Show Menu
トピック×

「Places Monitor」拡張機能の使用

プレースモニタ拡張機能を使用するには、次のタスクを実行します。

Experience Platform LaunchでのPlaces Monitor拡張のインストール

  1. In Experience Platform Launch, click the Extensions tab.
  2. タブで、 Catalog 拡張機能を探し、「インストー Places Monitor 」をクリックします。
  3. Save 」をクリックします。
  4. 公開プロセスに従ってSDK設定を更新します。

配置モニター拡張機能の設定

Places Monitor拡張機能の設定タスクはありません。
」の設定

アプリケ追加ーションのプレースモニター拡張機能

AndroidまたはiOSアプリケーションにプレースモニター拡張機能を追加する手順は、以下のとおりです。
Places Monitor拡張機能のその他のプラットフォームサポートには、次のものがあります。 Cordova Places Monitor

Android

Androidで、次の手順を実行します。

Java

  1. アプ追加リのグレードルファイルを使用して、プレースモニター拡張子と配置拡張子をプロジェクトに追加します。
  2. 最新のGoogle Locationサービスもグラデールファイルに含めます。
    implementation 'com.adobe.marketing.mobile:places:1.+'
    implementation 'com.adobe.marketing.mobile:places-monitor:1.+'
    implementation 'com.adobe.marketing.mobile:sdk-core:1.+'
    implementation 'com.google.android.gms:play-services-location:16.0.0'
    
    
  3. アプリケーションのメインアクティビティーにPlaces Monitor拡張機能を読み込みます。
    import com.adobe.marketing.mobile.PlacesMonitor;
    
    

iOS

iOSで、次の手順を実行します。
  1. Add the library to your project via your Cocoapods Podfile by adding pod 'ACPPlacesMonitor' .
  2. 場所と場所モニターライブラリを読み込む:

Objective-C

#import "ACPCore.h"
#import "ACPPlaces.h"
#import "ACPPlacesMonitor.h"

Swift

import ACPCore
import ACPPlaces
import ACPPlacesMonitor

プレースモニターの登録と開始

AndroidまたはiOSのプレースモニターを登録して開始する必要があります。

Android

Androidで、次の手順を実行します。

Java

Appの OnCreate メソッドで、プレースモニターの拡張機能を登録します。
public class MobileApp extends Application {
    @Override
    public void onCreate() {
        super.onCreate();
        MobileCore.setApplication(this);
        MobileCore.ConfigureWithAppId("yourAppId");
        try {
            PlacesMonitor.registerExtension(); //Register PlacesMonitor with Mobile Core
            Places.registerExtension(); //Register Places with Mobile Core
            MobileCore.start(null);
            PlacesMonitor.start();//Start monitoring the geo-fences
        } catch (Exception e) {
            //Log the exception
        }
    }
}

場所の監視は、Places拡張子に応じて異なります。 Places 監視拡張機能を手動でインストールする場合は、プロジェクトに places.aar ライブラリも追加してください。

iOS

iOSアプリで application:didFinishLaunchingWithOptions 、Mobile Coreに登録 PlacesMonitor し、場所を設定します。

Objective-C

- (BOOL)application:(UIApplication *)application didFinishLaunchingWithOptions:(NSDictionary*)launchOptions {
    [ACPCore configureWithAppId:@"yourAppId"];
    [ACPPlaces registerExtension];
    [ACPPlacesMonitor registerExtension];
    [ACPCore start:^{            
        // do other initialization required for the SDK
        [ACPPlacesMonitor start];
    }];

    return YES;
}

Swift

func application(_ application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: [UIApplication.LaunchOptionsKey: Any]?) -> Bool {
    ACPCore.configure(withAppId: "yourAppId")
    ACPPlaces.registerExtension()       
    ACPPlacesMonitor.registerExtension()
    ACPCore.start({
        // do other initialization required for the SDK
        ACPPlacesMonitor.start()
    })

    // Override point for customization after application launch.        
    return true
}

場所の監視は、Places拡張子に応じて異なります。 When manually installing the Places Monitor extension, ensure that you also add the libACPPlaces_iOS.a library to your project.

マニフェスト追加への権限

Android

Java
Androidのすべてのバージョンで、アプリに場所の権限が必要であることを宣言するには、アプリのマニフェストに <uses-permission> 要素を最上位 <manifest> 要素の子として追加します。 APIレベル29以降のターゲットを使用するAndroidアプリケーションの場合、アプリケーションをバックグラウンドで場所にアクセスできるようにするには、ACCESS_BACKGROUND_LOCATION権限を含めます。
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android" package="com.adobe.placesapp">
  <uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_FINE_LOCATION" />
    // Only for Android apps targeting API level 29 and above
  <uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_BACKGROUND_LOCATION" />
  <application>        
    ...    
  </application>
</manifest>

バックグラウンドで場所の更新を有効にする

iOSでは、停止されているアプリや実行されなくなったアプリへの場所イベントの配信がサポートされます。 プレースモニター拡張機能のバックグラウンドで場所の更新を受け取るには、でアプリの場所の更新機能を設定し Xcode.background-location-updates ます。

plistキーの設定

次のキーをアプリの Info.plist ファイルに含める必要があります。
  • NSLocationWhenInUseUsageDescription — テキストは、前景での実行中にアプリがユーザーの位置情報へのアクセスを要求する理由を説明する必要があります。
  • NSLocationAlwaysAndWhenInUseUsageDescription — このテキストには、アプリがユーザーの位置情報へのアクセスを常に要求している理由を説明する必要があります。
アプリがiOS 10以前をサポートしている場合は、 NSLocationAlwaysUsageDescription キーも必須です。