサイクルを実装します。
    詳しくは、 コア実装とライフサイクル の「 プロジェクトへの SDK と設定ファイルの追加 」を参照してください。
  2. ライブラリをインポートします。
    #import "ADBMobile.h"
    
    
  3. アプリ内メッセージに必要な設定が ADBMobileConfig.json ファイルに含まれていることを確認します。
  4. アプリ内メッセージを起動時に動的に更新するには、 remotes オブジェクトが存在し、正しく設定されている必要があります。
    “messages”: [ 
        { 
            “messageId”: “de45c43c-37bf-441f-8cbd-cc3ba3469ebe”, 
            “template”: “fullscreen”, 
            “showOffline”: false, 
            “showRule”: “always”, 
            “endDate”: 2524730400, 
            “startDate”: 0, 
            “audiences”: [], 
            “triggers”: [], 
            “payload”: { // contents change depending on template 
                “html”: “<html>html code goes here</html>” 
            }, 
        }, 
        … 
    ] 
    “remotes” : { 
        “analytics.poi”: “https://assets.adobedtm.com/…/yourfile.json”, 
        “messages”: “https://assets.adobedtm.com/…/yourfile.json” 
    }
    
    
    messages または remotes が必要です。
    これらのオブジェクトが設定されていない場合は、更新された ADBMobileConfig.json ファイルを Adobe Mobile Services からダウンロードしてください。詳しくは、「 コア実装とライフサイクルい 」を参照してくださ。

アプリ内メッセージの追跡

iOS Mobile Services SDK はアプリ内メッセージに関する次の指標を追跡します。
  • 全画面および警告方式のアプリ内メッセージの場合:
    • インプレッション :ユーザーがアプリ内メッセージをトリガーしたとき。
    • クリックスルー :ユーザーが​ クリックスルー ​ボタンを押したとき。
    • キャンセル :ユーザーが​ キャンセル ​ボタンを押したとき。
  • カスタムの全画面アプリ内メッセージの場合は、メッセージ内の HTML コンテンツに次のボタンに関する SDK 追跡を通知する正しいコードが含まれている必要があります。
    • クリックスルー (リダイレクト)のトラッキング例: adbinapp://confirm/?url=https://www.yoursite.com
    • キャンセル (終了)追跡の例: adbinapp://cancel
  • ローカル(リモート)通知の場合:
    • インプレッション :ユーザーが通知をトリガーしたとき。
    • オープン :ユーザーが通知からアプリケーションを開いたとき。 以下にオープン追跡のコードを追加した例を示します。
    - (BOOL) application:(UIApplication *)application didFinishLaunchingWithOptions:(NSDictionary *)launchOptions { 
      // handle local notification click-throughs for iOS 10 and older 
      NSDictionary *localNotificationDictionary = launchOptions[UIApplicationLaunchOptionsLocalNotificationKey]; 
      if ([localNotificationDictionary isKindOfClass:[NSDictionary class]]) { 
           [ADBMobile trackLocalNotificationClickThrough:localNotificationDictionary]; 
      } 
    } 
    - (void) application:(UIApplication *)application didReceiveLocalNotification:(UILocalNotification *)notification { 
       [ADBMobile trackLocalNotificationClickThrough:notification.userInfo]; 
    }
    
    

ローカルフォールバック画像

Adobe Mobile Services で全画面表示メッセージを作成する際、オプションでフォールバック画像を指定できます。メッセージが Web から目的の画像を取得できない場合、SDK はアプリケーションバンドルから同じ名前の画像を読み込もうとします。この機能により、ユーザーがオフラインだったり、既定の画像に到達できなくても、オリジナルの形でメッセージを表示できます。
フォールバック画像のアセット名は、Adobe Mobile Services でメッセージを設定する際に指定します。
指定したリソースが使用可能であることを確認する必要があります。