Show Menu
トピック×

技術レポート

技術 ​レポートでは、アプリが使用されている様々なデバイスタイプ、オペレーティングシステム、オペレーティングシステムのバージョンおよび携帯電話会社を確認できます。
このレポートには、既存のデータのサンバーストチャートが表示されます。このレポートを使用して、ターゲティングすべきオーディエンスセグメント(訪問者の集まり)を見つけることができます。オーディエンスを作成して管理することは、セグメントを作成して使用することと似ていますが、例外は、オーディエンスを Experience Cloud で使用できるようになることです。

ナビゲーションと使用方法

このビジュアライゼーションでは、例えば、ベースレポートおよび分類が提供され、指標や、指標間のパフォーマンスの違いが高さで示されます。各リングは、リングのカテゴリ内のオーディエンスセグメントを表します。オーディエンスに対して、共通フィルターの適用、指標の非表示、指標の表示などのアクションを実行できます。
この情報に加えて、サンバーストグラフの使用方法についてのチュートリアルを製品内で参照できます。チュートリアルを開始するには、レポートのタイトルバーの 技術分類 をクリックし、 カスタマイズ をクリックして、 i アイコンをクリックします。
このサンバーストグラフはインタラクティブです。次の作業を実行できます。
  • グラフの任意の部分にマウスポインターを置くと、詳細情報が表示されます。
  • カレンダー ​アイコンをクリックして、期間を変更します。
  • リングのスライスをクリックしてオーディエンスを選択し、ズームイン、オーディエンスの非表示、アプリ内メッセージや共通フィルターの作成などのアクションを実行できます。
  • 右上隅で、 デバイスタイプ および デバイス を選択して、デバイスおよびデバイスタイプに関する情報を表示します。
  • 右側の二次指標をクリックすると、その指標をグラフに追加できます。
    二次指標は、色、高さまたはその両方を使用して表示できます。
次の表に、標準レポートおよび Mobile Services での標準レポートのセット方法を示します。
レポート
セット方法
説明
デバイス
ライフサイクル指標
一般的な指標をデバイス別に表示します。
オペレーティングシステム
自動
一般的な指標をオペレーティングシステム別に表示します。
オペレーティングシステムのバージョン
ライフサイクル指標
一般的な指標をオペレーティングシステムのバージョン別に表示します。
携帯電話会社
自動
一般的な指標を携帯電話会社(キャリア)別に表示します。
携帯電話会社 ​レポートでは、Wi-fi ユーザーは none して報告されます。

分類と指標の追加

分類および二次指標を追加して、グラフ内の他のオーディエンスに対する各オーディエンスの高さを変更できます。
サンバーストに追加するリングの数が増えると、処理に掛かる時間が長くなります。
分類および二次指標を追加するには、レポートのタイトルバーの 技術分類 をクリックし、 カスタマイズ をクリックします。
分類を追加 または 指標を追加 をクリックすると、リストの前のアイテムと同じ名前の新しいアイテムが表示されます。新しく作成された分類または指標をクリックしてドロップダウンリストにアクセスし、そこから新しいアイテムを選択します。

共通フィルターの作成

リングのスライスをクリックし、共通フィルターを作成するオーディエンスを選択して、 共通フィルター をクリックします。このフィルターを使用すると、現在のフィルターを適用して、フィルターに基づく新しいレポートを実行できます。

レポートの共有

レポートを作成した後、設定を使用して、コピーおよび共有できるカスタム URL を作成します。