Show Menu
トピック×

アクションパスレポート

パス分析に基づくアクションパスレポートには、アプリ内の状態間の移行時にたどったパスを表す遷移チャートが表示されます。
ビューパス ​および​ アクションパス ​レポートは、両方ともパスレポートです。 ビューパス ​レポートは、アプリにおけるユーザーの画面間の遷移を表示します。 ビューアクション ​レポートは、ユーザーがアプリでおこなう一連のアクションおよびイベント(クリック、選択、サイズ変更など)を表示します。
ファネルレポートを使用すると、ナビゲーションとアクションを 1 つのレポートに組み合わせることができます。詳しくは、「 ファネル 」を参照してください。
ボックスのような形状をした各ノードは、ユーザーがアプリを操作したときにたどったパスの特定の状態を表しています。例えば、上の図では、一番上のノードはアプリを起動し、ギャラリーから写真を選択したユーザー数を表しています。
オプションを表示してグラフを変更するには、ノードをクリックして、 フォーカス または 展開 をクリックします。例えば、一番上のノードの PhotoPicked 状態をクリックすると、 フォーカス アイコンと 展開 アイコンが表示されます。
展開するには、 + アイコンをクリックします。このオプションには、ノードに入る、またはノードから出る追加のパスが表示されます。次の図では、状態 1 でアプリを起動し、状態 2 で写真を選択しています(先ほど展開した項目)。状態 3 には、ユーザーがたどった異なるパスが含まれています。
  • 項目の選択
  • 項目の追加
  • 項目のドラッグ
  • 項目の拡大/縮小
状態の展開は、ファネルと似ています。
そのノードに焦点を当てて、選択したノードに入るパス、および選択したノードから出るパスを表示するには、 アイコンをクリックします。次の図では、ユーザーが写真を選択する​ 前に ​次のパスが完了します。
  • 項目の回転
  • 項目の拡大/縮小
  • 項目のドラッグ
  • 項目の削除
写真を選択したユーザーは、写真が選択された​ 後に ​次のパスが完了します。
  • 項目の選択
  • 項目の追加
  • 項目のドラッグ
  • 項目の拡大/縮小
複数のノードを再スタートまたは展開することで、ユーザーがアプリ内でたどったパスを詳細に把握できます。以下に例を示します。
このレポートでは、次のオプションを設定できます。
  • 期間
    カレンダー ​アイコンをクリックしてカスタムの期間を選択するか、またはドロップダウンリストからあらかじめ設定されている期間を選択します。
  • カスタマイズ
    表示方法 オプションを変更したり、指標およびフィルターを追加したり、追加のシリーズ(指標)を追加したりして、レポートをカスタマイズします。詳しくは、「 レポートのカスタマイズ 」を参照してください。
  • フィルター
    フィルター をクリックし、様々なレポートにわたるフィルターを作成して、すべてのモバイルレポートにおけるセグメントのパフォーマンスを確認します。共通フィルターを定義すると、パス(画面遷移)レポート以外のすべてのレポートに適用できます。詳しくは、「 共通フィルターの追加 」を参照してください。
  • ダウンロード
    PDF または CSV をクリックして、ドキュメントをダウンロードするか開いて Mobile Services へのアクセス権を持たないユーザーと共有したり、プレゼンテーションで使用したりします。