Show Menu
トピック×

Analytics methods

Universal Windows Platform SDK を Adobe Analytics で使用する際に役立つ情報です。
現在、SDK では、Analytics、Target、Audience Manager をはじめとする複数の Adobe Experience Cloud ソリューションがサポートさています。これらのメソッドには、ソリューションに応じたプレフィックスが付けられています。Analytics メソッドには「Analytics」というプレフィックスが付けられています。
これらの各メソッドを使用して、Adobe Analytics レポートスイートにデータを送信します。
When you consume winmd methods from winJS (JavaScript), all methods automatically have their first letter lowercased.
  • TrackState (winJS: trackState)
    オプションのコンテキストデータでアプリ状態を追跡します。状態とは、アプリで使用可能なビューのことで、「home dashboard」、「app settings」、「cart」などがあります。これらの状態は Web サイト上のページによく似ており、 TrackState コールはページビュー数を増分します。 state が空の場合は、レポートに「app name app version (build)」と表示されます。レポートにこの値がある場合、各 state 呼び出しで TrackState を設定していることを確認してください。
    This is the only tracking call that increments page views.
    • このメソッドの構文を次に示します。
      static void TrackState(Platform::String ^state, Windows::Foundation::Collections::IMap<Platform::String^, Platform::Object> ^contextData); 
      
      
    • このメソッドのコードサンプルを次に示します。
      var ADB = ADBMobile
      ADB.Analytics.trackState("loginScreen", null);
      
      
  • TrackAction (winJS:trackAction)
    アプリのアクションを追跡します。アクションとは、アプリ内で測定対象となる重要な操作のことで、「logons」、「banner taps」、「feed subscriptions」などの指標があります。
    • このメソッドの構文を次に示します。
      static void TrackAction(Platform::String ^action, Windows::Foundation::Collections::IMap<Platform::String^, Platform::Object> ^contextData); 
      
      
    • このメソッドのコードサンプルを次に示します。
      varADB=ADBMobile; 
      ADB.Analytics.trackAction("ButtonClick",null); 
      
      
  • GetTrackingIdentifierAsync (winJS: getTrackingIdentifierAsync)
    Analytics 用に自動的に生成された訪問者 ID を返します。これは、初回起動時に生成され、それ以降、保存および使用されるアプリ固有の一意の訪問者 ID です。この ID は、アプリがアップグレードされても保持されますが、アンインストール時には削除されます。
    • このメソッドの構文を次に示します。
      static Windows::Foundation::IAsyncOperation<Platform::String> ^GetTrackingIdentifierAsync(); 
      
      
    • このメソッドのコードサンプルを次に示します。
      vartrackingIdentifier; 
      ADBMobile.Analytics.getTrackingIdentifierAsync().then(function(trackingid){
      trackingIdentifier=trackingid;
      });
      
      
  • TrackLocation (winJS:trackLocation)
    現在の XY 座標を送信します。また、現在位置が ADBMobileConfig.json ファイルで定義された目標地点内にあるかどうかを判定します。現在の座標が定義した目標地点内にある場合、コンテキストデータ変数に代入され、 trackLocation 呼び出しで送信されます。
    • このメソッドの構文を次に示します。
      static void TrackLocation(double lat, double lon, double accuracy, Windows::Foundation::Collections::IMap<Platform::String^, Platform::Object> ^contextData);
      
      
    • このメソッドのコードサンプルを次に示します。
      varADB=ADBMobile; 
      ADB.Analytics.trackLocation(47.60621,-122.33207,null);
      
      
  • TrackLifetime ​ valueIncrease (winJS:trackLifetime ​ valueIncrease)
    ユーザーのライフタイム値に amount を加算します。
    • このメソッドの構文を次に示します。
      static void TrackLifetimeValueIncrease(float amount, Windows::Foundation::Collections::IMap<Platform::String^, Platform::Object> ^contextData); 
      
      
    • このメソッドのコードサンプルを次に示します。
      varADB=ADBMobile;
      ADB.Analytics.trackLifetimeValueIncrease(10,null);
      
      
  • TrackTimed​ActionStart (winJS: trackTimed​ActionStart)
    action という名前の時間計測アクションを開始します。既に開始しているアクションでこのメソッドを呼び出すと、以前の時間計測アクションが上書きされます。
    この呼び出しはヒットを送信しません。
    • このメソッドの構文を次に示します。
      static void TrackTimedActionStart(Platform::String ^action, Windows::Foundation::Collections::IMap<Platform::String^, Platform::Object^> ^contextData); 
      
      
    • このメソッドのコードサンプルを次に示します。
      varADB=ADBMobile;
      ADB.Analytics.trackTimedActionStart("cartToCheckout",null); 
      
      
  • TrackTimed ​ ActionUpdate (winJS:trackTimed ​ actionUpdate)
    contextData を渡して、特定の action に関連付けられているコンテキストデータを更新します。渡された data は、特定のアクションの既存のデータに追加され、同じキーが既に action に定義されている場合は、データを上書きします。
    この呼び出しはヒットを送信しません。
    • このメソッドの構文を次に示します。
      static void TrackTimedActionUpdate(Platform::String ^action, Windows::Foundation::Collections::IMap<Platform::String^, Platform::Object> ^contextData); 
      
      
    • このメソッドのコードサンプルを次に示します。
      varADB = ADBMobile;
      varcontextData = newWindows.Foundation.Collections.PropertySet();
      contextData["quantity"]=3; 
      ADB.Analytics.trackTimedActionUpdate("cartToCheckout",contextData);
      
      
  • TrackTimedActionExistsAsync (winJS:trackTimedActionExistsAsync)
    指定された時間指定アクションが存在する場合はtrueを返し、存在しない場合はfalseを返します。
    • このメソッドの構文を次に示します。
      static Windows::Foundation::IAsyncOperation<bool> ^TrackTimedActionExistsAsync(Platform::String ^action); 
      
      
    • このメソッドのコードサンプルを次に示します。
      ADBMobile.Analytics.trackTimedActionExistsAsync("signUp").then(function(exists){ 
          actionExists = exists; 
      });
      
      
  • TrackTimed ​ ActionEnd (winJS:trackTimed ​ actionEnd)
    時間計測アクションを終了します。
    • このメソッドの構文を次に示します。
      static void TrackTimedActionEnd(Platform::String ^action);
      
      
    • このメソッドのコードサンプルを次に示します。
      varADB = ADBMobile; 
      ADB.Analytics.trackTimedActionEnd("cartToCheckout"); 
      
      
  • ClearTrackingQueue (winJS:clearTrackingQueue)
    Analytics 追跡キューに格納されているすべてのヒットをクリアします。
    • このメソッドの構文を次に示します。
      static void ClearTrackingQueue();
      
      
    • このメソッドのコードサンプルを次に示します。
      ADBMobile.Analytics.clearTrackingQueue();
      
      
  • GetQueueSizeAsync (winJS:getQueueSizeAsync)
    現在 Analytics キューに格納されているヒットの数を返します。
    • このメソッドの構文を次に示します。
      static Windows::Foundation::IAsyncOperation<int> ^GetQueueSizeAsync();
      
      
    • このメソッドのコードサンプルを次に示します。
      varqueueSize;
      ADBMobile.Analytics.getQueueSizeAsync().then(function(size){ 
          queueSize=size;
      });