Show Menu
トピック×

よくある質問

ここでは、Placesサービスに関する情報とよくある質問を示します。

v4 SDKのtrackLocationからの移行

v4 SDKから移行し、 trackLocation APIの置き換えを探している場合は、「アクティブ領域監視なしで場所サービスを使用する」のトピ ックを参照してください

サイズと信頼性

アドビや他のサービスの使用状況に関係なく、モバイルアプリから地域監視で使用されるすべてのジオフェンスに注意する必要があります。 オペレーティングシステムでは、ジオフェンスを作成する際に、いくつかのパラメータを考慮に入れておくことをお勧めします。 信頼性を最大にするには、ジオフェンスの半径を100 m以上にする必要があります。 より小さなジオフェンスを作成しても問題ありませんが、入口イベントと出口ジオファーが生成されない場合や、ユーザーが一定期間移動を停止した後に生成される場合があります。
また、Wi-Fiがオフになったり、利用できなくなったりするハードウェア条件や、GPS信号の障害に関するデバイスの位置に基づいて、精度と信頼性を低下させることができる。 例えば、山地、都市の設定、屋内の場所は、iOSやAndroidのオペレーティングシステムでは場所の正確さを低減できます。

離脱イベントのトリガ

プレースモニター(SDK)は、近くのPOIの新しいリストを取得すると、各POIの地域をオペレーティングシステムに登録します。 現在は、デバイスが監視対象の領域の1つの境界(入口または出口)を越えたときにSDKに通知する必要があります。 SDKは、オペレーティングイベントがSDKに通知した場合にのみ、終了イベントをトリガーします。 この通知の主な理由は、場所データの時間の感度です。
デバイスが領域を離れたときに、オペレーティングシステムが終了イベントを配信できない場合、SDKは終了イベントを省略した方が安全です。 SDKがイベントをトリガーせずに終了イベントを製造する場合、POIに近い時間枠外で終了イベントが処理される可能性があります。

POI数

Places Service POI管理インターフェイスでは、お客様は特定のライブラリに最大15万個の目標地点を追加できます。 必要に応じて、複数のライブラリを定義し、POIのグループをセグメント化できます。

場所の変更とアクティブな地域の監視に関するメモ

地域の監視は、許可されたアプリの登録後すぐに開始されます。 ただし、境界を越えるだけでイベントが生成されるので、すぐにイベントを受け取ることはありません。 特に、ユーザーの場所が登録時に既に領域内にある場合、ロケーションマネージャーは自動的にイベントを生成しません。 代わりに、アプリは、ユーザーが領域の境界を越えるのを待ってから、イベントが生成され、委任に送信されます。
監視する領域のセットを指定する場合は慎重に行ってください。 地域は共有システムリソースで、システム全体で使用できる地域の合計数は限られています。 このため、コアの場所では、1つのアプリで同時に監視できる領域の数が20に制限されます。 この制限を回避するには、ユーザーのすぐ近くにそれらの地域のみを登録することを検討します。
#