Show Menu
トピック×

エクスペリエンス:アプリ内メッセージ

タイプ(フルスクリーン、アラートまたは通知)および表示、テキストおよびボタンオプションを含む、アプリ内メッセージのエクスペリエンスオプションを設定します。
  1. アプリで、 メッセージング メッセージを管理 メッセージを作成 アプリ内を作成 ​をクリックします。
  2. エクスペリエンスページで、メッセージの名前を入力します。
  3. タイプ セクションのフィールドに入力します。
    • タイプ :アプリ内メッセージキャンペーンのメッセージタイプを選択します。
      • フルスクリーン
      • アラート
      • ローカル通知
    • テンプレート
      テーマの設定された応答メッセージテンプレートをコンテンツ用にカスタマイズします。
      フルスクリーン メッセージタイプを選択した場合のみ、このオプションが表示されます。
    • カスタム
      カスタム HTML コンテンツを読み込みます(全画面表示のみ)。クリックスルーリンクおよびキャンセルリンクを設置する必要があります。
      1. 参照 をクリックして HTML ファイルをダウンロードするか、HTML ドキュメントをウィンドウにドラッグします。
      2. 例をダウンロード をクリックすると、サンプルのカスタム HTML コンテンツが表示されます。
      # メッセージタイプを選択した場合のみ、このオプションが表示されます。
  4. 表示 セクションのフィールドに入力します。
    • テーマ メッセージのテーマを選択します。
    • レイアウト
      デバイス画面上のアプリのレイアウトを選択します。
    • 画像 URL
      画像の URL。フルスクリーンテンプレートを使用する際にサイズ変更の問題がある場合は、 アプリ内メッセージのトラブルシューティング の「 画像がテンプレートのスペースに収まらない 」を参照してください。
    • バンドルされている画像
      アプリコードバンドル内の画像へのパス。このオプションは、画像がない場合、または画像が使用できない場合に使用されます。例えば、デバイスがオフラインの場合は、画像は使用できない可能性があります。フルスクリーンテンプレートを使用する際にサイズ変更の問題がある場合は、 アプリ内メッセージのトラブルシューティング の「 画像がテンプレートのスペースに収まらない 」を参照してください。
  5. テキスト セクションのフィールドに入力します。
    • ヘッダー
      メッセージのヘッダー用のテキストを入力します。
    • コンテンツ
      メッセージのコンテンツ用のテキストを入力します。
  6. ボタン セクションのフィールドに入力します。
    • クリックスルーボタン
      クリックスルー ​ボタンのラベル。このボタンをタップすると、成功したクリックスルーとしてカウントされます。ユーザーは、宛先にリダイレクトされます。
    • 送信先
      メッセージをクリックスルーしたら、ユーザーを送る特定の宛先(Web、ディープまたはハイブリッドリンク)を選択します。成功したクリックスルーのリダイレクト URL。
      この URL には、次の情報を含めることができます。
      • {userId} :ユーザー ID に置き換えられます。ユーザー ID が設定されていない場合は、空白になります。
      • {trackingId} :aid( s_vi cookie と相関関係にある)に置き換えられます。
      • {messageId} :アプリ内メッセージの一意の ID に置き換えられます。
      • {lifetimeValue} :ライフタイム値に置き換えられます。ライフタイム値がない場合は、0 になります。 次に、ユーザー ID https://www.mysite.com?uid={userId} の追跡の例を示します。
      クリックスルー URL で https:// または https:// が使用されている場合、この URL は、アプリ外部で、デバイスのブラウザーを使用して開かれます。それ以外の場合、各プラットフォームでは、スキームがサポートされます。スキームを使用すると、アプリがカスタムスキームをサポートするように開発されている場合に、アプリを開いたり参照したりできます。
      宛先のタイプに Web リンク または カスタムリンク を使用すると、宛先のタイプは追跡されません。 ディープリンク のみが追跡されます。詳しくは、「 宛先 」を参照してください。
  7. (オプション)次のアイコンをクリックして、メッセージのレイアウトをプレビューします。
    • を選択すると、プレビューパネルが非表示になります。
      プレビューパネルを再表示するには、「 」をクリックします。
    • 向きを変更
      プレビューの向きを縦から横に変更するには、「 」をクリックします。腕時計の場合、丸い盤面から四角い盤面に向きが変わります。
    • ユーザーの腕時計でのプレビュー
      メッセージがユーザーの腕時計に表示される状態をプレビューするには、 をクリックします。
    • ユーザーの携帯電話でのプレビュー
      ユーザーの携帯電話に表示されるメッセージをプレビューするには、 をクリックします。
    • ユーザーのタブレットでのプレビュー
      ユーザーのタブレットでメッセージをプレビューするには、 をクリックします。
      プレビューパネルの下部に、前の手順で選択したオーディエンスの説明を表示できます。前の手順で選択したオーディエンスの説明もプレビューパネルの下部に表示されます。