Show Menu
トピック×

Audience Manager methods

Universal Windows Platform ライブラリで提供されている Audience Manager メソッドのリストです。
現在、SDK では、Analytics、Target、Audience Manager をはじめとする複数の Adobe Experience Cloud ソリューションがサポートさています。メソッドには、ソリューションに応じたプレフィックスが付きます。Audience Manager methods are prefixed with AudienceManager .
When you consume winmd methods from winJS (JavaScript), all methods automatically have their first letter lowercased.
If audience manager is configured in your JSON file, a signal that contains lifecycle metrics is sent in with your lifecycle hit.
  • GetVisitorProfile (winJS: getVisitorProfile)
    取得された最も直近の訪問者プロファイルを返します。まだシグナルが送信されていない場合は null を返します。訪問者プロファイルは、次回以降のアプリ起動時も簡単にアクセスできるように、 SharedPreferences に保存されます。
    • このメソッドの構文を次に示します。
      static Windows::Foundation::Collections::IMap<Platform::String^,Platform::Object^> ^GetVisitorProfile();
      
      
    • このメソッドのコードサンプルを次に示します。
      var ADB = ADBMobile; 
      var profile = ADB.AudienceManager.getVisitorProfile();
      
      
  • GetDpid (winJS:getDpid)
    現在の DPID を返します。
    • このメソッドの構文を次に示します。
      static Platform::String ^GetDpid();
      
      
    • このメソッドのコードサンプルを次に示します。
      var ADB = ADBMobile;
      var dpid = ADB.AudienceManager.getDpid(); 
      
      
  • GetDpuuid (winJS: getDpuuid)
    現在の DPUUID を返します。
    • このメソッドの構文を次に示します。
      static Platform::String ^GetDpuuid();
      
      
    • このメソッドのコードサンプルを次に示します。
      var ADB = ADBMobile; 
      var dpuuid = ADB.AudienceManager.getDpuuid();
      
      
  • SetDpidAndDpuuid (winJS: setDpidAndDpuuid)
    DPID および DPUUID を設定します。DPID および DPUUID が設定されている場合、各シグナルと共に送信されます。
    • このメソッドの構文を次に示します。
      static void SetDpidAndDpuuid(Platform::String ^dpid, Platform::String ^dpuuid);
      
      
    • このメソッドのコードサンプルを次に示します。
      var ADB = ADBMobile; 
      ADB.AudienceManager.setDpidAndDpuuid("newDpid", "newDpuuid");
      
      
  • SignalWithData (winJS: signalWithData)
    Audience Management に特性を持つシグナルを送信し、ブロックコールバックで返された一致するセグメントを取得します。
    • このメソッドの構文を次に示します。
      static 
      Windows::Foundation::IAsyncOperation<Windows::Foundation::Collections::IMap<Platform::String^, Platform::Object^> ^> ^SignalWithData(Windows::Foundation::Collections::IMap<Platform::String^,Platform::Object> ^data);
      
      
    • このメソッドのコードサンプルを次に示します。
      var ADB = ADBMobile;
      var traits = new Windows.Foundation.Collections.PropertySet(); 
      traits["trait"] = "b";
      ADB.AudienceManager.signalWithData(traits).then(function (visitorProfile) { 
        // segments come back here in "visitorProfile", normally found in the "segs" object of your json 
      });