Show Menu
トピック×

レポートへのフィルターの追加

この情報は、フィルター(セグメント)を追加して組み込みのレポートをカスタマイズするのに役立ちます。
モバイルアプリ指標は、Reports & Analytics、Ad Hoc Analysis、Data Warehouse およびその他の Analytics レポートインターフェイスでも使用できます。分類やレポートタイプが Adobe Mobile で使用できない場合、別のレポートインターフェイスを使用して生成できます。
この例では、 ユーザーとセッション ​レポートをカスタマイズしますが、説明はどのレポートにも当てはまります。
  1. アプリを開いて、 使用状況 ユーザーとセッション ​をクリックします。
    このレポートは、アプリのユーザー数を時系列で表示します。例えば、iOS バージョンと Android バージョンの両方のアプリの指標が同じレポートスイートで収集されている場合、ユーザー指標にカスタムフィルターを追加して、モバイル OS 別にユーザーをセグメント化できます。
  2. カスタマイズ をクリックします。
  3. ユーザー で、 フィルターを追加 ルールを追加 ​をクリックします。
  4. ドロップダウンリストから​ オペレーティングシステム iOS を選択します。
    Android をフィルターとして追加するには、この手順を繰り返す必要があります。
  5. および をクリックし、ドロップダウンリストから​ オペレーティングシステム Android を選択します。
    フィルターは次の例のようになります。
  6. 更新 をクリックします。
  7. レポートを再生成するには、 実行 をクリックします。
    このレポートには、ユーザーがオペレーティングシステムごとに分類された形で表示されます。レポートのタイトルも、レポートに適用したフィルターに合わせて変更されます。
    さらにレポートをカスタマイズできます。iOS 8.3 以降、iOS 8.3 オペレーティングシステムバージョンフィルターを使用して初回起動指標を追加することで、iOS 8.3 ユーザーがアプリをアップグレードして初回起動を実行した回数を確認できます。
  8. 初回起動 で、 フィルターを追加 ルールを追加 ​をクリックし、ドロップダウンから​ オペレーティングシステム iOS を選択します。
  9. および をクリックし、ドロップダウンリストから​ オペレーティングシステムのバージョン iOS 8.3 を選択します。
    フィルターはこの例のようになります。
  10. 更新 および 実行 をクリックします。
    このレポートには、アプリを初回起動した iOS 8.3 のユーザーが表示されます。
    レポートのカスタマイズメニューでいくつかのオプションをテストしてみてください。お気に入りのレポートは、ブックマークできます。Adobe Mobile のレポートの URL を使用し、URL を電子メールで送信したり、お気に入りに追加したりできます。