Show Menu
トピック×

レポートタイプ

レポートのカスタマイズは柔軟性が高いので、求めるデータを得るにはどのレポートタイプが最適なのか迷う場合があるかもしれません。
レポートをカスタマイズする前に、指標とディメンションの違いを理解する必要があります。
  • 指標
    指標は、データを測定するときに使用されます。指標は、カウントおよび追加が可能な値で、アプリ内で特定のアクションが発生する頻度を確認するために使用されます。 一般的な指標には、インストール数、起動回数、売上高、ライフタイム値、ログイン数が含まれます。 例えば、アプリが起動されるたびに、_launches_valueが1ずつ増えます。
  • ディメンション
    ディメンションは、データの記述に使用されます。ディメンションは、文字列、または数値に見える文字列(郵便番号など)で表され、データをまとめたりセグメント化するために使用されます。一般的なディメンションの例としては、OSバージョン、キャンペーン名、製品名、携帯電話会社があります。 各ディメンションには、そのディメンションに関連付けられた多数の特定の値があります。 例えば、OS バージョンのディメンションには、「 iOS 7 」や「 Android 4.1.2 」などの値が記録されます。
次に、Mobile UI で生成できるレポートのタイプを示します。

時系列レポート

時系列レポートは、ある期間における指標のパフォーマンスを示すので、スパイクやトレンドをすばやく特定できます。 分析は時系列レポートで開始をし、指標のスパイクやトレンドに影響を与える可能性のある要因を調べるためにドリルダウンすると、トレンドレポートやランクレポートに移動します。
例えば、起動のスパイクがある場合、上位5つのオペレーティングシステムの起動を示すトレンドレポートを実行して、起動の急増に最も貢献しているオペレーティングシステムを確認できます。
時系列レポートで他の指標とディメンション値を表示するには、インスタンス指標を使用して、ディメンションフィルターを定義します。

トレンドレポート

トレンドレポートは、指標に対して最も人気のあるディメンションのパフォーマンスを確認するのに役立ちます。 このレポートを使用すると、指標の変更にどの値が最も貢献しているかを判断できます。
ディメンションのトレンドレポートを表示するには、同じデータを表示するために、時系列レポートに共通フィルター(オペレーティングシステム= iOS 6.0.1など)を追加します。 さらに、フィルタリングした時系列レポートに5つの指標を追加できます。

フィルタリングした時系列レポート

特定のディメンション値を表示する場合は、時系列レポートに共通フィルターを追加できます。 次のレポートは、特定のオペレーティングシステムバージョンの30日分の起動回数、アップグレード回数、クラッシュ回数を示しています。

ランクレポート

ランクレポートは、上位50件のディメンションが指標に貢献する頻度を示します。 このレポートは、多数の値にわたる日付範囲での表示の合計貢献度を示すのに役立ちます。

サンバーストレポート

サンバーストレポートは、例えば分類と共にベースレポートを表示します。ビジュアライゼーションでは、高さを使用して指標と指標間のパフォーマンスの違いを示します。 各同心円は、その円のカテゴリ内のオーディエンスセグメントを表します。 共通フィルターの適用、指標の非表示、指標の表示など、オーディエンスに対してアクションを実行できます。
サンバーストグラフの操作方法を説明する製品内チュートリアルで、レポートの表示を行うことができます。
チュートリアルを開始するには:
  1. アプリ設定で、 使用状況 をクリックします。
  2. 技術 / 技術分類をクリックします
  3. レポートのタイトルバーの カスタマイズ をクリックして、情報アイコンをクリックします。

パスレポート

パスレポートはパスの分析に基づいており、アプリ内の状態間を移動する際にたどったパスを表す遷移チャートが表示されます。
各ノードはボックスのような形状をしており、アプリを使用したユーザーのパスの状態を表します。 例えば、上の図では、一番上のノードは、アプリを起動し、ギャラリーから写真を選択したユーザーの数を表しています。

Funnel Report

ファネルレポートを使用すると、モバイルアプリの操作中に、顧客がマーケティングキャンペーンを放棄した地点や、定義済みのコンバージョンパスからそれた地点を特定できます。 また、ファネルレポートを使用して、様々なセグメントのアクションを比較できます。
ファネルのビジュアライゼーションを使用すると、顧客がプロセスからフォールアウトした場所を確認できます。 各ステップでの顧客の意思決定を視覚的に捉えることで、顧客が停止した場所、たどる傾向のあるパス、アプリを離れた日時を把握できます。