Show Menu
トピック×

4.x SDKへの移行

ここでは、3.xバージョンのWindowsモバイルSDKからUniversal Windows Platform 4.x SDK for Experience cloudソリューションに移行する方法について説明します。
With the move to version 4.x, all functionality is now accessible through static methods. You no longer need to keep track of your own objects.
以降の節では、バージョン 3.x からバージョン 4.x への移行について説明します。

Remove unused properties

ダウンロードファイルには新しい ADBMobileConfig.json ファイルが含まれています。このファイルには、アプリケーション固有のグローバル設定が含まれています。以前のバージョンで使用されていた設定変数のほとんどは置き換えられています。
ADBMobileConfig.json ファイルの例を次に示します。
{ 
    "version" : "1.0", 
    "analytics" : { 
        "rsids" : "coolApp", 
        "server" : "my.CoolApp.com", 
        "charset" : "UTF-8", 
        "ssl" : true, 
        "offlineEnabled" : true, 
        "lifecycleTimeout" : 300, 
        "privacyDefault" : "optedin", 
        "poi" : [ 
                    ["san francisco",37.757144,-122.44812,7000], 
                    ["santa cruz",36.972935,-122.01725,600] 
                ] 
    }, 
 "target" : { 
  "clientCode" : "myTargetClientCode", 
  "timeout" : 5 
 }, 
 "audienceManager" : { 
  "server" : "myServer.demdex.com" 
 } 
}

次の表に、設定ファイルに移動する必要がある設定変数を示します。最初の列の変数に設定されている値を 2 番目の列の変数に移動し、古い設定変数をコードから削除します。

3.xからの移行

The following table provides a list of variables in the 3.x SDKs and the new name in the 4.x SDKs:
設定変数/メソッド
Variable in the ADBMobileConfig.json file.
offlineTrackingEnabled
"offlineEnabled"
reportSuiteIDs
"rsids"
trackingServer
"server"
charSet
"charset"
currencyCode
"currency"
ssl
"ssl"
setOfflineHitLimit
削除します。使用されなくなりました。
linkTrackVars
削除します。使用されなくなりました。
linkTrackEvents
削除します。使用されなくなりました。

Update track calls and tracking variables

バージョン 4 の SDK では、Web に焦点を当てた Track 呼び出しと TrackLink 呼び出しを使用する代わりに、モバイルに焦点を当てた次の 2 つのメソッドを使用します。
  • TrackState 状態とは、アプリで使用可能なビューのことで、「home dashboard」、「app settings」、「cart」などがあります。これらの状態は Web サイト上のページによく似ており、 trackState コールはページビュー数を増分します。
  • TrackAction アクションとは、アプリ内で測定対象となる重要な操作のことで、「logons」、「banner taps」、「feed subscriptions」などの指標があります。これらの呼び出しは、ページビュー数を増分しません。
これらの両方のメソッドにおいて、 contextData パラメーターには、コンテキストデータとして送信される名前と値のペアが含まれます。

イベント、prop、eVar

If you've looked at the SDK methods, you are probably wondering where to set events, eVars, props, heirs, and lists. SDK methods バージョン 4 では、これらの種類の変数をアプリケーション内で直接割り当てられなくなっています。代わりに、SDK は、コンテキストデータと処理ルールを使用して、レポート用にアプリデータを Analytics 変数にマップします。
処理ルールには、次の利点があります。
  • App Store に更新を提出することなく、データマッピングを変更することができます。
  • レポートスイートに固有の変数を設定する代わりに、意味のある名前をデータに使用できます。
  • 追加のデータの送信にはほとんど影響しません。これらの値は、処理ルールを使用してマップされるまではレポートに表示されません。
For more information, see the Processing rules section in Analytics overview.** Analytics
変数に直接代入していた値をコンテキストデータに追加する必要があります。This means that calls to SetProp , SetEvar , and assignments to persistent context data should all be removed and the values added to context data.

AppSection/Server、GeoZip、トランザクションID、Campaign、その他の標準変数

上記の変数を含め、測定オブジェクトに設定していたデータはコンテキストデータに追加する必要があります。つまり、または呼び出しで送信される唯一のデ TrackState ータは、 TrackAction パラメーターのペイロード data です。
トラッキングコールの置き換え
コード全体で、次のメソッドを trackState または trackAction の呼び出しで置き換えます。
3.x からの移行:
  • TrackAppState(TrackState)
  • TrackEvents(TrackAction)
  • Track(TrackAction)
  • TrackLinkURL(TrackAction)

カスタム ID サービス

Replace the visitorID variable with a call to setUserIdentifier .

Offline tracking

Offline tracking is enabled in the ADBMobileConfig.json file. All other offline configuration is done automatically.
コード全体で次のメソッドの呼び出しを削除します。
3.x からの移行:
  • SetOnline
  • SetOffline

Products variable

変数は処理ルールでは使用できないので、以下の構文を使用して products products を設定することができます。
// create a processing rule to set the corresponding product event. 
// for example, set the Product Views event when context data a.action = "product view" 
var cdata = new Windows.Foundation.Collections.PropertySet(); 
cdata["&&products"] = ";Cool Shoe"; 
ADB.Analytics.trackAction("product view", cdata);

The value of "&&products" (in this example, the value is ";Cool Shoe ") should follow the products string syntax for the type of event that you are tracking.